カテゴリ:baR pappA( 3 )

 

baR Pappa

仕事帰り。「baR Pappa」で晩ご飯。
「Trattorìa Pappa」に勤務していた池田さんが
baRの料理長&店長に就任したのが今年3月。
初めていただく池田シェフの味(笑)


*ヒイカのグリルと秋ナスのマリネ
b0118001_23191966.jpg
冷製の前菜。ヒイカの旨みに、ナスの清々しい香り。
キュウリのソースで後味爽やか。



*和牛ハツのグリル
b0118001_23193353.jpg
歯ごたえあり、噛むほどに脂がジュワリ。
タスマニアマスタードのプチッと弾ける食感、そして風味
ベストマッチ。



*スパゲティ トマトとバジリコ、モッツァレラのソース
b0118001_23195786.jpg
アッツアツ。この温度帯がいいね。
トマトソースの深いコクに、モッツァレラのミルキーさと
バジリコの香りが加わり、文句なしのおいしさ。


この後は、ロゼ色の肉と、野菜の甘みが生きた
「豚肩ロースのグリル 野菜のソース」で、〆となりました。
(撮影し忘れて勢いよく食べた)



確か、トラットリアでは、前菜やドルチェを担当されてた池田シェフ。
その繊細な仕事を前菜に垣間見つつ、
ピタッと焦点が定まった、インパクトある味わいもお手の物。
そう感じたおいしい夜でした☆ またフラリ伺います!



「baR Pappa」
大阪市西区新町2-12-4
06-6536-4186
open : 17:30〜翌2:00LO
close: 火曜、第3水曜
http://www.pappa.jp/baR.html



The Verve - Bitter Sweet Symphony

by writer-kaorin | 2016-09-27 23:23 | baR pappA | Comments(0)  

baR pappA @Deep Purpleのライヴ後。

b0118001_232234.jpg


b0118001_23231416.jpg
オリックス劇場(元・厚年)にておこなわれた
「Deep Purple」のライヴに参戦してきました。


ライヴ・アフターは、
徒歩すぐにある、「baR pappA」さんで、おいしい打ち上げ。

メンバーは、我がロックナイツ会のボス(笑)小山シェフをはじめ、
団田姉さん、新屋シェフにトリちゃん、
UのY社長などなど豪華な顔ぶれ♪

ライヴでは立ちっぱなしだったため、腹ぺこ。
ここ、baR pappAさんはラストオーダーが遅いので、
ライヴ帰りでも、時間を気にせず、おいしいイタリアンにありつけるのが嬉しい。


*アンチョビ入りオリーブ
b0118001_2323471.jpg
まずはオリーブとともに、泡を数杯。
ライヴで叫びまくって乾いた喉に、沁み入るわ。



*イタリア産ハム盛り合わせ
b0118001_23241844.jpg
パルマ産プロシュート、コッパ、モルタデッラなど、
これとともにお酒は、白ワインへ移行。
話題はモチロン、「Deep Purple」。
ツッコミあり、賞賛あり、
「やっぱ、Highway Star歌って欲しかったぁぁ」とかとか、
このトークだけでも飲めるくらい(笑)。


b0118001_23235364.jpg



*前菜盛り合わせ
b0118001_2324687.jpg
コク旨、「モルタデッラのポテトサラダ」をはじめ、
「タコとトマトのハーブソース」はタコの旨みとハーブの薫りが響く。
「イワシのバルサミコマリネ」は、甘酸っぱさが心地良く、
「カボチャとマスカルポーネのブルスケッタ」は私、食べそびれ(笑)。



*エビのフリット
b0118001_23242622.jpg
エビの甘みが、ギュッと凝縮。
話題は、「Deep Purple」から日本のプログレ・バンドへと。
チーム同世代は、そのネタでめちゃ盛り上がっておられました(^^)



*本日のパスタ ホタルイカとアンチョビのソース
b0118001_2325143.jpg
まずアツさがいいわぁ。アンチョビの程よい塩気により、
ホタルイカのみその甘みがグンっと際立ってる。



*スパゲティ 魚介のトマトソース
b0118001_2325174.jpg
タコやエビ、大アサリほか魚介がゴロリと入り、ソースは深いコク。
シンプルななかにぐっと響くおいしさがある。


この他、春キャベツの甘みが主張する、
「アンチョビとキャベツのソース」を頂き、

*自家製ベーコンのカルボナーラ
b0118001_23253533.jpg
深夜のカルボナーラ。背徳感なのか何なのか、そそられるなぁ。
しかもこのカルボナーラ、卵のなめらかさや濃厚さ、ベーコンの燻香、
それらのバランスもよく、フォークを持つ手が止まらん。
大人数でわいわい、シェアして食べるのも楽しいな。



気付けば、数時間が経過(笑)
ライヴの後の飲みって、いつも時間を忘れる♪
浜口シェフ渾身のお料理はどれもおいしく、
ロックな楽しい時間となりました☆
ありがとうございました!!

