余呉の冬幸 @徳山鮓

b0118001_10473732.jpg

先日、ロケで出向いた余呉湖。
雪が溶けそうなくらい天気のよい一日でしたが、
1週間前まで、まぁすごい積雪だったみたい。

陽光が余呉湖や雪を照らし、キラキラと輝く白銀の世界、
嗚呼、命の洗濯。



「徳山鮓」


b0118001_10593388.jpg

b0118001_10594840.jpg

あのデッキが、雪でエラいことになってる!
我が地元・小浜方面からの雪をもたらす風が、
今年は余呉湖に集中的にやって来たよう。1mはあったな。

そういや前回訪問時は、まだ残暑な一日だった。
時が経つのん、早すぎるぜよ。


この日は、冬ならではの余呉の味覚、オンパレードでした。





余呉湖で獲れたばかりのワカサギは、
b0118001_11411131.jpg



b0118001_11414565.jpg
ご主人、すぐさま天ぷらにしてくださった。
大ぶりなワカサギ、なかには子持ちも。旨し。



◆熟鮓盛り合わせ
b0118001_11431875.jpg

鮒鮓、鯖の熟鮓、カラスミ熟鮓etc…。
7年越しで完成した、ある有機食品を使った熟鮓(これ日本初!)も。



◆熊鍋
b0118001_11453798.jpg

グツグツ画像は、誌面にて!
余呉の山にいてた熊、野性独特の臭みというものが全くなく、
むしろ、木の実のような風味をほのかに感じさせる肉。
しかも、脂が甘い!!!


b0118001_11475674.jpg

これも撮影せねばならなかった(嬉!)
撮影後は、1杯だけ頂くつもりが…
あまりにも熟鮓に合うので・・・・・。




b0118001_115205.jpg

徳山さんのお話は、相変わらず楽しく、そしてじつに勉強になる。
この天然ワサビも、山に採りにいかれたもの。
ジビエ、山菜、山野草etc、余呉には四季折々の山の恵みがどっさりある。
その山々を、ほとんど歩き回ったそうな。


もっとネタはたくさんあるのだが、詳しくは
料理通信3月号(2/6発)
連載:食のプロを刺激する店
をご覧になってください!

「うずら屋」宮本さんが刺激を受けておられる、
徳山鮓さんのアレコレが紹介されてます!


「徳山鮓」
滋賀県長浜市余呉町川並1408
0749-86-4045
1泊2食¥18,900



昨夜、竹中さんとこのカラオケでスパークしまくりました(笑)詳細は追って!
rolling stones /start me up (live)

by writer-kaorin | 2010-01-24 12:31 | 徳山鮓 | Comments(6)  

Commented at 2010-01-25 22:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by writer-kaorin at 2010-01-27 13:03
鍵※サマ
いつもありがとうございます!
もしや、新麺会にいらっしゃいました?
私もおじゃましてマシタ!
いやはやお恥ずかしい限り(笑)
これからも宜しゅうお願いいたします!
Commented by glass-man at 2010-01-28 13:57
名前だしコメントで・・・(笑)
新麺会にいらしていたんですね!!
初参加で、右も左もわからずうろうろしていたので、
きっと、すれ違ったりしているのでしょうね(;・∀・)
お綺麗な方がたくさんおられたので、きっとその中のお1人ですね(☆∀☆)
もしよろしかったら、僕のブログにリンクさせて頂いてもよろしいですか??

Commented by writer-kaorin at 2010-01-29 14:20
glass-manさん☆
そうなんですよ〜。取材でおじゃま、なのですが飲んでマシタ;
メインの集合写真は、隣(Mさん)の隣くらいにいてたハズ(笑)
リンク、オーライです☆宜しゅうに!
Commented by wine-fujimaru at 2010-01-30 15:01
久々に泊まってきましたよ~
連れて行ったイタリア人も大喜びでした。

イノシシ鍋→クマ鍋で、お腹がパンパンになりました。
え、もとからパンパンって?
Commented by writer-kaorin at 2010-01-31 10:51
wine-fujimaruさん☆
えぇ、もとからパンパン!?って、自分で突っ込まない!(爆笑)
イタリア人の感じる、熟鮓の味わいって、
どんなんだろう?カナダ人は良さを分からないみたい(笑)

では後ほど、宜しくお願いしまぁす!(^0^)

<< 北新地 @ G'day 鮨 伊吹とハシゴ酒 >>