Cuisine d'Osaka Ryo

この日は「Cuisine d'Osaka Ryo」さんへ。
これも先々週くらい前のハナシとなるが;
b0118001_15302993.jpg
店主の畑島 亮さんは、大阪ミナミの日本料理店や、
北新地「串揚げとワイン なかなか」で経験を積まれ、独立。
そして、料理人でありソムリエでもある。

Cuisine d'Osaka=直訳すると、大阪料理。
大阪産の素材を出来る限り用い、
ワインに合うお料理や串揚げを供するという。
串揚げというジャンルもそうだけど、大阪の食文化を、
亮さんのフィルターを通して感じさせて頂けるのが嬉しいです。


この日はコース3800円+αで串アラカルトを。

前菜は
*ヨコワ、スナップエンドウと紅芯大根の白和え
b0118001_15304733.jpg
ヨコワ単体でも美味だが、忍ばせた白和えとともに頂くと、
八尾の農家さんから仕入れられているという、
スナップエンドウや紅芯大根の風味、小気味よい食感が楽しい。



*車海老
b0118001_1531583.jpg
甘みが濃いこと!


*河内蓮根の素揚げ
b0118001_15311933.jpg
のっけから大好物の河内蓮根!テンション上がります(^^)、
すりおろした河内蓮根のなかに、細かく切った身も入る。味付けは塩のみだそう。
河内蓮根ならではの、もっちりとした食感&シャキシャキ感がいい。


*ラムシン
b0118001_15314626.jpg

b0118001_1531577.jpg
画像悪くてすんませんが…、このロゼ色にうっとり・・・。
亮さんによれば、揚げる温度は、ほかのお店より5〜10℃ほど高め。
油やパン粉のこだわりもさることながら(ほんまに面白いハナシでした)、
そのやや高めな温度で火入れすることにより、
強火で瞬時、その後、余熱で火を通すといった、
まるで肉のローストのようなテクニックを
串揚げでも取り入れられているのだとか。
油切れもすごくよい。



*牡蛎 ベーコン巻き
b0118001_15323370.jpg
牡蛎のジュが、ジュッと飛び出る感じがたまらなくいい。
ベーコンのほのかな塩梅もナイスです。



*お雑煮
b0118001_15325164.jpg
1月初旬だったので、椀物はお雑煮でした。
白味噌&隠し味になんとマスカルポーネやパルミジャーノ!
金時人参や天王寺蕪、海老芋や水菜は大阪産&焼き餅も入る。
昆布や鰹を用いたダシは、白味噌の甘みがひろがりしみ滋味。
で、チーズの利かせ方が絶妙。勝ちすぎず、控え目すぎずな、
そのニュアンスは、ワインにもめっさ合うお雑煮でありました。



*地鶏、蕗の薹
画像はなしなんだが、
今年初めての、蕗の薹だわ。
雪の下や土の下ではじわじわと、
春の出番を待っている子たちがいてるんだなぁと実感。



*琵琶湖産 ワカサギ
b0118001_15334060.jpg
子持ち&身詰まり凄い。


これも美味しかったなぁ〜
*百合根、栗
b0118001_1534367.jpg
舌触りといい風味といい、百合根と栗の長所が生かされた串。


*犬鳴ポーク
b0118001_15342353.jpg
肩ロースの、脂の甘みが口中にジュワリ。嗚呼、至福だ。


*うずらの半熟卵 フレンチキャビアのせ
b0118001_15343583.jpg
これは、食べた人にしか分からない、「うわっ!なに!美味しいっ!」な旨さ。
秒単位で火入れを施す、うずらの卵に、びっくりです。



ここらで、追加オーダーを☆
*鱚の三つ葉巻き
b0118001_1535144.jpg
鱚の繊細な身、三つ葉の香り、いぃですね。



*バジル、トマト、チーズ
b0118001_15351928.jpg
チーズの種類、ド忘れですが、
トマトはフレッシュかと思いきや、なんとドライトマト。
旨味、充満だ。


〆は、にゅうめんかネギ焼きをいただけるそうで、
でもワタシは炭水化物パスにつき、ツレのんをひとくちいただく♪
b0118001_15355260.jpg
サバやイワシ、カツオやマグロなどの節&昆布を用いたダシは
パンチのある味わいで、しみじみ美味しい〜。
生姜も利いてて、こりゃ五臓六腑に染み入る感じですな。



b0118001_1536185.jpg
紫芋のアイス、なめらかかつ、素材感もしっかり。
柿や梨とともにいただきました。



もちろんビールもワインも飲んでマス、が撮影し忘れ;


美味しゅうございました!
ダシのひきかたなど、和の経験も生かされつつ、
ワインにすこぶる合う、お料理や串の数々。
大阪の素材、時季によっていろいろと発見が多そうで楽しみです。
ワインも、面白いアイテム多々だったし、
串&ワイン好きをお連れしたいと思います。

あ、今週よりランチもスタートされたみたいですよ〜♪


Cuisine d'Osaka Ryo
大阪市北区西天満4-2-7 昭栄ビル1F
06-6364-1194
open : 12:00〜14:00、17:00〜23:00
close: 月曜、第3日曜


CDもいいけど、彼のライヴはピアノ演奏にマジ魅了されます〜。
Army/ben folds

by writer-kaorin | 2011-01-23 15:41 | Cuisine d'Osaka Ryo | Comments(2)  

Commented by eiko at 2011-01-24 00:55 x
3800円のコースで、こんだけの種類を食べさせて貰えてハッピーになれるのは嬉しいで~。
私ら「ビストロ」と言う新しいレストランで、
虹鱒グリルを食べて塩辛い事!未だ唇がヒリヒリ~。
血圧上がりそうや。大阪で、ええもん食べたいわ。
5月に帰るわな。
Commented by writer-kaorin at 2011-01-25 07:33
eikoさん☆
ラスト2串は追加でしたが、ほんとに値打ちありまっせ!
5月、お待ちしてまぁす!(^v^)
ナビさせていただきますよー♪

<< けむパー @天3の燻製バル 巨匠のアトリエ見学&昼酒 >>