カテゴリ:kamoshiya kusumoto( 3 )

 

kamoshiya kusumoto @ロックナイツvol.6

第6回目となるロックナイツは
「kamoshiya kusumoto」さん☆

そもそもロックナイツの趣旨とは
ロックなメンツでおいしい時間を共有し、
あらゆる食談義と音楽談義、
ときにはライヴも愉しもうっていうもの♬
エスコヤマ小山シェフ、ロックなSセンセ&Y社長とともに
待ちに待ったクスモトさんナイツ。

コース料理は10000円、12000円の2種。
今回は、後者をお願いしてました。


スターターにぴったりの、清涼感あるシャンパーニュと共に

*モロヘイヤ、淡路産雲丹、生湯葉、じゅんさい、ボリジ
b0118001_10401511.jpg
粘りと引きのあるモロヘイヤの冷製の下に、
淡路の雲丹、ねっとり絡みつく生湯葉。
ダシの加減すばらしく、
オイスターの風味を感じる花・ボリジのミネラル感と
雲丹の海味が、すこぶる合う。



*和歌山ケンケン鰹、生姜とチリ酢のジュレ、玉ネギ甘酢漬け
b0118001_10403931.jpg
モチガツオ?そんな独特のもっちり感。
そこに爽やかなジュレと、透明感のある玉ネギの甘み。
茗荷の香りも清々しい。


即、2杯目へ
b0118001_10405569.jpg
Frederic Maletrez Premier Cru Chamery
程よい熟成感と重量感、旨し。



*夏大根おろしのスープ、毛蟹の身と蟹味噌、スプラウト
b0118001_1041224.jpg
夏大根のピュアな甘みが、すーっと体内に沁み入る。
少しずつ、椀種を崩せば、押し寄せる毛蟹の滋味。
仄かに利かせたバターの香りが、これ素晴らしい!



*稚鮎
b0118001_10412591.jpg
エルコーレ・モレッティのプレートの上に、
稚鮎のカダイフ巻き、キュウリのシャーベットと香水梨の短冊。
アツアツのほろ苦 稚鮎と、冷たいシャーベット、その温度差が楽しく、
ウリ繋がりの香りが口中を占拠する。



*緑野菜、ペコリーノ、アンコールペッパー
b0118001_1041266.jpg
軽く煮込まれた夏のお野菜たち、それぞれの食感や香りが心地良い。
アンコールペッパーのフレッシュな辛み、香りが、素晴らしいアクセントに。

b0118001_10415131.jpg
KUSUDA リースリングがピタリと寄り添う。



*鮑と新蓮根の山葵リゾット
b0118001_10421436.jpg
これは私的新味!鮑は驚くほど柔らか。
リゾットにざっくりと混ぜ込んだ
山葵の香り素晴らしく、そこに肝ソースの深いコク。
リゾットの下に忍ばせた水茄子浅漬けも、名脇役だ。



*ノドグロ塩焼き、万願寺唐辛子、トマトキムチ
b0118001_10414637.jpg
脂をしっかり蓄えたノドグロの個性が炸裂、の素晴らしい火入れ。


この後・・・
来店1時間前から、ゆっくり時間をかけて火を入れたという、
「琵琶湖 大鰻、中国黒酢と牛蒡のソース」となったのですが、
あまりにもインパクトがありすぎて、
撮影し忘れ(汗)、大鰻さんと向き合う(笑)
こちらも、火入れ、超肉厚な鰻の質、そしてソースの妙味etc・・・
ハッ!と美味しい発見多々。
b0118001_1042233.jpg




*桃のアイスと桃の白和え
b0118001_1043314.jpg
毎回、野菜をつかうというデザート、今回は豆腐(豆)。
白和えの味の濃さと桃の香り、チェリーの甘酸っぱさ。
思わず泡をお願いしたくなる(笑)


b0118001_10424076.jpg
このハーブ水が、これまた素晴らしい。
広島K農園のハーブたちの濃い香りが凝縮。
命のスープならぬ、命の水。


以上、おいしさと驚きに満ちた、
クリエーティビティーなクスモト料理の数々と、
ワインたちとの妙味を楽しませて頂きました。
クスモトさん、りょーこさん、ありがとうございました!

