カテゴリ:Villa AIDA( 3 )

 

Villa AiDA

和歌山遠征。ちょうど2週間前。
b0118001_9553562.jpg
「Villa AiDA」さんへ。お久しぶりでした。Sさんおおきに!



梅雨まっただ中。大雨のなかだったけれど
到着するやいなや、雨はすっかりやみ・・・(自称晴れオンナ)
b0118001_95518100.jpg
AiDAさんの自家農園。西洋野菜が生い茂る。


*お昼のおまかせコース*

*パンツァロッティ
b0118001_9553386.jpg


b0118001_9554499.jpg
リコッタだろうか。チーズのコクがふわりっ。
パンツァロッティ、ナポリのピッツァ屋台でよく食べた。
AIDAさんのそれは、すごく品があって、旨し。


*ガスパチョ 〜青唐・烏賊・生ハム〜
b0118001_957367.jpg
驚愕のガスパチョだ。野菜の凝縮感凄く、
青唐の力強さ、烏賊の火入れ、生ハムの加減、
それらが響き合い、複雑なハーモニーを奏でる。
フェンネルの香りやナスタチウムの辛みが、素晴らしいアクセント。



*花ズッキーニとリコッタ
b0118001_958870.jpg
野菜にしっくりとくる、この赤ワインソース、秀逸すぎる。
ズッキーニはホクホク、ふわりとリコッタの旨み、
そこに、程よい酸を感じさせるサラリとしたソース。


b0118001_9583314.jpg
某 赤ワインとの相性、ドンピシャでした。


*パッケリとプティトマト
b0118001_9585280.jpg
トマトだけとは思えぬ、存在感。こちらも見事な一皿。
畑とテーブルとの距離感が近いがゆえの凄み。


*若きゅうり、鯛、新じゃが、苦瓜
b0118001_9591085.jpg
お皿のなかには、トコブシやおかひじきも。
和歌山産の鯛は、ふくよかな身質。焼いた胡瓜も存在感を主張し、
トコブシの肝ソースと苦瓜、両者の風味のことなるほろ苦さが素晴らしい!


*紀州赤鶏とカルチョフィ、プルピエ
b0118001_9585439.jpg


b0118001_9595100.jpg
この火入れ! 
ウットリする。ホントに素晴らしい。
カルチョフィ(アーティチョーク)は、ホックホク、ジューシー。
プルピエの野生味もいい。


*奄美のパッションとほうずき
b0118001_100030.jpg
パッションの溌剌とした酸味と、
まったり、ほおずきの甘みに続き、炊いた米のような風味が漂う。


*プティフール
b0118001_1002078.jpg
リモンチェッロに漬けたババ、これでまた飲めるのです(汗)
スフォリアテッレを小さくしたようなお菓子は、フレッシュハーブティーとともに。


素晴らしすぎる、のひと言。
地の食材や自家野菜を生かしきる技。
小林シェフが創造する、繊細かつ考え抜かれたお料理たち。

もちろんワインも飲んでマス。
組み合わせの妙、というのか
SさんセレクトBeau Paysageと小林イタリアン、
めちゃくちゃ寄り添い合ってた。

Beau Paysage 2010 Chardonnay
Beau paysage 2009 Chardonnay
Beau paysage 2006 Chardonnay
Beau Paysage 2010 Le Vent
Beau Paysage 2008 Pinot Noir
Yamazaki Winery 2008 Pinot Noir


皆さんありがとうございました!
ご馳走さまでした☆



Led Zeppelin- Down by the Seaside

by writer-kaorin | 2012-07-01 10:17 | Villa AIDA | Comments(0)  

秋色アイーダ

b0118001_1241939.jpg
対向車がほっとんど通らない山道の左右には、
ミカンみかんミカンみかん・・・。

ということでこの日は、久しぶりのSAVVY@旅取材
和歌山・(元)野上町〜岩出市へ。

b0118001_12463271.jpg
まずは、大大好きな山小屋パン屋「ベーカリーテラス ドーシェル」へ。
数年前は、月1通っていたほど、大好きなパン屋です♪
b0118001_9451344.jpg
b0118001_944135.jpg
あいにく、快晴ではなかったけれど、
みかん畑を眺望できるテラス席は気持ちいい♪


と、の〜んびりしてたいトコロだけれど、
パンをたっくさん購入し、ビュンと次の取材先へ。


途中、秋景色を撮影したり、てくてく車を走らすこと約1時間弱。

秋色の「Villa AIDA」へ。
この季節におじゃまするのは初めてだ
b0118001_9505661.jpg


b0118001_9534325.jpg
b0118001_954950.jpg
レストラン裏の畑をのぞけば、
肉厚バジルなどハーブ類から
根菜類まで、
自家製野菜、にぎわってます。

・バーニャカウダ
b0118001_1002862.jpg
バーニャカウダも秋冬色です。黒大根のほろ苦くて甘いかんじがいい♪


・小カブと牡蠣
b0118001_1004297.jpg
カブの葉っぱをソースに。ちょっとの火入れで、カブの青みが甘みに変化するんだ!とナットク。


・鯖とお野菜のリボリート
b0118001_1012288.jpg
黒キャベツや黒大根ほかいろいろな野菜の美味しさが、
ぎゅうっと凝縮したスープ
&脂ののった紀サバ  
濃厚さ、あっさり感、このバランスが見事!


