カテゴリ:エル バウ デコラシオン( 1 )

 

エル バウの夜

エル バウの夜、の前に・・・

これから始まる文章、とてつもなく奇妙だ。
マイミク・八尾のへたれさんの日記より流用(笑)

分かった方は、反応よろしこ!いや、気色悪い・・・(笑)


こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか
にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ
あいてっればじばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう
に もづいとてわざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?


ちんゃと よためら はのんう よしろく !


-------------
さて、この日は、“勝手に”北摂会の夜。
(名シェフたちが集う「北摂会」なるものアリ)
「エル バウ デコラシオン」さんへ
b0118001_17273929.jpg

お好み焼き屋店主やワイン通の紳士、不良主婦(笑)など、
北摂在住の4人でおじゃまです。


コース1本になすったということで、この日はおまかせにて。



b0118001_1728580.jpg

アペをグラスで〜、ではなくボトルで(笑)




b0118001_172827100.jpg

粉の香りと美味しさムンムン。




前菜1
■高知産トマトのガスパチョ 新ゴボウ、オクラ、宮城の手長蛸の軽炙り
b0118001_1729443.jpg
色鮮やか!夏らしいですね☆
トマトほか、素材ごとの旨味が複雑に絡み合う。
隠し味程度のケイパーも、ナイスな名脇役。






b0118001_17294482.jpg
自家製のパンがまった、主張しすぎず、でもしみじみと粉の甘み&香り。
料理にすこぶる合うのだ。




4人もいてたら、ボトルはすぐに空になる(笑)。白に切り替え
b0118001_1730943.jpg




前菜2
■北海道産ホワイトアスパラガスの炭火焼き
サンダニエーレの生ハム、篠山産セリ、富山産白エビ、うすい豆のピュレ
b0118001_17304625.jpg
素材が複雑に絡み合うが、それぞれの火入れや甘み、塩気のバランスの妙
素晴らしいです。





前菜3
■鱚、群馬産辛味大根 高知産トマト クレソン 一寸豆ほか
b0118001_1731302.jpg
他にも野菜が忍ばされていたと思う。わしわしと野菜を頬張ると、
辛味大根の土っぽい香りと刺激、
トマトの甘みやクレソンの香りが心地よかった。キス、フルフル食感。
ハーブ使いにメリハリがあり、食べ進むほどに、様々な香りや余韻、響く。




パスタ
■キタッラ 長崎産カマス、九条ネギほか
b0118001_17315397.jpg
クミンかな?何だろ?ややオリエンタルな香りが心地いい。





魚料理は
■ノドグロ 黒皮南瓜 味来コーンのソース
b0118001_17321799.jpg
しっとり仕上がったノドグロの身、おかわりしたい(笑)
蓮根のほのかな酸味が、ソースの甘味をぐっと引き立たせている。



お口直しに、グレープとアニスのソルベ
b0118001_17324527.jpg





肉料理、レディスは
■青森産の鴨
b0118001_17332644.jpg
きめが細かく、しっとり、甘い!
それぞれのソースも、メリハリがあってステキでした♪




メンズは
■ミルク鳩と、その肝煮
b0118001_17335197.jpg
これもたまらん!Yっちゃん分を、ひと口以上、いただく(笑)




ドルチェは
■フレッシュチーズのジェラート、パンナコッタ
b0118001_17341249.jpg
このあたり、えぇ気分だったと思います;
アル中ハイマーkaorin(笑)




b0118001_17343748.jpg
プティフールも、それぞれ丁寧に作られた感が、心地よい。




さて、本日飲んだワインたち
■ROTARI Rose Talento
b0118001_17345932.jpg
トレンティーノーアルトアディジェ州のスプマンテ。
軽やかなコクとフレッシュなキレ。




■Vino Bianco 2005 Dario Princic
b0118001_1735348.jpg
厚みある果実味。香りもステキだわ。



■ANGIOLINO MAURE PICO(何年だっけ?)
b0118001_1736261.jpg
サッサイアは頂いたことあったが、PICOはお初でした♪


■Barbera D'Asti SUPERIORE "la Riva"2001
b0118001_17362519.jpg
コスパ抜群。



複雑に絡み合う素材ごとの主張と響き合い、
ソースひとつをとっても、ハッとさせられる発見多々。
下江シェフの、研ぎすまされたコース料理の構成、
素晴らしかったです。
ありがとうございました。



さて北摂会、次はいずこへ(笑)



「エル バウ デコラシオン」
豊中市岡町南1-1-22 矢部ビル1F
06-6857-2772
open : 11:30〜14:00LO、18:00〜21:00LO
close: tue,second Mon
Lunch/¥2700〜 Dinner/¥6500〜



馬場チャン、また古くてメンゴよ〜(笑)
Tahiti 80 / Heartbeat

by writer-kaorin | 2009-05-28 19:26 | エル バウ デコラシオン | Comments(8)