その後、ロックなメンツで
「竹中酒飯店」さんのVIPルームで、おいしいお酒と、
カラオケ、でスパーク!となったのは言うまでもない(笑)


「kamoshiya kusumoto」
大阪市福島区福島5-17-14
☎06-6455-8827
open : 18:00〜翌1:00LO
close: 月曜、第1日曜


America - Ventura Highway (Musikladen - 1975)

by writer-kaorin | 2013-08-10 10:46 | kamoshiya kusumoto | Comments(0)  

カレー屋クスモト

台風ですなぁ。
ちょっとハナシは逸れるが
昨日の、オモロいエピソード。

地元・OBAMAより、祖母とオカンが大阪へやってきた。
なぜに、大阪かというと…
80歳オーバーな祖母(愛称:おーちゃん)曰く
「死ぬまでに一度、長渕剛のコンサートを観たい!!!」

ってことで、
孫が必死にチケットを取ったという。
で、オカンとふたりで、大阪城ホールとなったらしい。
おーちゃんは今も現役の商売人(焼き鯖専門店の)。
だから、ありえへん元気さ・・・。
ずんずんずんどこ節やなく、

長渕ですよ…長渕(笑)


この日の昼どき、
「ランチはピッツァとパスタを食べたい!」って言うから、
滞在ホテル近くの、「スッドポンテベッキオ」さん情報をオカンにメール送信。
返信メールは、「おーちゃん、マルゲリータにかぶりつく図」。
ペロリ、完食だそうな。プラス、パスタやドルチェまで。
昼からワタシ、無理だ。負けだ。

で、コンサート結果は
「3時間立ちっぱなしで、コブシ上げっぱなしやった!」という、

80ウン歳…。

たぶん、大阪城ホールのオーディエンス最年長だったことでしょう。
たぶん、150歳くらいまで生きてくれると思います(笑)
ずっと元気でいてほしいです。


しかし、凄すぎる。。。(笑)




さて。
どこかで見たタイトルを、日本語にしてみた(笑)

先週末のハナシだが、
こないだ「なかひがし」さんで合宿をしたダジャレ軍団で
チーム「kamoshiya kusumoto」さんへ攻めに行く(笑)

わたしは残業につき23時すぎに後追い参戦。


■つきだし
b0118001_19544159.jpg
サッポロ赤ラベルで乾杯!イチジクとろり。生ハムと合うなぁ〜。


隣にいる姫、オーダーの品をひと口ふた口
b0118001_1958281.jpg

名前分からんキノコの秋の香りが、口中に充満!鼻から突き抜けてゆく〜。
マッシュポテトをもっと、滑らかにしたようなペースト&
スパイス香感じるソース+香菜の組み合わせ。
夕ご飯抜きのカラダに染み入る旨さ。



b0118001_203013.jpg


b0118001_2065174.jpg

グビグビいきたいところだが、長丁場につき、ちびりちびりと・・・(笑)
何しか今日は、ゲストにカレー屋を迎えているそうで。。。


ダジャレは、被せて被せて、言い合いです;
ここでネタを披露すべきか迷ったけど、
あれは、現場やないとおもんない(笑)



で、深夜1時、
やってきました!カレー屋さん!
【カレー屋 = 某レストランのシェフデス:】。
b0118001_20105282.jpg

真夜中のカレー、染み入る〜。
やらこいスパイス香が心地よい
この「ちょっとカレー」
たまらんデス。おかわりしたかった、、、。

ところに・・・


b0118001_2014549.jpg

kusumotoさんとこの「まかない」カレーも、争奪!
こちらはスパイス云々ではなく、様々な旨味が複雑に絡み合うお味。
素晴らしい!!
(※通常メニューにはございませんので、オーダーは不可)



b0118001_20173464.jpg
深夜食堂ならぬ、深夜カレー、の図(笑)


仕事帰りにミナミへ南下できずに福島へ・・・
そんな真夜中のSックよっぱげ、ではなくkamoshiya kusumotoさん。
いつも濃い濃いメンツで、楽しい(笑)

ダジャレ対決は、次回に持ち越し(!?)となったのでした!



