もめん、8月

8月末の「もめん」さん。

*鱧、梅肉
b0118001_2317961.jpg
この時期の鱧、よう脂がのってます。
土佐酢ジュレを絡ませて食すと、じつに後味爽やか。



*胡麻豆腐、アコウ、松茸
b0118001_23172390.jpg
夏の終わりと秋の気配を感じさせる椀物。
どこまでも深く、カラダに沁み入るおいしさ。

写真は全体的に黄味がかってマス〜。



*鱸
b0118001_23173816.jpg
ねっとり、まとわりつく甘みに、目を細める。



b0118001_23183114.jpg
「春鹿」さんの純米吟醸生原酒。香りの余韻が素晴らしい。



*素麺
b0118001_23194218.jpg
ピシーッと整列した(束ねられた)素麺と、何物にも代え難い食感の卵黄。
両者が強烈な存在感を放つ。
素材感を最大限に引き出す素麺のゆがき方、卵黄の茹で方、
ものすごい工夫があるように感じる
シンプルの極み、心に響く味。



*鮑、肝のソース
b0118001_23195384.jpg
バターを用い、火入れをされてるのか、
香ばしさとコクを併せ持つ柔らかな鮑。
その上にかけられた肝ソースは
ほろ苦さのなかに、顔を覗かせる白味噌のやさしい甘み。
じつはズッキーニも添えられていて、
そのジューシーさも肝ソースと見事な相性をみせる。


b0118001_23201731.jpg




b0118001_2320321.jpg


b0118001_23201679.jpg
もめん定食(笑)
ツヤ甘、透き通ったご飯は、ひじょうに香り高く、
鮭の西京焼きがピタリと寄り添う。+汁物、香物。
どこまでもシンプルなのに。なのに・・・
なんで、こんなに旨いのか。



*葡萄、梨
b0118001_23214648.jpg




残暑のなかで薫る秋、そして
削ぎ落とされた潔さのなかにある、極み、に酔いしれた夜。
皆さん、ありがとうございました☆



「もめん」
大阪市中央区心斎橋筋2-1-3



TOTO - Hold the Line

by writer-kaorin | 2013-08-29 20:02 | もめん | Comments(0)  

<< ル・コントワール・ド シャンパン食堂 小料理 こもり @ゴールデンボ... >>