カテゴリ:あたらし( 4 )

 

あたらし @河内鴨料理

この日は、旅雑誌編集部時代の戦友達との定例会。
大阪・本町にある「味処 あたらし」さんへ。

寒くなってきたから鍋、食べたいなぁ〜ってことで。
b0118001_22181541.jpg
ビールで喉を潤し


*鴨皮の天ぷら 玉味噌がけ、玉締め
b0118001_2218274.jpg
コク&まろやかな玉味噌、皮の旨みと好相性だ。
玉締めは、魚卵入りだったか。ビールを飲み干し、焼酎へ。


お次は単品で


*河内鴨 造り盛合せ
b0118001_22184111.jpg
う〜んっ!大好物の河内鴨を愛でるシアワセよ。
ロース、ササミ、肝、ハツ、砂ズリ。
脂の甘みをじんわりと感じるロースをはじめ、
ササミやハツ、砂ズリはじつに新鮮な風味。
そして、肝の脂ノリと澄んだ風味に、ノックアウト…。



*じゃがまん
b0118001_22192365.jpg


b0118001_22193410.jpg
こちらは裏メニュ−のひとつ。
裏ごししたジャガイモの滑らかさと、鴨ミンチの旨みが融合。
ダシを利かせたあん、じんわりとカラダに沁み入る。


そして・・・


*河内鴨の鍋
b0118001_2219522.jpg



b0118001_2220599.jpg
ささがきゴボウ入りのおダシは、鴨ミンチの旨みが滲み出、
五臓六腑に沁み入るおいしさだ。
ロース肉をさっとくぐらせて。
赤身の味わいと脂の甘みにウットリ、目を細めてしまうー。



*鴨ロース にぎり
b0118001_2220040.jpg
さっと煮て、冷ました鴨ロースは
赤身のいぃ香りが強調されていて、
また違う表情を見せる。何貫でも食べてしまいそう(笑)



そして〆には、お蕎麦と、
これまた河内鴨ロース肉♡
b0118001_22201513.jpg



b0118001_22202697.jpg



b0118001_22203634.jpg
ハァ〜ッ。澄みきったダシとともにズルリッと。
滋味深き味わいだこと。
いぃ季節になったなぁ〜。


デザートも、ご主人が丁寧に作っておられます。

*サツマイモのゼリー寄せ
b0118001_22205244.jpg
程よい弾力感、咀嚼するとなめらかな質感と甘みがじんわ〜りと。


大好物である河内鴨を、
ご主人の創意溢れるお料理で楽しませて頂きました。
ここ「あたらし」さんは、座敷でゆっくり
丁寧な仕事が窺える鍋や一品、そしてコース料理を堪能できるのが嬉しい。


まゆん、愛さん、お疲れさまでしたっ☆
美子ちゃーん!納会にはぜひ顔出してよー!(業務連絡)


「河内鴨料理 味処 あたらし」
大阪市中央区瓦町4-4-14 ニュー日宝ビル2F
☎06-6229-7088
open : 11:30〜14:00、17:00〜21:30LO
close: 日曜、祝日
http://www014.upp.so-net.ne.jp/atarashi-kamo/


竹中さぁ〜ん、素晴らしすぎます♡
Jeff Beck, Eric Clapton & Jimmy Page - Layla

by writer-kaorin | 2013-11-13 22:00 | あたらし | Comments(4)  

あたらし @河内鴨料理

最近、またまたLPレコードにハマってるkaorin;
今宵は久しぶりの「Lou Reed」。
ホロ酔い気味でたまらんひととき。



さてこの日は、某イベントの打ち上げナイツ。
お店さんは、こちらで、と決めていた。
場所は大阪・本町。
河内鴨料理専門店「あたらし」さん。

大大大好物である、「河内鴨」をとことん堪能でき、
なおかつ、この寒い時季、心底あたたまる鴨鍋が待っている♪♪♪
NY帰りの我が弟・アッキーも参戦だ。


b0118001_7445319.jpg
まずは喉を潤そう。



*鴨造り盛り合わせ
b0118001_7452027.jpg
ハツ、肝、ズリ、ササミ…。このポーションが1人前!
いずれもじつにフレッシュ。ハツや肝は澄んだ味わい。
ねっとり絡みつくササミは、味わいしっかり。
ズリはエッジの利いた食感。野菜の包丁入れに見とれる。


b0118001_7461031.jpg
速攻、熱燗となるワケです;



*じゃがまん
b0118001_7463890.jpg


b0118001_7465791.jpg
裏メニューのひとつ。
ジャガイモのなめらかさといい、稀少な鴨ミンチのジュも素晴らし。
そして、このあん、DNAに響く気品ある旨みだわ。



