串かつ あーぼん @冬味満喫

師走の「串かつ あーぼん」。
b0118001_09360623.jpg
毎度な皆さんとの愉しい夜★



*ズワイガニ
b0118001_09362760.jpg
酢橘をキュッと絞って。
カニ身はふぁっふぁで、香り高い。
1串目から、その軽やかさと清々しい余韻に驚きを覚える。


b0118001_09364393.jpg
次は「カニ爪」が登場。甘みがぐぐっと濃厚に。



*帆立貝柱
b0118001_09370310.jpg
揚げた後、甘醤油にくぐらせたた貝柱。
ジュワッと歯に吸い付き、
透明感ある身の、濃厚な甘みにハッとなった。



*大葉、チーズ、海老、白身魚
b0118001_09372014.jpg
海老やイカ、白身魚のすり身を生湯葉で包み、
大葉をチーズで巻いて揚げたもの。
ナチュラルな甘みに続き、チーズの深いコク。
咀嚼するほどに、各素材の香りが共鳴する。



*牛フィレ肉
b0118001_09373574.jpg
ザクッと歯を入れれば、ふぁっふぁのテクスチャー。
辛子ソースがすこぶる合うー。



*かぶら
b0118001_09375002.jpg
消えてしまいそうなくらいトロットロ。
しかも、かぶらそのものの香りや甘み、鮮烈。



b0118001_09380250.jpg
「なんて軽い串なの!?」串が揚がるまでの一部始終とそのワケを、
かぶりつきで見ることができるのだ。


b0118001_09381779.jpg
ルイ・ジャドのシャブリとともに。
「Chablis Cellier De La Sabliere 2015 Louis Jadot」


*海老
b0118001_09395541.jpg
ザクザクッと頬張れば、海老の香りと甘みがブァッと現れた。



b0118001_09400846.jpg
「蓮根カレーミンチ」が登場。食感も香りも楽しいな。
そしてお次は「牛バラ巻き」。ふぁふぁなテクスチャーで、ジューシーでした。



*ごぼうと牛肉
b0118001_09401991.jpg
ごぼうはホコホコ香り高く、牛の旨みと重なり合うの。




*里芋 柚子味噌 カニ
b0118001_09403274.jpg
クリーミーな里芋に、カニの旨みと柚子味噌の冬味。
まるで椀物を味わっているかのような上品な余韻が心地いい。



*銀杏
b0118001_09404403.jpg
ホクホク塩梅よろしく



b0118001_09405620.jpg
「モッツァレラ、エリンギ、バジル、生ハム添え」は
立体的な味わいの構成素晴らしく
生ハムの塩味が全体を引き締める。



*キス 三つ葉
b0118001_09410873.jpg
断面を見せれないのが残念なのだが
ほろり繊細なキスに、三つ葉の食感と香り。


b0118001_09412302.jpg
「Vouvray Classic 2016 Marc Bredif」
甘やかなニュアンスながら酸が立ち、程よいボリューム感も。




*茄子おろしポン酢 フォアグラ
b0118001_09413659.jpg
まさにフォアグラが主役!の串だこと。
熱が入ってトロンとジューシーな茄子と
フォアグラの深いコク。そこに程よく、おろしポン酢の爽やかさ。



b0118001_09414732.jpg
この球体は「ホワイトマッシュルームのクリームコロッケ」。
瞬時に溶けて消えてしまいそうなベシャメルは、
気品高きデュクセル的旨みを放つ。


b0118001_09415910.jpg
箸休めに茶そばを。


b0118001_09421147.jpg
「椎茸」は肉厚ジューシー。
揚げてすぐくぐらせた甘醤油のやさしい旨みも。



*三重産 牡蠣
b0118001_09521398.jpg
トップにのせた薬味は、シャンパンビネガーに漬け込んだエシャロット。
牡蠣の濃い〜海味に、エシャロットの複雑かつ爽やかな風味、ベストマッチ。
この串にも唸ったわぁ〜。

続いて、串のなかで最も熱々の「ゴマ豆腐」が供され



*穴子 白髪葱
b0118001_09522823.jpg
ふぁっふぁの穴子に、白髪葱のシャキシャキ感。
続く串は「かぼちゃ」。質朴な甘みが広がった。
以上が、おまかせコースの串。ここからは追加串となる。



b0118001_09524005.jpg
まずは「鯵」を。
ふわっと舌の上で踊るような質感で、
清々しい風味が響く。



*牛フィレ肉
b0118001_09525404.jpg
先に出たフィレ肉より、味が濃いほうを、とのことで
その肉はブリッと歯ごたえよろしく、噛めば噛むほど味わい深い。


b0118001_09534653.jpg
そして「牡蠣」の串をおかわりし
「鶏せせり」で〆たのでした★


b0118001_09540323.jpg
デザートは「バニラクッキーのアイス」と「紅茶のシャーベット」を。
前者は、クッキーのサク感と濃厚な甘みが広がり
紅茶のほうは香り高く、とにかく清々しかった。


はぁ〜まだまだ行けそうな勢いだった。
衣は素材によって薄くつけていたり、厚かったり。
オランダ製の高級なラードで揚げられた串はいずれも軽快な食感だから
食べるほどに、まだまだ食べられそう、という感覚が押し寄せるの。

旬を散りばめた、串というミニマムな小宇宙。
ひと口味わえば、食べ手の想像力がぐんと膨らむ。
そんな「あーぼん」ならではの世界観に、もう首ったけです。


ザッキーさん★ご一緒させて頂いた毎度な皆さん★
今年もほんとにお世話になりました!
そして長谷川さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。




「串かつ あーぼん」
芦屋市楠町6-8 くすのきマンション1F
0797-22-2030(要予約/予約は毎月1日に3ヶ月間まで受付)
open : 18時〜、20:30〜の2部制
close: 水曜


America Sister Golden Hair




by writer-kaorin | 2017-12-21 09:35 | 串かつ あーぼん | Comments(0)  

<< tanpopo @ライヴ後のお楽しみ 日曜昼下がりのワイン会『Dis... >>