The Sex Pistols / My Way

by writer-kaorin | 2009-10-07 20:38 | kamoshiya kusumoto | Comments(4)  

ダジャレnightの収穫モノ(人)

ダジャレ好きが、
ダジャレの園に集まり、
ダジャレ対決に酔う・・・。



数ヶ月待ちに待った、第一回「ダジャレnight」の夜。
対抗馬はもちろんダジャレ将軍様。アーンド、
お噂は予々なTeam「dajareta kusumoto」さん(笑)




詳しいダジャレは、現場にいないとオモロさ伝わりません。
ま、えぇとこを持ってった、と自画自賛なワタシ〜(^^;)
いや、噂通り、秀逸なギャグ飛ばしてはりました、ダジャレ男爵K氏(笑)。



将軍様、第二弾も楽しみです!




ワイン、どんなもん頂いたかは、後半に書くとして…




ある意味ナイスで、味のある男が
「彼女募集中」だったんで、
その特ダネをご紹介☆






b0118001_0145821.jpg
彼の名を「リー」くんと呼ぶ。
正式名称:ナカミネくん。34歳くらいで「独身」。
B型。細身で170cmくらい。

リーくんは、kusumotoさんとこの料理人。ダジャレ男爵のサポート行う。
酒好きで、言いたいこといい。
せやけど、案外シャイな感じ。
たまに飲むとベロベロ系?な感じやけど、それもまた愛嬌。
アーンド、惚れやすい!?=相手の長所を見い出すのが得意(としよう w)


なんと彼、パリの三つ星「アストランス」で修業されてた。
(カンテサンス・岸田さんと同じ時期に在籍してはったという)
あ、とにかくパリの食事情に詳しいですよー。

そして、物事の発想や発言などは、
いい意味で凡人じゃないっすね。


そんな奇才なタイプにグッとくる方、
もしくは、気になる〜、程度の方もオーライ、
「鍵コメ」でメルアドを送ってくださいねー!


諸々、お返事いたしますので☆


あ、直接お店に行っていただいてもOKです♪
その際は「kaorinブログを見ました」と一言。



相性合えば、
結構な大穴やと思う!!




てな感じで、飲んだ食べたものを。

■鯖のリエット
b0118001_0152438.jpg
料理通信レシピ特集でもお世話になった一品。
鯖の身質の舌ざわりありつつ、うん、とってもリエット。
まずはマグナムの泡にて(名前またド忘れ)



■箕面ビール
b0118001_0155154.jpg
相変わらずの美味しさ。


b0118001_016163.jpg
ダジャレ将軍の黒も、好みだわ。




その他、
■コトー・ド・シャンプノワーズ、ボーフォール
b0118001_0163534.jpg
こないに貴重なものを・・・。将軍様merci!
おじいちゃんが作ってはるそうで、

b0118001_0165738.jpg
50mlって!(笑)このエェ加減さ大好き。





■ベルナール・ドラグランジェ/ボーヌ 1978 
b0118001_018933.jpg
おぉ。同い年!



その他、
■オーストラリアのシラー、けっこうなヴィンテージとか、
■ボーヌ リュジュアン 1990 パラン



などなど・・・
すこぶる美味しいワイン、酔うたらもったいないので、
チビリチビリ、しみ滋味、いただきました。



気づけば、3:30AM。

てか、
リー君に、
ダジャレの何もかもを
持っていかれた!!??(爆

by writer-kaorin | 2009-08-01 00:13 | kamoshiya kusumoto | Comments(8)