カテゴリ:ラ バッロッタ( 1 )

 

☆山料理 @ラ バッロッタ

待ちに待った日本橋night。
この日は、お久しぶりです!な
ラ バッロッタさんへ。

別れあれば出会いあり、の会にて。
b0118001_228385.jpg



b0118001_22134389.jpg

洋梨のような余韻が好き。フワリとした心地よさにて、幕開け〜。




■ハモとジャガイモのクロケット
b0118001_2220469.jpg

クロケット ディ パターテ(ジャガイモのコロッケ)は、
スパッカナポリの屋台でよう食べた。でもそれとは違う洗練さ。
☆山さんらしい、走りのハモ使い。ふっくらとしたハモの旨み凝縮。
トマトのグラニータ、後味にバラのエッセンスのようなニュアンス。これ好きだわ。
グラニータの手前にあるウイキョウ・セロリのピュレとの
両者の温度差の違いも、口のなかで「うわっ」な楽しみがあった。



次は、ブランドモルジェ(白)
エチケット撮り忘れ;




■大山地鶏のバットゥート、海老芋のクネル、空豆の新芽
b0118001_22304359.jpg

地鶏、ねっとりと甘い。海老芋の濃さ、新芽が放つ空豆〜な主張…
この前菜だけで飲める飲める(笑)




鶏繋がりで…with
■フィナンツェーラ
b0118001_22404426.jpg

鶏のトサカやレバ、タマヒモなどを、根菜類とじっくり煮込んだ
ピエモンテのお料理。
鶏のいぃエキスと根菜類の相乗効果、
あぁ滋味深し。




■イワシとウイキョウのブカティー二
b0118001_22432689.jpg

中に空洞のあるブカティーニのムチモチ感、病み付き系。
上はパン粉+オレンジやレモンの皮が。
この柑橘系の風味が、イワシの品のある風味だけを引き立てる。




■パンチェッタとグリーンピースのリゾット
b0118001_2250766.jpg

ビーツのパスタにしろ、こちらのリゾットにしろ、
なにせ素材の濃さを堪能できる、素晴らしき春パスタ。




■ストラッチ 貝塚産筍のラグー
b0118001_2252077.jpg

本日、私的NO1!だったこちらのラグー。本当に美味し過ぎです…。
朝採れ木積筍がゴロリゴロリと。肉類なしラグー、筍の甘みと旨味炸裂。
ストラッチのプルプルンッとした食感と、
瑞々しい筍のホロリと崩れるそのコントラストの妙も楽しい。




トレンティーノ・アルト・アディジェ州近所の
マニアックなワインなど、白を何種類かいただいた後、
サンジョベを。苺のシロップのようなニュアンスと、後味にほのかな酸味。
クラシカルな風味が心地よい。



■骨付仔羊背肉のアッロースト
 パプリカ風味のセミドライトマトのサルサ
b0118001_916669.jpg

ここに来るまでに、すでに心地よすぎる満腹…(笑)



■ヘーゼルナッツとチョコのセミフレッド
 ヘーゼルナッツのトルタ
b0118001_919037.jpg

トルタのザクザクとした素朴さ、別腹(笑)
エスプレッソと共に。



☆山イタリアンは
攻めの力強さ、ガッチシありながらも
素材の旨味の引き出し方、流石です。
お連れした主役の姉さんは、リピ決定だそうで、ナニヨリ!

ご馳走様でした!



Jack Johnson/Good People

by writer-kaorin | 2009-04-21 22:03 | ラ バッロッタ | Comments(2)