ここへ来るとナニヨリも「とれたて野菜のおいしさ」に気づかされるし、
大阪から約1時間で、イタリアの田舎町にタイムトリップできるのがイイ♪


来年こそ念願の、1日1組限定
1泊2日のアイーダに、おじゃましたいものだ
b0118001_10173340.jpg

by writer-kaorin | 2007-11-24 02:41 | Villa AIDA | Comments(1)  

イタリーな休日@AIDA

わ!ココ、イタリア郊外の邸宅のお庭??
b0118001_003649.jpg

と、ついつい錯覚してまいそうになるのだが…

大阪から約1時間。和歌山・岩出町にある…「AIDA」なのです☆
b0118001_031755.jpg


今回は、とある会に、飛び込みで参加させて頂く。
戌亥のお姉さま、兄貴たちの会。
焼鳥屋の女主人、ぴあのチケットより予約が取れない中国料理店の店主、
料理番組ディレクターや、名ビストロ夫人、リスペクトするカッコエェ姉貴ほか、
ものすんごいメンツ。
そしてAM大阪発のバス内では予想通り、宴会状態ー(笑)


ではでは本日のお料理といっときます♪


◆バーニャ カウダ
b0118001_091985.jpg

水ナス、紫タマネギ、甘!!
瑞々しいは当たり前。そして甘い!濃い!
こんなに野菜をボリボリ食べるの久々☆


◆ガスパチョ スルメイカと青唐、生ハム
b0118001_0145314.jpg

なんでこんなに野菜が旨いの〜。
爽やかな酸味のガスパチョに、ピリリと青唐、
&スルメイカ、生ハムの異なる風味と塩梅が絶妙


◆苦瓜のスープ
b0118001_0221574.jpg

一口目:バナナジュースのような風味とささやかな甘み
二口目:じわじわじわ〜っと、苦瓜のほろにがさ。
時間差攻撃の味重ね。すんばらしいっ。


◆じゃが芋のニョッキとプティトマト
b0118001_026583.jpg

オーソドックスに、しみじみ旨い。


◆ピーチと鴨もも肉とささげ豆
b0118001_0311314.jpg

シエナ地方の名物麺「ピーチ」に、ささげ豆を練りこんでいる。
モチッ、ネチッとした、まるで細い手打ちうどんのような食感。鴨のラグー、パーフェクト♪


◆コルッツェッティ ピオーネ いとより オクラ  
b0118001_0334818.jpg

円型の刻印を型押しした、リグーリア地方の伝統的な手打ちパスタに、
いとよりとオクラの旨みが絡む絡む。
ハッ!とするほど酸味を利かせたピオーネ、ステキな脇役者。


-----あ…しもた…と、
   このへんで、ガバガバ飲んでいたワインの撮り忘れに気づく(><)
(スンマセン、トミオサン!)

◆Histoire d'l vin Le Noir
b0118001_037542.jpg

確かフィリップ カリーユさんでしたか。。
爽やかな昼酒にピッタリ&次の肉料理にも合わないハズがない。


◆鳩のローストと根菜、ベルベレ風味
b0118001_0421778.jpg

ベルベレって、エチオピアの混合スパイスだったような??
ガツ〜ンとありながら、コリアンダーかな?カルダモンかな?
スパイスな国のエッセンスを、見事に表現しておられマス。


◆セロリのスープとそのジェラート
b0118001_0474939.jpg

お野菜の上品なドルチェは、シェフならでは♪
美味しすぎて飲み食べまくったのでドルチェに辿りつかぬと思いきや、
一瞬にして完食…。



次回は、多分
来週、ロケでおじゃますると思うんだが、
年内中には、1日1組限定の
Vila AIDAに泊まりたいい!
b0118001_0513110.jpg




でもってVila AIDAの裏っかわ☆
b0118001_0525068.jpg

イタリアの田舎的風情

ニッポン的風景に、
これまた癒された、いちにちなのでした。。

by writer-kaorin | 2007-09-05 00:59 | Villa AIDA | Comments(13)