鮨富 @小浜で行くべき寿司屋。

福井・小浜に帰省していたある日。
「今夜は寿司やなぁ」ということになり。

主導権を委ねられたものの、
どないしよ…。失敗はしたくないし
久しぶりに予約不可・取材拒否のあの店にしようか。
いやいや、駅前のあの店にもおじゃましたい、
新しくできた店も気になるなぁ…と悩んだ悩んだ。

結果、店のFacebookをチェックしたら
ワタシがすこぶる飲みたいと思っていた
福井・美浜の日本酒「早瀬浦」が揃っているやないの〜!!
ということで、
2年ぶりに「鮨富」へ。(2年前の日記


カウンターに座り、「お久しぶりです!」とご主人に挨拶。
その隣には息子さんである陽平さんの姿も。
「修業を終えて、地元へ帰ってきたんです」という島川陽平さん。
三重・名張にある寿司店「醍醐」でみっちり経験を積んだお方だ。


b0118001_995060.jpg
別のお店でのアペ後だったので早速、
「早瀬浦 純米滓酒 生酒 浦底」を。
(福井・美浜 三宅彦右衛門酒造)

b0118001_911645.jpg
純米系のオリを集め、しぼりたて純米酒の上澄みとともに
瓶詰めにしているそうな。
ほんのりと淡雪のような、にごり。
透明感あってじつに爽やかな口あたり。嗚呼、するするいってまう…。


b0118001_9114982.jpg
付き出しはゲソ焼き。
按配よろしく、甘みがじんわり広がる。


料理は、品書きから気になる肴を何品か。
握りは、7〜8カンくらいかなぁ…とお伝えし、ネタはお任せで。



*お造り3種盛り
b0118001_9122311.jpg
縞鯵、鯛、マグロ。
小浜で獲れたシマアジはピンッと張りよく、
早瀬浦、進みマス。



*鯖のぬた
b0118001_9124938.jpg
小浜のぬた(酢味噌和え)といえば、〆鯖が入るのだ。

b0118001_913953.jpg
〆具合程よく、鯖に負けじとネギが主張。
白味噌ベースの酢味噌のやらこい甘みが響く。



*平目の唐墨
b0118001_9133994.jpg
平目の唐墨て!そんな料理名が品書きに載ってたら、
頼まないワケにはいかないぃ〜。
ネチッとした歯触り、えもいわれぬ旨味。
2切れ目は瑞々しい大根と抱き合わせで。
至福のとき。


ここらで、福井が誇る&個人的に大好きな酒蔵 その2を。
「梵 槽場旬搾り 純米大吟醸 新米新酒生原酒」
(福井・鯖江 加藤吉平商店)
b0118001_914062.jpg
華やかな吟醸香。適度に酸を感じ、やわらかな甘み。これも旨いなぁ。



*グジ 塩焼き
b0118001_9142333.jpg
グジ(甘鯛)を食べると、鯖のぬた同様、地元に帰ってきた感出るわ。
厚みのある身はふっくら、脂のりもよし。
そして、クルクルッとロール状になった鱗!
カリサクッな表面積大きくって旨いんだなー!

目の前で寿司を握っている陽平さんに、
「この鱗、どうやってロールに?」とか
「グジの下の敷笹、手作りですやん。美しいですね〜」などなど
会話も盛り上がる。



*三方五湖 天然鰻の蒲焼
b0118001_9152226.jpg
三方五湖といえば、口細青鰻かな。
焼き加減ドンピシャ。その身はぷっくり、ムチッと心地よい弾力、
しかも、皮と身の間にある脂は、ひつこさ皆無で、
皮はすこぶる香ばしい。



酒飲みのツボをつく肴のおかげで、テンション高いまま握りへ。
陽平さんに、握っていただくことに。
私はシャリ少なめ。



*剣先烏賊
b0118001_9154433.jpg
シャクッと歯切れよい剣イカは
ねっとりと妖艶な甘みを放つ。
シャリのまるみのある酢加減、嬉しいわ。

                 

