カテゴリ:鮨さえき( 1 )

 

鮨 さえき @ラッキー会vol.5

この日のラッキー会は
我々のホームグラウンド(!?)

北新地の
名店「鮨 さえき」さんへ。

メンバーは、相変わらず(笑)
会の名前でもある、アナウンサー・ラッキー(大吉)くん
某料理番組のディレクター平井さん、
meets編集長の金馬さんに、大好き姫、
マネージャー吉田くん、イラストレーターの杉本女史、
エステティックの経営をされている美女・有馬さん。&kaorin。


総勢8名で、カウンターを占拠させていただきます。

まずはビール。

つまみは
■北海道・厚岸の牡蠣、オクラみぞれ和え、青森産・岩もずく
b0118001_1216332.jpg
牡蠣はだしに入れて低温火入れされているそうな。
生のようで生でない、その風味と食感、たまらんです。。。
しかもじんわりと響くだしの風味に続き、
とろ〜りなみぞれに、ほんのり柚子香。
のっけから、日本酒シフトなメンバー多発(笑)




まるで、ポール・スミス!だと大盛り上がりしたこの日本酒は・・・
■黒龍 大吟醸 八十八号
b0118001_1217102.jpg
黒龍の中では、かなり上品で華やかかつ繊細なイメージ。
上質な原酒を、末広がりで縁起よしな八十八号のタンクに集めたことから
名付けられたらしい。
生産量が少なく、なかなかお目にかかれぬ代物。



■きずし、つくねいもと葉わさびのとろろ
b0118001_12173216.jpg
すりおろした、つくねいもはねっとり。
葉わさびの何ともいえない香りと、きずしとのバランス、
秀逸です・・・。



■(手前から)五島列島のクエ、グレ、明石の真鯛
b0118001_12181678.jpg
脂ののりや甘みが、それぞれ異なり、
それを食べ比べてみるのが、じつに楽しいのだ



■ミル貝さっと炙り
b0118001_12183864.jpg
甘い。芳しい。たまらない。



■白子醤油焼き、アシタバ、白ネギ
b0118001_1219396.jpg
クリーミーな白子に、庖丁で叩いたねっとりアシタバ。
醤油の何ともいえない香ばしさが、アクセントに。



愉悦、まだまだ

大将、目の前でのパフォーマンスその1


■浜坂産の松葉ガニ!
b0118001_12193322.jpg
番ガニとまではいかないが、出ガニくらいの大きさはありそうな、
デカい松葉でした。

それを、ハイスピードで捌く。
b0118001_1219594.jpg


b0118001_12201214.jpg


そして、、、
澄んだダシの中にタマネギの甘みが凝縮した小鍋にて、
カニの足を瞬時にグツグツ・・・・。
b0118001_12205337.jpg



■松葉ガニのだしシャブ&とろとろタマネギ
b0118001_12212725.jpg
この組み合わせは発見でした!
くたくたタマネギの澄んだ甘みが、
肉厚なカニの身の甘みと相乗効果に。
だしは、お持ち帰りしたいくらいに旨い。



お次の日本酒は
■黒龍 二左衛門
b0118001_12214774.jpg
やや熟成させたニュアンスが面白く、エレガントさも持ちあわせている。



b0118001_12223247.jpg
目の前には、熊本の海ウナギが!


と思いきや、
大将の演出は留まるところを知らない。
これも、さえきさんならではの醍醐味です。

とはいえ、今日は運が良かったみたい。
こないな鮪、
いつもあるとは限りません(笑)とのこと。
b0118001_1223091.jpg
b0118001_12231450.jpg
b0118001_12233443.jpg
b0118001_12234878.jpg
b0118001_1224054.jpg
この光景も素晴らしき肴。
水揚げ漁港の名前はド忘れですが、
大間付近でありました。
大将は、ほぼマグロ専用の保冷庫を持っているよう。



先ほどの海ウナギは
b0118001_12243762.jpg
with 酢飯、どんこ椎茸、かんぴょう、すり胡麻
すこぶる肉厚。嗚呼、感嘆・・・。



■黒龍 「しずく」とともに
b0118001_12245752.jpg



握りに入る前に、皆ご満悦。

さて、握っていただきましょう。


■ヅケ鮪
b0118001_12252010.jpg


■トロ
b0118001_12254267.jpg
香りが素晴らしい。ずっと余韻に浸っていた。


■コハダ
b0118001_1226224.jpg
酢と塩加減のハーモニー、私的どんぴしゃ。


■小鯵
b0118001_12262518.jpg
「小」といいながら、脂がしっかりのっている。
ハラハラ崩れゆく赤酢使用のシャリは、
角が取れまろやかゆえ、
なんぼでもいけそうになる・・・。


■車海老
b0118001_12265039.jpg
艶やかでしっとり。


■煮蛤
b0118001_12271485.jpg
塩と柚子で。
砂を持つワタを取るなど細やかな仕事の連続。


■穴子
b0118001_12273534.jpg
こちらも溶けゆく旨さ。目をつむり、陶酔・・・。


その後は皆、追加で
■トロたくあん
b0118001_12275344.jpg
相性の妙味を愉しむ


■かんぴょう巻き
b0118001_1228135.jpg
欠かせん逸品です。


b0118001_12283251.jpg


大変美味しゅうございました(--)

「鮨 さえき」さんはオープン2年目。
主の佐伯裕史さんは、「のぐち」で経験を積まれたお方だ。
カウンターのみの凛とした佇まいのなか、
気さくな佐伯さんとのコミュニケーションがじつに愉しい
旨しひとときでした。


「ラッキー会」メンバー、初の集合写真(笑)
b0118001_12285971.jpg



その後・・・
カラオケと美味しい酒を求め、
「竹中酒飯店」さんのVIPルームへ・・・(笑)






鮨 さえき
大阪市北区曾根崎新地1-5-7 森ビル1F
06-6345-7344
open : 18:00~翌2:00(sat〜23:00)
close: sun



今日は、大好きなJohnの命日(--)
John Lennon / Mind Games

by writer-kaorin | 2009-12-08 07:15 | 鮨さえき | Comments(12)