もめん @May.2017

心斎橋「もめん」にて、皐月の会。
毎度な方々との愉しい夜を、Tさんおおきにどす☆
シャンパーニュで乾杯〜の後



*蒸し鮑 白ずいき
b0118001_11553969.jpg
目にも涼しげな一皿だこと。
あわびは、ねっとりと舌に寄りかかり、歯ですっと切れる柔らかさ。
白ずいきは、しゃきっとしていて、ひんやり清々しい。



*鯵にぎり
b0118001_1158582.jpg
優しい塩梅の寿司飯ゆえ、鯵のさっぱりとした旨みを感じる。
合わせるお酒は「春鹿 純米超辛口しぼりたて 生原酒」(奈良・今西清兵衛商店)
しっかり辛口ながら米本来の旨み、しっかり。これは飲み続けていたい味。



*鯛にゅうめん
b0118001_1202693.jpg
むっちりとした鯛に、素麺、胡麻豆腐の組合せ。
舌の感覚が研ぎ澄まされるような、ぎりぎりの薄味。
ゆえに鯛のふくよかな旨みや品のある香り、素麺の繊細な味わいが
美しく浮かび上がる。


b0118001_1204732.jpg
貝の蒔絵に見とれてしまう。



*造り 
b0118001_1212239.jpg
雲丹、剣先イカ、鮪(ひっさげ)ともに
夏の海が脳裏に浮かぶ、クリアで清々しい味わい。



*丸茄子 針茗荷
b0118001_1215153.jpg
この日、最も感動した一皿。
シンプルの極みとでも言おうか。茄子と茗荷のみという潔い構成。
薄味でありながら、茄子の芯まで味が入っている。しかも油っぽさ皆無。
ぽってりと愛嬌ある風貌の茄子は、舌の上で蕩け
茗荷の香りとシャキ感が全体を引き締める。

主人の木綿さん曰く
「今日の料理のなかで、茄子の仕事が一番難しい。これひとつ間違えると全部が狂うし
 この皿と椀物とがぴしっと決まっていれば、すべての料理が生きるんですわ」。
一切の無駄をそぎ落とした、心地よい潔さ。
人生もそうでありたい、なんてセンチになるくらい感動した。




b0118001_1221094.jpg
目の前のポンプ付き水槽でピチピチと跳ねるは・・・


b0118001_1223220.jpg
琵琶湖の稚鮎だ。



*稚鮎のフライ
b0118001_123775.jpg
腹側だけ、パン粉を付けて揚げている。
食感のコントラスト楽しく、
この時季ならではの青っぽい初々しい苦味。



そして、上等定食へと続く。
b0118001_1232886.jpg


b0118001_1245197.jpg
白ご飯の透き通った甘みがずっとずっと続くのだ。
目を細めて無言になるくらい美味しい。


b0118001_1252717.jpg
太刀魚の味噌漬けは、ふぁっと繊細な質感。
味噌の優しい旨みには、日本酒と白ご飯が行ったり来たり。
もちろん、白ご飯はおかわりとなりました。



*白苺 メロン キウイ レモンとミントのゼリー
b0118001_1255385.jpg
それぞれのフルーツの存在感は言うまでもなく
ゼリーの透き通った味わいのおかげで
思わずシャンパーニュに戻りたくなった(笑)



木綿さんがいつも話す「記憶に残る料理を」。
これを具現するって、本当に大変なことだと思う。
「引き算の美学と、記憶に残る味」
今回もまさに、その言葉に相応しい皿の連続でした。
b0118001_121145100.jpg
Tさん、ご一緒させていただいた皆さん。
いつもありがとうございます☆


「もめん」
大阪市中央区心斎橋筋2-1-3



2017年10月、JacksonBrowne -ジャクソン・ブラウン-来日! 
大阪公演は10月23日(月)。もちろん行きますとも〜♪
http://udo.jp/osaka/concert/JacksonBrowne

Jackson Browne -- "Running On Empty"

by writer-kaorin | 2017-05-30 12:07 | もめん | Comments(0)  

<< attic -あてぃっく- @... 中国食堂261 @身体が喜ぶ中国料理 >>