和創旬 空木 -うつぎ- @心に響く味

台風一過で清々しい朝★
昨夜は台風に負けじと外食。
新地→中之島に行ってたのだが肩透かし。
大阪市内は見えないなにかに守られてる感じがしたな。
各地域に大きな被害が出ないことを祈るばかりです。


b0118001_10554296.jpg
さて福井・小浜ネタ、再び。
実家のすぐそばにある浜辺を、ぶらぶら散歩。
こっちに住んでた頃は毎日見ていて何も思わなかった景色が、
今となってはものすごく大切なものに。
田舎に故郷がある喜びを噛み締める。な〜んて、おセンチになる、
見続けていたい光景だ。


次の帰省は10月。大阪からキーパーソンが勢揃いし
鯖三昧となりそうで今からワクワク★


b0118001_10560765.jpg
さて小浜ナイツは「和創旬 空木(うつぎ)」へ。
若狭小浜の山海の恵みを、心ゆくまで愉しめる和食店だ。



*お造り盛り合わせ
b0118001_10562390.jpg
「ハガツオ」は鉄臭さはなく旨みがある。
「カンパチ」は腹身の部分。ピンッとハリがあり脂甘っ。


b0118001_10564234.jpg
「マダイ」はすっきりとした味わいで
「白バイ貝」は食感楽しく、まったりとした甘みがある。


b0118001_10565907.jpg
しっかりと味がある「活け蛸」に至るまで
魚介はすべて、小浜で水揚げされたものだ。



*秋刀魚 塩焼き
b0118001_10572317.jpg
塩梅よろしく出始めで、さっぱりとした味わいが印象的だった。



この日は朝からどうにもこうにも天ぷら気分!
「空木」の料理人・ヒデさんの手による揚げ物は、軽やかで本当に旨いから
カロリーなんか気にせず、あれこれ注文!


*野菜の天ぷら
b0118001_10573871.jpg
透明感がある衣とでも言おうか。ほんとに軽い。
衣のなかで程よく蒸された素材は、
香りや甘み、味わい、ジューシーさがしっかり。堪らん。



b0118001_10580221.jpg
揚げ物には、梅酒でさっぱりいこ、ってことで
隣町・三方五湖で造られている梅酒「若狭美水」をガス水で割って。
ふわっと甘やかな香り。すっきりとした味わい。



*生トウモロコシのかき揚げ
b0118001_10582265.jpg
ザクッと心地よい音とともに、トウモロコシの
甘みのジュースがぶわっと溢れ出る。
こちらもじつに軽やかで、ほぼ一皿平らげた(笑)



b0118001_10583775.jpg
お口直しにwww、「若狭牛の冷しゃぶサラダ」
舌にねっとりと絡み、赤身のいい風味広がる。
胡麻のドレッシングとの相性も良くって
焼きナスなど一仕事なされた野菜も嬉しいなぁ。



*玉葱と海老のかき揚げ
b0118001_10585555.jpg
こちらも油のひつこさ皆無。
赤玉葱はスキッと甘く、海老はプリンプリン。
「空木」のかき揚げは飲み物かもしれない、ってくらい
スイスイと胃のなかにおさまるのだ。



揚げ物と同様に、感動したお料理がこの一品!


*伊佐木(イサキ)の煮付け
b0118001_10592515.jpg
味付けは赤酒、薄口と濃口醤油のみ。
イサキだけに、潔い薄味が素晴らしい!
ふっくら、むっちりとした質感そのままに、身そのものの味わい
さらにはこの時季には珍しく、脂ののりもしっかりと感じることができた。

「いい素材ほど、薄味でいかんとあかん」と仰ってた
「もめん」のおやっさんの深い話を思い出す。
この煮付けは、ほんまに心に響く味わいだった。



次おじゃまするのは秋冬の地素材が旨い時季だろうな。
今から楽しみでならない★



「和創旬 空木」
福井県小浜市駅前町4-26
☎0770-53-3336
open : 18:00〜23:00LO
close: 日曜
https://www.facebook.com/wakasaUtugi/




Warren Zevon - Werewolves of London




by writer-kaorin | 2017-09-18 08:52 | 和創旬 空木 | Comments(0)  

<< ぶいはち中尾 @笑いあり妙味あ... ルー・ヌー・パピヨン@肉肉肉! >>