PS*
そうそう、さっき、浜口シェフのFacebookで拝見したんだが、
バール・パッパさんは、5/5(月)で9周年ということで、
翌日、5/6(火)に9周年記念のパーティーをされるとのことですっ☆
b0118001_23261129.jpg



baR pappA(バール・パッパ
大阪市西区新町2-12-4
06-6536-4186
open : 16:00〜翌2:00LO
close: 日曜、第3月曜


来週は神様のライヴへ参戦かなっ♪
Bob Dylan - Duquesne Whistle

by writer-kaorin | 2014-04-18 23:30 | baR pappA | Comments(3)  

baR pappA @ライヴ後、深夜飲み

さて、Dylanネタもこれが最後(笑)

Bob Dylan大阪公演最終日、行ってきました〜「Zepp Osaka」へ☆


b0118001_2325259.jpg
生Dylan様はやはり、神様でした・・・。
日本限定の、最初で最後のライブハウスツアー@Zeppの
あの距離感は、圧倒的な迫力!
Dylan様に近い。近すぎる・・・。そして肌、キレイすぎる。

数年前に録画をしていたBob Dylanのドキュメント映画
No Direction Home」を観まくってたワタシにとって、
曲はアレンジなさりすぎて、分からないものもあったのですが;
酔わせる、オーラが凄かったな・・・。


***3/16(tue)Set List***
1.Cats In The Well
2.This Wheel's On Fire
3.Summer Days
4.I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met)
5.Forgetful Heart
6.Most Likely You Go Your Way (And I'll Go Mine)
7.John Brown
8.Under The Red Sky
9.Honest With Me
10.Masters Of War
11.Highway 61 Revisited
12.Po' Boy
13.Thunder On The Mountain
14.Ballad Of A Thin Man
(encore)
15.Like A Rolling Stone
16.Jolene
17.All Along The Watchtower




さて、美味しい日記に戻ろう(笑)

この日は、Dylanライヴ後のメンバー総勢8名で、
トラットリア パッパ」さんの姉妹店
baR pappA」さんへ。


私はライヴおあずけ(笑)残業後に合流。
で、Dylanネタ、音楽ネタで大盛り上がりの、
打ち上げ的、楽し旨しひととき♪



*前菜盛り合わせ
b0118001_22485230.jpg
キビナゴ、生ハム、キノコのマリネほか、どれも丁寧に作られた味わいで
ビール、止まらなくなる・・・。
この日、お酒ラヴァーは私と美人マダムのふたりだけだったが、
遠慮もなしに、ふたりでグイグイ(笑)



*里芋とゴルゴンゾーラチーズのグラタン
b0118001_22492562.jpg
pappaさんのこの逸品、大好物なワタシ(家でも何度かトライ!)
ねっとりとした芋と、チーズソースの深みのあるコク、
素晴らしいシナジー☆おかわりしたい(笑)



*自家製ソーセージ
b0118001_22495931.jpg
まだ酔うていないんだが手ブレ;
ボリュームしっかり。ハーブ類の風味もよく、肉汁迸る。



b0118001_22501918.jpg
白身魚とトマトソースのペンネ。ソースのこっくりとした深み、
これは白が進みすぎました(笑)



b0118001_22503857.jpg
ウニと生クリームのタリアテッレ。
濃厚なウニの風味が口にじんわりと充満する、エロティックな美味しさ。



そして、この鯖も素晴らしかった!
b0118001_2251136.jpg
よう肥えてはる鯖です。エッジが効いた一切れを頬張ると、
脂のノリと、しっかりとした身の旨味。
鯖大好きな鯖子kaorinにとっては、こちらもたまらん逸品でした。



そうそう、ワタシがほぼ毎日、見させてもろてるblogに
Pappaオーナーシェフ松本さん渾身
Pappaのお魚ブログ!」がある。

「おっ、これって、今日書いてはったあの静岡の鯖!?」って、嬉しくなりました♪


気付けばすでに0時を回っていただろうか・・・。
しかし、深夜でも美味なるお料理をしっかり、
かつ気軽に食べられるバール、ステキすぎる。
南堀江に住んでいた頃、よく通わせてもろてた。
なんだか懐かしくもあり、また明日も来たいな、と感じる、バールだ。



その後、2階の「PAPPA BAR」へ移動し・・・
またまた長居させていただくことに。

こちらの空間、ほんとに凄いです。
金子國義先生の油彩画をはじめ、版画の展示、オールドバカラ、
器は古伊万里だし、シガーのお皿もカッコイイし。
アート愛好家のお方をはじめ、メンバーはみな、
それぞれの視点で響いてはったな。


ダンディな皆さんは、
バールパッパさんの手づくりジェラートを頬張り、
b0118001_2253521.jpg
春菊のプリン!なんてナイスなドルチェも登場♪


そして、サプライズなHappy Birthdayも!
b0118001_22553743.jpg
毎日、祝われまくりのKちゃん(笑)この日もおめでとう!



「PAPPA BAR」さん、次回は旨しお酒をたっぷりといただきに
おじゃましたいと思います☆


baR pappA
大阪市西区新町2-12-4
06-6536-4186
open : 16:00~翌3:00(翌2:00LO)
close: 日曜、第3月曜


PAPPA BAR
大阪市西区新町2-12-4-2F
06-6536-4187
open : 19:00~27:00(※17:30~21:00はno charge)
close: 日曜、第3月曜



思い出の一曲☆
Jorma Kaukonen / Genesis

by writer-kaorin | 2010-03-18 23:09 | baR pappA | Comments(2)