西心斎橋ゆうの @夏の誘い

この日は「西心斎橋 ゆうの」さんへ。
b0118001_8493282.jpg

お仕事関連ではいつも大変お世話になっているのだが、
前回プライベートでおじゃましたのは、ちょうど1年前
今日から数えて、ほんまにピッタリ1年前(笑)


カウンターで、ビールをグビリな女子ひとり飲み。
ワタシ、限りなくミナミのオッサン、デス;(汗)
だけど心地よいんだぁ、このひととき。


先付は
b0118001_8491560.jpg
(右より)
■明石蛸スモーク、オクラ、長芋、出汁のジュレ

プルップルの蛸、ほんのりな燻香、加減秀逸。
オクラや長芋の食感、そしてジュレの爽快感、
味覚で感じる、夏の兆し。

■揚げた粟麩、田鶴さんの丸いんげん、翡翠茄子、芥子味噌(白味噌ベース)

田鶴さんとこの丸いんげん、甘い!
粟麩のムチモチ感と、茄子のジューシー感を、
こっくりとした芥子味噌の旨味が引き立てる

■明石産穴子の寿司

穴子はホロリと崩れゆく。挟まれた実山椒の香りが鼻腔に響くわぁ。




日本酒「東北泉」を冷酒にて。
好みのお猪口でチビリチビリ。



■軽く〆た明石の鯖、明石の鯛2種、境港の本鮪、ヅケ、淡路島の鱧
 煎り酒と & 醤油にて
b0118001_8501573.jpg
「鯖」、軽い〆加減のなかに旨味炸裂。
鯖子kaorin、た・たまらん・・・。

「明石鯛」withたくあん刻みは、ねっとりとした身の旨味に続き
たくあんの塩梅と食感、新感覚。
「明石鯛」withウニ、言わずもがな。

「鱧」は、皮目だけを炙ったその香ばしさと、身の半生加減、秀逸です。
技な鱧料理です、おかわりしたい・・・。





■鱚結び、ゴールドラッシュの葛豆腐、加賀太胡瓜、おかひじきの椀
b0118001_8504769.jpg
出汁のふくよかかつ、じんわぁりと響く、香りとまぁるい優しさの余韻。
これが言葉では言い表せないほど、奥深い味わい。
キス、ふるふる肉厚。
加賀太胡瓜のシャキッ食感楽しく。旬と向き合う喜び。




■シラサ海老、田鶴さんの平いんげん、鱧の子、とうがん、干し椎茸
b0118001_8513579.jpg
鱧の子プチッ、海老の甘味に干し椎茸の深み他、どれも、しみ滋味。



お料理に夢中になると、ついつい杯も進む。
このあたりで、愛媛西条の「石鎚」冷酒を。


■高津川の鮎の風干し、ゴーヤの雲丹和え、じゅんさい、八尾の枝豆
b0118001_852665.jpg
b0118001_8521946.jpg
この鮎、泣けるくらい酒に合う。
島根、高津川の若鮎の半干しに、
内臓・蓼・味噌をたたいたピュレを塗り、焼かれている。
このピュレが絶妙。
ほろっとやらこい苦味のなかに、蓼の塩梅や味噌のコク、複雑な旨味だ。
ゴーヤの苦味と雲丹とのコントラストも、杯止まぬ(笑)
八尾の枝豆、好物♪




■甘鯛のかき餅揚げ with タプナード、
 花ズッキーニ、モツァレラ&イカのムース射込み、北海道の雲丹のクリームソース
b0118001_8525432.jpg
これはインパクトあり。
モチッ、カリッな甘鯛は中ふっくら。
タプナードはもちろん、その上に少々かかった
白醤油とチリソースのタレにも驚いたが、着地点は和なのだ。


b0118001_8531518.jpg
この花ズッキーニは、フワァッな食感楽しい!
単体でも存在感ありそうなウニのソースが、たまらん旨さ。
イタリアや南仏の花ズッキーニ・フリットを彷彿とさせるが、
こないな花ズッキーニ料理は初めてだ。柚野さん流に見事に昇華されてる。
これまた日本酒、ついつい進む君。




