じどりや穏座 @“地鶏とり鍋コース”の感動、殿堂入り。

「ドアは手であけてください」な普通列車にゆられ
湖西線堅田駅を降り立ち、向かうは「じどりや穏座」。
毎度な皆さんとの鍋パな夜。
b0118001_16333867.jpg
例のカウンター席ではなく、
掘りごたつテーブル席での食事は初めてだ。ワクワク。


この日は“地鶏とり鍋コース”目当てに、足を運んだのだが
結論、今年味わった私的鍋ランキングTop3に殿堂入りだ。
(ほかの2つの鍋は「フグ」と「熊」でした)


*酒肴2種
b0118001_16340512.jpg
「ゴリの旨煮」と「ササミの“なれずし”風」。
ゴリは噛めば噛むほどな味わい深さで、
ささみは確かに!なれずし的、乳酸発酵の風味漂う。



*前菜3種盛り
b0118001_16342698.jpg
「ササミの蒸し鶏」にはマグロだしとワインビネガーからなる
 ジュレがかけられ、清々しい旨み。そこに酢橘の爽やかに香る。
「そぼろ巻き」はほんのり甘く、アオサ入り鶏だしの餡が絡む。
「淡海地鶏しぐれ煮」は、1切れでいくらでも飲めそう。




*淡海地鶏 お造り
b0118001_16344313.jpg
淡海地鶏の雌のササミとムネ肉に
なんと、淡海地鶏の雌の白肝、ハツも入った
常連Zッキーさんスペシャル・バージョン★
大将手づくりの藻塩(羅臼昆布を再結晶させた)と、
伊豆の本ワサビとともに。

b0118001_16350386.jpg
ササミはナチュラルな甘みを放ち


b0118001_16352178.jpg
ムネ肉は、何とも上品な旨み。


b0118001_16353726.jpg
そしてこの白肝にヤラれた!
ピンッとハリよく凛とした面持ち、
口中の温度でじわっと溶け出す甘みに、んもうメロメロ。
フォアグラを彷彿とさせる、いやそれ以上の存在感で
クリアな風味がどこまでも続くのだ。ハツの鮮度も言うまでもない。



b0118001_16360095.jpg
焼物は「淡海地鶏 雌 手羽先塩焼」。
ぶりっぶり、弾けて迸る肉汁は
濃厚な味わいながらサラリとしている。
フリーズドライ醤油がこれまった、えぇ仕事してるんです。



*淡海地鶏 唐揚げ 特製中華ソース
b0118001_16362031.jpg
モモや軟骨、皮など様々な部位を唐揚げに。
カリリ、じゅわり、
油淋鶏的味わいだから、箸を持つ手が止まらない。


本日のメインである“とり鍋”が来るまでに、
テンション上がりっぱなしのメニュー揃い。


さて、とり鍋。
“近江しゃも”のお出ましだ。
b0118001_16365690.jpg
右の濃い肉が近江しゃもの雄肉で
左のうっすらピンク色したものが雌肉。中央は、雄雌混合。
モモ、ムネほか皮やズリ、金柑なども。


b0118001_16372274.jpg
つくねも美しい顔してる。


b0118001_16374938.jpg
キノコどっさり、大御所写真家ガッツリwww


b0118001_16381178.jpg
女将さんから鍋の指南。まずは半分のゴボウ、お揚げさん、つくねを入れ
ぐつぐつしてきたら、ほかの食材を加える。


b0118001_16383308.jpg
雄肉は、熱を通しすぎるとかたくなるから
サッと色が変われば瞬時に口のなかへ。

b0118001_16385631.jpg
ブリッブリ、舌の上で跳ねる。
その弾力を口と顎で存分に楽しめば、
濃厚な旨みが顔を覗かせるのだ。


b0118001_16391346.jpg
Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Rouge 2010
Domaine Michel Gros
クゥ〜。近江しゃもとの相性、ため息もん。


b0118001_16393245.jpg
雌肉は、ふぁっとソフトな口当たり。
雄と雌どっちがいいって、どっちも良さがあり甲乙つけれない。


b0118001_16395140.jpg
肉の美味しさは語るまでもなく、
各素材の存在感、さらには、とり鍋のだしの深みのある味わいったら…。
五臓六腑どころか、細胞にじーんと染み渡るしみじみとした旨さなの。



だから炊きたてご飯(長浜市高月町産無農薬コシヒカリ)を
雑炊でいただく前に、「ご飯に“だし”かける派」とご一緒してたエミさん★
b0118001_16401147.jpg
うんまっ!
だしの凝縮感ありつつクリアな旨みと
ツヤッツヤのご飯のおいしさをサラリと楽しめるから
何杯でもいけそうな勢い。
もちろん炊きたてそのまんまも、おこげ付きで楽しみつつ


b0118001_16405937.jpg
〆に雑炊を。はぁ〜お腹破裂しそ〜とか言いながら、おかわり!




*バニラアイス マンゴーと守山産イチジクのピュレ
b0118001_16411624.jpg
別腹作動となりました★


いやぁ〜鍋で感動したのは久しぶりだった。
年明け早々に味わったフグ、花山椒の時季の熊鍋以来。

この「地鶏とり鍋コース」(3800円 税抜)の値打ちはもちろんのこと、
計算し尽くされた、コース料理と鍋の味わいに惚れたのだ。
一緒に鍋を囲む、気心知れた方達との時間ちゅうのも
エッセンスになってると思うんだけどね。
来年もおじゃまできることを願って(笑)


それでは皆さん、良いお年をお迎えくださ〜い★


「じどりや穏座-ONZA-」
滋賀県大津市真野4-9-50
0120-003129(完全予約制)
open : 18:00〜22:00
close: 火・水曜・不定休
http://www.jidori.net/tenpo/onza.html

「かしわの川中」
http://www.jidori.net/


CHUCK BERRY & KEITH RICHARDS - Nadine










第2回プラチナブロガーコンテスト



by writer-kaorin | 2017-12-28 17:05 | 穏座 | Comments(0)  

<< Happy New Year!... tanpopo @ライヴ後のお楽しみ >>