祇園 一道

お久しぶりです!
京都・祇園 鉄板割烹「祇園 一道」。
b0118001_7365722.jpg
関夫妻とプライベートでお会いすることは多いのだが
お店に伺うのはめっちゃ久しぶり。


この日は愉快なメンバーとの貸切ナイツに急遽おじゃました。
Kちゃんセンセほか、ご一緒させていただいた皆さん
楽しい時間をありがとうございます!
鉄板割烹というジャンルをこの世に知らしめた、
関さんならではのお料理とじっくり向き合う夜。


*このわた入り湯葉蒸し ばちこ
b0118001_7372547.jpg
上品なあんのなかに、
このわた、ばちこの凝縮感ある旨み。
干しなまこを戻しているのか、その食感も舌を楽しませる。



*伊根の鮪 佐賀の香味海苔
b0118001_7374965.jpg
「イメージはネギトロです(笑)」と関さん。
確かに。たまり醤油と浅葱がかけられたそれは、
口に含めば、鮪のクリアな脂と、香味海苔の香気が合わさり
じつに上等なネギトロ的、味重ね。


b0118001_738558.jpg
春を告げる食材が目の前に。


b0118001_7382177.jpg
鉄板をそう使うか〜!という関さんの発想と技も楽しみのひとつ。


*白魚 ホワイトアスパラガス
 クジラのベーコンのお椀
b0118001_738392.jpg
昆布をかませて鉄板で熱を加えた白魚。
ふわっと繊細、ほろっと苦みもあり
アスパラの香り、クジラベーコンの適度な油分と
絶妙な相性をみせる。


主役級が続々、登場。
b0118001_7385964.jpg


b0118001_7391373.jpg
次は何が!!??と、鉄板に目が釘付けだ。


b0118001_7393024.jpg
ズワイガニの身にベシャメルソースかと思いきや
コレ、フグの白子。

b0118001_7394684.jpg
カニみそもたっぷり。バーナーで香ばしさを出し


b0118001_7401541.jpg
これでもか!と言わんばかりの
削ったトリュフがふんわりこんもりと。その心は…



*大人のカニグラタン
b0118001_7403578.jpg


b0118001_7404760.jpg
甲羅のなかには、ズワイガニの身がどっさり入り
その濃厚な味わいだけ飲めそうな上に、
フグ白子のソースとカニみそのコク、トリュフの香りの三重奏。
大胆さと艶やかさとをあわせ持ち、んもうメロメロになったわ。


ドンッと、鮑が目の前に。
b0118001_741435.jpg



*蒸し鮑の焼きそば
b0118001_7412682.jpg
コシある麺は、鮑の肝で和えていて
その上には、ふっくらとした蒸し鮑。
さらに。細かく刻んだ大徳寺納豆が放つ、塩味と発酵の旨みとが
肝のほろ苦さと、ニクいくらいに共鳴する。


b0118001_7414640.jpg


b0118001_74209.jpg
Emotion 2013 Pinot Noir /Vincent Girardin
大徳寺納豆の発酵の香り、肝のコクに
繊細かつ野生味をも感じる一本を。
ベストなペアリングに、唸った…。


b0118001_742184.jpg
続いては、待ってました!な
もはやこの店の名物ともいえるハンバーガー。
フィレ肉100%のパティを鉄板で焼き上げ…


b0118001_7423726.jpg
どっさりのおろし山葵、さらにはフォアグラも挟み


*ハンバーガー
b0118001_743297.jpg
ひと口サイズのバンズを、ギュッと押せば
パティから肉汁ジュワリ。そこを勢いよくガブリ!
もうね、口のなかは小宇宙。笑みしかこぼれぬ旨さなのだ。


b0118001_7434396.jpg
まだまだ続きます。


*京都牛フィレ肉のステーキ
b0118001_74441.jpg


b0118001_7442736.jpg
ミディアムレアに焼き上げられたフィレ肉。
ほわっ、ふわっとした肉質で
肉そのものの上質な旨みが溢れ出るの。
この後、もう数切れをいただくことに。食べるほどにまた食べたくなる(笑)



b0118001_7445141.jpg


b0118001_7451144.jpg
「お口直しに」と供された、
きんぴらごぼうもホウレン草のおひたしも端正だ。



b0118001_7453118.jpg
近江牛の肩ロース肉、そしてトマト。
この店ならではの名メニューが、なんと多いことか。


*近江牛のすき焼き
b0118001_74683.jpg
温度卵、だしの旨みが生きたコク深い餡とともに。
肩ロース肉のグラデーションな火入れ、
加熱したトマトならではの旨み、卵のまろやかさの一体感が凄い。


b0118001_7463153.jpg
〆はガーリックライス。


b0118001_7465251.jpg
お茶碗、大中小と用意がなされたが
私は満腹につき、ひと口サイズ。
鉄板の上で瞬時に作り上げる煎餅が、こえまた旨い。
お漬物と留椀とともにいただきました。


*苺大福 
b0118001_7471357.jpg
フレッシュな苺の上には
小豆のアイスと、餅のソース。で、苺大福とは!
関さんの発想力と美味しさに唸った…のでした。


鉄板の魔術師・関さんならではの発想力は、本当に凄みがある。
しかも、「ほほぉ〜」と唸る、味&技揃いなのだ。
なおかつ、話は尽きることなく盛り上がった、オモロい夜でした。
関さん、茂ちゃん、皆さんありがとうございました☆


「祇園 一道」
京都市東山区祇園町南側589 ぎおん松本ビル1F
☎075-561-1949(要予約)
open : 17:00〜22:30
close: 木曜、月1不定休


Queen & David Bowie - Under Pressure (Classic Queen Mix)

by writer-kaorin | 2017-03-16 07:55 | 祇園 一道 | Comments(0)  

<< Capanna @毎日食べたい味。 イタリア料理 TAMANEGI... >>