■熊本の雌牛ヒウチ、イチジク×味醂醤油ソース、アピオス、
 一口コロッケ、ヤングコーン
b0118001_8534049.jpg
このソース素晴らしい!生イチジクの自然な甘味と味醂醤油の深みが
見事なまでの融合。


b0118001_854287.jpg
和でこないな低温調理に出会えるとは…。
艶やかなロゼ、セクシーだわ。
口中で品よしな脂がスゥーッと蕩ける。食べてなくなるのが惜しい。




b0118001_8545519.jpg
ハスイモだったか、夏的シャキッな食感に、クリーミーなソースが合うわぁ。




■魚沼米土鍋ごはん、いぶりがっこと青菜漬けの漬け物、みそ汁
b0118001_8552436.jpg
艶やかで甘くって,何ともいえない上品な香り…。
ゆうのさんとこの白ごはん、これ素晴らしすぎる。
米食べない私、久しぶりにおかわりしたくなるご飯に巡り会う(笑)



b0118001_8555718.jpg
おこげに、さっと岩塩をかけて味わえば、最高級な米菓子のよう!




■ヨーグルトのジェラート、トマトのコンポート、
 ピンクグレープ、アロエとデラウエアのジュレ
b0118001_8562091.jpg
ジェラートのさっぱり感、果物それぞれの甘味や存在感、
見事なまでのまとまり。
ここまで完成度高しなデザート、流石やわぁ。




いやぁ、良かった!旨かった!
なにわ割烹の流儀を守られながら、
素材の組み合わせ、味わいや香りの秀逸な重なり合い、肉の火入れetc…
柚野さんのお料理にはいつも発見性がある。

最高の夜でした。
ご馳走さまでした。



大阪市中央区西心斎橋1-10-35 アッシュ11ビル1A
06-6281-3690
open : 17:00〜22:00LO
close: mon
おまかせ懐石6800円、9500円、1万3000円のみ



これも古〜やけど;好っきゃわぁ〜
Spirit/1984

by writer-kaorin | 2009-06-19 07:47 | 西心斎橋 ゆうの | Comments(6)  

Commented by mhiko at 2009-06-19 10:18 x
わぉ〜、ステキなお料理の数々!
九州でええ日本酒を見つけたので、取り寄せてみます。
飲みましょう!
Commented by writer-kaorin at 2009-06-19 13:37
mhikoさん☆
先日はビックリな遭遇でしたね!(w
ゆうのさん、めちゃくちゃ好きです。ぜひご一緒に!
九州の日本酒、それまためじゃぐじゃ楽しみぃ〜♪
飲みたぁ〜い!
Commented by メガネ at 2009-06-20 04:57 x
くそ~~~!
いつも仕事終わりの深夜に見てるので
さらにお腹ペコちゃんになっちゃいます!
Commented by Balleta(Ajinci) at 2009-06-20 15:55 x
こんにちは。「お気楽、味のほどしらず」のBalleta&AjinciのBalletaです。「ちりめん山椒」ひとつあれば、ゴハンがどんどんいただける私。行儀が悪いのですが、京都の某おばんざい屋さん伝授!?の「ぶっかけごはん」(ちりめん山椒と豆腐、ネギ&白ご飯を、混ぜ混ぜしていただきます)も大好物。

最新記事では、パートナーAjinci作、「ちりめん山椒」を紹介しています!(よろしかったら、ご覧になってください!)「実山椒」の下ごしらえは、私も参加しましたが、あの手間を考えたら、市販の「ちりめん山椒」のお値段は、「お安い!?」と、納得、です。
Commented by writer-kaorin at 2009-06-21 13:19
メガネッ☆
ペコちゃんにさせてしまうなぁ…。スンマソン!
パパな休日、楽しんでや〜!(笑)
Commented by writer-kaorin at 2009-06-21 13:23
Balletaさん☆
毎度です〜。
おぉっ。そりゃ拝見させて頂きますね♪
先日、京都の和食店でお料理をいただいた時も、
実山椒がらみのエッセンス、多々でした。
いい季節ですね♪
そういえばワタシも小さい頃、
実山椒の、下処理、手伝いましたよぉ。
面倒くさかったけど、
おこづかい目当てに(笑)懐かしいっ!

<< 我が家の野菜料理 酸辛旨! @老饕 >>