*鯛づけ
b0118001_9161662.jpg
こちらも妖艶な面持ち。
鯛の繊細さを損なわないづけの加減、
いい仕事してはるわ。



*若狭ガレイ一夜干しの握り
b0118001_9163560.jpg
この組み合わせ(若狭ガレイ一夜干し×シャリ)は初めてだ。
干すことで旨味が凝縮した、若狭ガレイは肉厚。
そこに程よい酸味のシャリが、寄り添う。
ありそうでなかった、組み合わせかつ、発見性ある小浜ならではの味。


b0118001_9172211.jpg
再び、早瀬浦へ。
とある限定ものが、「え?安すぎやしません?」な価格。
そらいつも以上に飲みすぎてしまうのだ。



*ヒラマサ はらみ 炙り
b0118001_9175931.jpg
シャリもネタもいぃ具合に温さがあり、脂の甘みが印象的。
ふわり炙りの香り、これもまた堪らない。



*〆連小鯛
b0118001_918217.jpg
若狭小浜の連小鯛といえば、小鯛の笹漬け。
でも、笹漬けをネタにしているのではない。
口に運べば、コハダに通ずる〆具合を感じ、身は何とも初々しい。
ちなみに「鮨富」に、〆たコハダは存在せず。
「修業先で培った技に忠実に。地物で勝負したい」と陽平さん。
なんだか嬉しくなる、心強い言葉。



*〆鯖
b0118001_9185456.jpg
これも食べたかったんだ。
香りよく、咀嚼するほどにクリアな甘みが押し寄せる。



*若狭牛ロース 握り
b0118001_9192080.jpg
若狭牛、懐かしい!
「邪道ですが…」と陽平さんは仰るが、おいしければそれで良いのだ。
口に入れ咀嚼すれば、肉の濃厚な味わいとともに、クリアな脂の甘み、
そこにシャリの酸味が、えぇ感じに融合。



*蒸し穴子
b0118001_9202541.jpg
ふあっと、雲の上のような感覚。
穴子のいい風味を残しつつ、とろけて瞬時に消えた。



*雲丹 軍艦
b0118001_9211741.jpg
ラストは雲丹! 海味濃厚。雲丹、おかわりしたくなった。



b0118001_9214053.jpg
最後にご主人と息子の陽平さんを激写!


味、技、そして人。
すべてがぐっと繋がり、生まれる口福、至福のとき。
父と息子の強いタッグ。
さらには、地元の旬魚の特性を生かしつつ、
修業先でみっちりと学び、昇華させた技を忍ばせた、肴と握りの数々。
小浜らしさに、洗練というキーワードがクロスしたというか。
進化し続ける「鮨富」さん。次、小浜に帰省するときも必ず伺います!



「鮨富」
福井県小浜市小浜広峰83-1
☎0770-53-0337
open : 12:00〜14:00、17:00〜21:00
https://www.facebook.com/sushitomi2


Rod Stewart - "Sailing"

by writer-kaorin | 2016-05-22 09:27 | 鮨富 | Comments(4)  

Commented by obm at 2017-11-30 22:37 x
ブログで知って行ってきました!
小浜の魚は美味しいですね~
投稿ありがとうございます
Commented by writer-kaorin at 2017-11-30 23:04
obmさん★
おぉー鮨富さんへ行かれたんですね!
今だとセコガニあたりが出てきましたかー?(^^)
Commented by obm at 2017-11-30 23:34 x
はい♪
カニ美味しかったです^^
今度は夏に行ってみたいなと

記事の最初にかいてある
『予約不可・取材拒否』のお店がどこなのかが
激しく気になります(笑)
Commented by writer-kaorin at 2017-11-30 23:47
obmさん★
夏にぜひまたー!!!
取材拒否店は、某ランキングでも上のほうですが
私はやっぱり鮨富さんやなぁというぶっちゃけコメントwww

<< 中国菜 火ノ鳥 @餡子会 バルマスタード >>