*鴨ロース 鍬焼き
b0118001_7474768.jpg


b0118001_748567.jpg
柚庵地にさっと漬けた鴨ロース、そして野菜たちを陶板焼きに。
鴨の風味を引き立てる味付け、素晴らしいです。
野菜は、柚子を利かせた味噌に絡ませていただく。




*鴨鍋!!!
b0118001_7483754.jpg


b0118001_7485583.jpg
ロース肉の赤身の味わい、そして脂の甘みをしみ滋味と感じる。
まった、ささがきゴボウの入ったダシ・・・それだけでも素晴らしいのだが、
具材を入れれば入れるほど、コク深くなる。
何がオドロキって、どんなに具材を入れても、
ダシは濁ることなく澄みきったままなのだ。



*鴨ロースにぎり、鴨上巻き
b0118001_7493893.jpg
ロース肉の厚すぎず薄すぎずの庖丁入れ、絶妙な口溶けをもたらす。
シャリの程よい甘みも、ロースの味わいや甘みを引き立てるわぁ。
巻きは、マグロのようなビジュアルだが、より深みのある味わい。



〆にも、ドッカーンと
*鴨ロース、そして蕎麦
b0118001_7504868.jpg


b0118001_751698.jpg
蕎麦の香り、たまらん…。
鍋の中にはこの河内鴨がゴロリゴロリと。幸せすぎるぜよ。



b0118001_7513333.jpg
デザートは、フルフル食感。酒飲みにも嬉しい、軽さとしっかり旨味。



時間を忘れるほど、大盛り上がりだった、この会。
しかし、料理が目の前にやって来れば、
皆、ズワイガニの如く、無言…(笑)


心ゆくまで、とことん、河内鴨を愉しむことができた、最高の夜でした☆



河内鴨料理「あたらし」
大阪市中央区瓦町4-4-14 ニュー日宝ビル2F
06-6229-7088
open : 11:30〜14:00、17:00〜21:30LO
close: 日曜、祝日




The Velvet Underground / Sweet Jane (Live 1969)

by writer-kaorin | 2010-12-16 01:43 | あたらし | Comments(4)  

またもや河内鴨三昧!@あたらし

ちょっと前だが、この日は
編集部時代の同僚である
女友達の集い「Noといえない女子会」。

そもそもこのタイトルは、
「最近『ワタシ、その仕事できませんっ!』ていう若い子増えたよなぁ〜」
「ウチらなんか、どんなにテンパてっても、『あ、頑張ります・・』やし:」
という、「Noといえない」女子達ばかりの集い、というワケ(笑)

子連れもいるのでこの会は個室が必須。
チェーン系オサレ居酒屋はイヤやし、美味しい個室がいい!
ってことで、

まやもや河内鴨料理専門店「あたらし」さんへ。


お付き出しは
◆河内鴨ロースのさっと煮、白和え仕立て
b0118001_17315276.jpg

「しまった!ビール頼んでもた!」な、日本酒欲する味わい。


◆河内鴨造り5種盛り
b0118001_17323181.jpg

河内鴨フォアグラ、ズリ、ハート、ササミ、
そして、咀嚼すればするほど脂の甘さがじわじわ響く、ロース。

b0118001_17345263.jpg

以前も書いた、この希少なフォアグラ・・・タマラン!



◆じゃがまん
b0118001_17354958.jpg

中に鋳込んだ鴨ロースのミンチの旨味、存在感ありあり。
コレ、あたらしさんの裏メニュー。
某女史は、昨年食べた料理のTop5に入れておられたっけ(笑)。



◆鴨鍋
b0118001_17384630.jpg

あいにく、湯気湯気画像はnothing。
ささがきゴボウの何ともいえない土の香りが充満した出汁に
ロースをさっとくぐらせ食すと、
んもう、笑みしか出ない愉悦がおとずれる。



b0118001_1741485.jpg

〆の蕎麦にもロース肉どっさり!
香りがしっかりとある蕎麦、蕎麦屋にひけを取らない美味しさ。



◆鴨ロース握り
b0118001_1742486.jpg

やや甘めのシャリと好相性。



この日も食べた食べた、飲んだ飲んだ(笑)


いつも、ひとりオッサン飲みが多いが、
女友達とのこういうひととき、
すごく貴重だなぁ〜っと感じさせてくれる「No女子会」。
次回の予定は今週末!(笑)あ、店リサーチせねば!


