旬菜 桜花

事務所近くにある
和食店「旬菜 桜花」さんでのおいしい夜。
b0118001_8243665.jpg
この前の日は、一日中、原稿を書いていて
「箕面ビール」さんの17周年におじゃまできなかった!ので
桜花さんで、周年おめでとうございます〜!の一杯目。



*胡麻豆腐
b0118001_8245011.jpg
店主・森田さん、胡麻豆腐を用いて「水無月」を表現。
胡桃と豆乳を忍ばせた豆腐は、優しい甘み。
魔除けの小豆、胡瓜を用いて茅の輪のお飾り、
さらには、クコの実、シジミ味噌煮、とんぶり梅肉和え。
この時季ならではの付き出し。



*お造り
b0118001_826248.jpg
よこわ、天然鯛、蛸の酒煎り。
鯛は梅醤で頂き、よこわは程よい脂ののり心地よく、
程よい塩梅の蛸は、噛むほどに旨みが広がる。
山葵の横にある、木の実「バクダイ」はまるで海藻のような質感。


b0118001_8253839.jpg
またもや「たこシャン」。
今月は私的たこシャン強化月間(笑)
和食との相性、よいです。
若干二日酔いのカラダに(前日は仕事終わりに深酒)すーっと馴染むわ(笑)
結局、おかわり「たこシャン」となる。


次に供された「鮎の煮浸し トマトのすり流し」は、
撮影をする前に「旨い旨い」と同行者が半分以上食べてしまい、、、、
画像なし;

鮎はほろ苦さと身の甘さとのバランスよく、
すりながしの清々しい風味に、夏を感じました♪



*河内鴨 すきやき風
b0118001_826311.jpg
大好物 ツムラ本店の「河内鴨」はハズせない!
うん、確かにテイストはすきやき風。
でも鴨ロースの脂は適度に炙っていて甘み炸裂、
赤身の旨みはしっかりと健在。
やるなぁ〜森田さん(^^)
スナップエンドウもその素材感を発揮し、紫蘇風味の新ゴボウも味わい深い。



*ベビーコーン炭焼き
b0118001_827723.jpg
大きさはベビーじゃないけれど、
その香り、ピュアな甘みは確かにベビーコーン。



*平飼いタナカファームのふわふわだし巻き玉子
b0118001_8272369.jpg
名前の如く、ふわっふわ。
自然な黄色。まろやかでキレイな風味だ。


〆は・・・


*ミニ海鮮丼
b0118001_8274040.jpg
だしのうま味が利いた醤油をかけて頂きます。
ご飯はツヤがあってふっくら。ヨコワほか各種海鮮が絡み、
ミョウガや大葉ほか、薬味がいい仕事してる。


以上。地元食材の旬の恵みを楽しませて頂きつつ、
水無月ならではの、風情も感じさせて頂けた夜でした。
おまかせコースもあるので(5000円+tax)
次回はコースで、森田さんの世界観を楽しませて頂きます。
ご馳走様でした☆


「旬菜 桜花」
大阪市中央区高麗橋4-5-13 淀屋橋サテライトビル1F
☎06-6201-0223
open : 11:30〜13:30入店、17:30〜22:00入店
close: 日曜、祝日不定休
http://www.syunsai-ouka.com/


30(月)、大阪にリック・ウェイクマンがやってくる!
YES/Roundabout

by writer-kaorin | 2014-06-28 08:28 | 旬菜 桜花 | Comments(0)  

<< もめん、6月。 たこりき withたこシャン >>