日本酒 福 @大阪天満宮・左党の楽園。

ロックな日(6/9)。
いつものロックなメンツで、天満天神繁昌亭にて開かれた
「第1回 繁昌亭ロックフェスティバル」に参戦!
b0118001_12432361.jpg
Facebookで紹介させていただいたが、
月亭遊方さんのロック講談
「ジャニスジョップリン ~ロックのシンデレラ、ブルースに眠る~」から
スペシャルゲスト・ROLLYさんの
弾きまくり、喋りまくりのオンステージに至るまで、
とにかくロックな空気ムンムンの、いまだかつてない寄席でした!

「ロックとはそこに無いことをやる!!」とは、ROLLYさんの名言。
 うん、ワタシもロック道を突き進もう(笑)



さてアフターは、繁昌亭からほど近い「日本酒 福」へ。
b0118001_12440523.jpg
2017年2月に開店。日本酒に特化した酒処。
主人のかずひで(藤原一秀さん)は、同郷で古い付き合いだ。
彼は「山中酒の店」が営む天満の日本酒処「やまなか」で長年、
料理長を経験したキャリアを持つ。


ようやく伺えた夜。まずはハートランドで喉を潤しつつ
料理はお任せで。
b0118001_12450121.jpg
付き出しは「夏野菜のポテトサラダ」。
マヨネーズ不使用。辛子酢味噌で仕上げたというポテサラは
ゴールドラッシュの甘みが生きた、清々しい味。
ちなみに塗箸は、我が実家で製造している
若狭塗箸であることがこの日、判明!www



b0118001_12452446.jpg
美酒一献。ということでまずは
「七本鎗 純米 渡船 27BY」(滋賀・冨田酒造)
米の力強い旨味が広がり、酸味をしっかり感じる。
酒器は、越前焼や越前漆塗など、故郷・福井県の工芸もの多数。

日本酒の店ゆえに、それ以外の酒は瓶ビール(赤星、ハートランド)と
ボトルワインのみという潔さ。ソフトドリンクは香檳烏龍茶と天然炭酸水、以上。
その日本酒は、純米酒、完全発酵酒はもちろん、
季節ものを中心に50種前後(90ml300円〜)。



*お造り
b0118001_12460847.jpg
「コチ」は和歌山・加太より。コリッと感心地よく
淡路の「マナガツオ」は焼霜で。独特の食感と上品な脂の甘み、好きやわぁ。
千葉産の「鰹」はたたきで。鉄っぽさを感じない、まったりとした旨みがいい。



*焼鱧、アスパラガスと新玉葱の冷製スープ
b0118001_12463222.jpg
冷製スープが美味しい季節、到来だ。
新玉の甘み、アスパラの香りが漂うクリアな味わいで
焼鱧のほのかな香ばしさと好相性。とにかく飲ませるスープだこと。


b0118001_12465517.jpg
この酒をみると、夏が来たなぁ〜と嬉しくなる。そんな想い出酒。
「石鎚 特別純米酒 夏純米 28BY」(愛媛・石鎚酒造)
青っぽい甘みと爽やかな香りが共存。そして石鎚らしいやわらかな旨み。
冷製スープとバッチリなペアリング。



*いわし醤油干し
b0118001_12471555.jpg
塩加減、風味、香ばしさ ドンピシャ。
噛むほどに味わい深い、骨まで愛してな美味しさ。



*鰻と野菜のソテー バルサミコ醤油で
b0118001_12474010.jpg
徳島の活鰻は蒸した後、皮目をパリッと焼いているそうな。
ふわムチッな質感に続き、脂じゅわり。そこにバルサミコの深いコク。
姫人参ほか季節野菜のピュアな甘みも生きている。


b0118001_12480257.jpg
「遊穂 ゆうほのゆうき 生もと純米 28BY」(石川・御祖酒造)
鰻に合わせて。旨みと酸味のバランスがよい爽やかなニュアンス。
うん、この酒は暑い日に氷を浮かべて飲むのもよさげやな。


*酒肴いろいろ
b0118001_12482186.jpg
どんだけ飲ませるのん!っと突っ込みたくなる魅惑の肴。
左から「子持ちシャコ味噌」「鶏肝と味噌のパテ」、さらには
「4種のチーズの酒肴チーズケーキ」。うん、これは左党が唸る、
風味豊かで甘さ皆無のチーズケーキだ。

b0118001_12484570.jpg
「赤貝 生姜煮」の横には、「干し野菜の名田庄漬け」が。
名田庄漬け、懐かしい!
福井・小浜にほど近い村・名田庄(なたしょう)村、郷土の味。
干し野菜のパリポリ感、噛むほどに滲み出る、素朴な味わいにホッとなる。
そして杯が進むのであーる。


b0118001_12490885.jpg
〆には「鴨佃煮の出汁ビーフン」が登場。
鴨出汁のうま味に、酢橘の爽やかさ。そのバランス、秀逸。
細いながらもコシがあるビーフンゆえに、ツルッと瞬時に完食。


デザートまでもが、酒飲みのツボをつくラインナップ。
b0118001_12492996.jpg
手前より。
「韃靼そば茶のアイスクリーム」は、そば茶の力強い香ばしさが広がるし、
「本山葵のアイスクリーム」は、山葵ラヴァーKちゃんのために2個(笑)
 ガツンと本山葵を感じるな。程よい辛味と清涼感ある香りが堪らん。
そして一番奥が「三諸杉の酒粕」の3種。こちらも酒粕のぐっと深い風味。
いずれも主となる素材の力強さが出た、酒飲みのためのスイーツだった。



飲兵衛のツボをつく、日本酒セレクトと気の利いた肴に皆、ご満悦。
仕込みの丁寧さを伺えるメニュー揃いだった。
品書きに目をやれば「スルメイカのへしこ」「うるか」など、自家発酵料理も多数。
店内は高い天井で開放感あって、ついつい時間を忘れてしまう空気が流れていた。
b0118001_12502997.jpg
店主の藤原一秀さん。かずひで、遅い時間までありがとう!
ちなみに手に持っているお盆も若狭塗だ。地元の伝統工芸品、至るところに。
ロックな皆さん、お疲れさまでした☆近々また宜しくです☆


「日本酒 福」
大阪市北区天満4-16-5 あんじんビル1F
06-6809-3145
open : 17:00〜24:00(料理22:30LO、酒23:30LO)
close: 月曜
https://www.facebook.com/nihonsyufuku/




Janis Joplin - Summertime (Live -1969)

by writer-kaorin | 2017-06-19 07:42 | 日本酒 福 | Comments(0)  

<< 北浜 おつる @街の夜景が美し... 喫茶エコノマ @ロックな喫茶店... >>