河内鴨料理「あたらし」
大阪市中央区瓦町4-4-14 ニュー日宝ビル2F
06-6229-7088
open : 11:30〜14:00、17:00〜21:30LO
close: sun,holiday



Arcade Fire / Intervention

by writer-kaorin | 2010-01-17 08:26 | あたらし | Comments(2)  

河内鴨三昧!@あたらし

この日は、河内鴨料理三昧!
しっかし、こないに満腹中枢がおかしくなった夜は久しぶり鴨。
(といいながら、ビストロ会もそうでしたが;)

ここ「あたらし」さんは、
河内鴨料理のみを提供してはるお店。
オープンは5年以上、いや、6〜7年前だったか?


まずはビール。
b0118001_23254952.jpg



付き出しに
b0118001_23261264.jpg

「鴨ロース昆布〆」なんて、ナイスな肴が出てくるもんだから、
ビールが即、空に。
肉には適度な火入れ。ッと、その前に昆布〆にしてはるので、
心地よい酸味と、鴨の甘みが食欲を刺激する。



■造り3種盛り
b0118001_2328679.jpg

ズリ、ササミ、そしてフォアグラのような肝!!
このボリュームが・・・、1人前です。

b0118001_2328356.jpg

この肝、よく太らせたフォアグラみたいだが、
じつは全くことなる代物なのだ。
フォアグラは食べさせて太らせて・・・という飼育なのだが、
河内鴨に至っては、健康状態の鴨がたまたま(遺伝子とか、家系の関係で)
こんなに凄い肝をつけるのだという。
その数、約1000羽になんと、1羽程度。じつに希少なのだ。

口に入れると、スゥーッと澄みきった脂がじわりと響き、
かつ、まったりと甘い。。。



■じゃがまん
b0118001_23322621.jpg

b0118001_2332375.jpg

カラリと揚げられたジャガイモのすり身の中には、
鴨ロースのミンチが。
品のよいだしのあんが、トロリと口中に広がり、
あとからじわりじわりと、ジャガイモの滑らかさと鴨の甘み。

じつにボリューミーな一品だが、あれよあれよという間にペロリ。



■鴨ロース陶板焼
b0118001_2335537.jpg

b0118001_23353492.jpg

白味噌ベースの自家製味噌×ネギ×七味をつけていただく。
鴨ロースの肉汁じゅわり&脂の甘み、赤身はしっと〜り、旨し。
まった、脂が染んだお野菜たちのなんと旨いこと!


けっこう、お腹もいい感じ。あとは酒さえあればよい(笑)
そんなタイミングで・・・



鴨鍋登場!
b0118001_23365890.jpg


b0118001_23374549.jpg
鴨を生かすも殺すもだしが命。
ささがき牛蒡の風味じわりな品の良いだし、それだけで飲める美味しさ。
各種野菜がクタクタになったところで、5秒ばかしロースをしゃぶしゃぶ。
けっこうな肉厚だが、あっさり、しかも鴨の旨味はしっかり残った素晴らしさ。


まだまだ続きます・・・

■河内もん
b0118001_2340536.jpg

中心部は餅。その外側に鴨ロース肉、大葉、そしてシャキモチッな河内蓮根が重なり、
海苔を巻いて磯辺揚げに。
時間差で押し寄せる、それぞれの旨味と食感、たまりません・・・。



鍋の〆第一弾は
■蕎麦
b0118001_23422160.jpg

鴨の味が凝縮しただしに、蕎麦をくぐらす。
だしの風味とともに広がる、蕎麦の香りが心地よい。
アカン・・・おかわりしたいけれど、ややギブ・・・。ってタイミングで


〆第二弾は
■おじや
b0118001_23442745.jpg

日本人のDNAに響きます。このビジュアル見ただけで、別腹が作動(笑)
た・た・たまらん・・・。おかわり必至でした:



デザートは栗三昧。
b0118001_23453128.jpg

残念ながら、完食できず、〆のお酒をチビリチビリ。


全品が河内鴨の料理。
主人の、河内鴨にとことん惚れ込んだ想いが、
客にも伝わるし、本当に美味しいひととき。
しかも、これだけ頂いて、飲んで飲んで、
ゆうに1万円でお釣りがくるのだ。


河内鴨症候群になったら必ず、またおじゃますると思います。


河内鴨料理「あたらし」
大阪市中央区瓦町4-4-14 ニュー日宝ビル2F
06-6229-7088
open : 11:30〜14:00、17:00〜21:30LO
close: sun,holiday



Johnny cash / Personal jesus

by writer-kaorin | 2009-11-17 23:51 | あたらし | Comments(6)