カテゴリ:タンポポ( 27 )

 

tanpopo @堂島から北新地へ。11/7移転open★

2017/11/7
堂島から北新地・永楽ビルへと移転した「tanpopo」。
鉄板焼・お好み焼にイタリアワインの妙味を楽しませてくれるのは
このヘベレケ日記でもお馴染みですね。
店主・神谷圭介さんがついに、始動!
b0118001_22301269.jpg
移転openおめでとうございます。
この日は毎度の4人で突撃だ。
食雑誌のエディター、カメラマン、シェフ、ワタシ。
公私共にお世話になっている友達たち★


前の「tanpopo」を知っている人は「おぉぉっ!」となるハズ。
b0118001_22305170.jpg
まず目に飛び込むのがウォークインセラー★
イタリアワインを軸に据える「tanpopo」ならではだろう、
イタリア各州のマニアックなが多数揃う。


ツヤ消し的シルバーを基調にした店内は、おしゃれシックな寛ぎ空間。
b0118001_22312296.jpg
カウンター席もテーブル席もゆったり取ってあるから、
入店して早々、居心地いぃわ〜となる。
しかも、個室もあるとのことで。それについては後ほど述べるとしよう。


泡で乾杯★
b0118001_22314482.jpg
「DOSS24 Trento DOC /CEMBRA」
from トレンティーノ=アルト・アディジェ州
清涼感とミネラルたっぷり。



b0118001_22320317.jpg
アミューズは三河湾のアサリを使ったチャウダー。
アサリはぷっくり厚みあり、味わい深い。


お料理はアラカルトが主体。
前日までの予約で、コース料理(6500円〜)も用意しているとのこと。
この日はアラカルトで。



*カリッと焼いた豚バラとアスパラガスのサラダ仕立て
b0118001_22322112.jpg
「懐かしいわぁ〜」と、久しぶりに味わう「tanpopo」の名物に嬉しくなる。
アスパラから溢れ出るジュは、甘みも香りも強いし
黄身のコクと豚バラの旨みで飲ませるサラダとなるわけ。



*大根ステーキ
b0118001_22323663.jpg
じゅわり、と迸るだしは
塩味(えんみ)やさしく、じんわりじんわりと広がるうま味。
黒コショウをぱらっとかければ、ぐっと締まりのある味わいに。



*セコガニのさつまあげ
b0118001_22325480.jpg
時季により食材が変わるさつまあげ。今回はセコガニ!!
セコガニLoverとしては、いっとかんとあかんでしょ、と即注文した品だ。

b0118001_22332112.jpg
生地のなかに、内子と外子が入ってて、
そのホクホク感、プチプチ食感よろしく
優しい甘みの生地から、セコガニの深い旨みが押し寄せるでないか!



*明石焼き風オムレツ
b0118001_22335646.jpg
オムレツのトゥルンとした半熟加減と
上品なだしのうま味に、ニンマリしてしまった。
器が醸すシックな赤とのコントラスト、なんだかカッコイイ美しい。



*とろろ焼 桜エビ&するめ
b0118001_22341199.jpg
生地はぽってり粘り、そして甘みがあり
表面にまぶした桜エビとするめは、カリリ香ばしく旨みの嵐で
めちゃくちゃいい仕事してる。



*レンコンの肉詰め
b0118001_22343273.jpg
ジューシー&ホクホク。
ブドウを練り込んだマスタードをつけて味わえば、ぐっとワイン寄りのテイストに。
ソテーしたカーボロネロ(黒キャベツ)は食べごたえあるわ。



ワインは皆、それぞれグラスで白、赤いろいろと。
b0118001_22345477.jpg

b0118001_22351645.jpg

b0118001_22353105.jpg
この赤、若いけれどじつにジューシーで、この後続く
コッテコテやないソース系メニューとバッチリな相性だった。



*特製 細めん焼きそば(イカ)
b0118001_22354902.jpg
麺のカリリッ感、咀嚼するほど感じるコシ。独特の食感だ。
ソースは皿に残らないくらい、蒸発させ&麺に染み込んでいるから
噛めば噛むほど、複雑なコクが広がるの。



*ブタ焼きそば
b0118001_23402911.jpg
リングイネを使うのが「tannpopo」ならでは。
アルデンテな茹で&炒め加減、コク深くほんのり甘めのソースが絡む。



そしてそして〜
誕生日を間近に控えるJun姉さんへ
バースデーケーキならぬ、バースデーお好み焼き!(豚玉)
b0118001_22362034.jpg
「tanpopo」では事前にtel相談入れてたら
 バースデーお好み焼きを作ってくれるそうな。ムラジーナGrazie!

Happy Birthday〜♪
BGMに流れるバースデーソングが、
The BeatlesとかStevie Wonderなどお馴染みのそれではなく
Carole Kingの「Birthday Song」
ってところが店主・神谷さんらしいし、センスあるわぁ。


バースデーお好み焼きは、シンプルな構成につき
別皿でソース、マヨ、和辛子、鰹節が。
b0118001_22373240.jpg


b0118001_22374471.jpg
豚玉は、所々キャベツの茎のホクッとした食感もあり
そのキャベツの甘みをぐぐっと感じたな。
重たくないから、ノンストップで食べ続けられる。
毎度なみんなとのトークも、それはノンストップで楽しい夜となったのでした。



さて個室情報。
b0118001_22380198.jpg
おそらく5人、入って6人くらいのこじんまりとした個室アリ★
接待に、はたまた関西圏外からのお客さんをもてなす場として
あるいは芸能&音楽関係者にも重宝すると思うな。


鉄板焼&イタリアワインを軸に据えながら、新たに「銅板焼」メニューもオンリスト。
次回は銅板焼メニューもいただきたいと思う。
変えたこと、変えないこと、それらが明確だから
懐かしさと新しさとがシンクロして、ホッとしつつもテンション上がりっぱなし。
パワーアップした「tanpopo」を堪能させて頂きました。
神谷さん、スタッフの皆さん、改めておめでとうございます★


鉄板焼・銅板焼 KITASHINCHI「tanpopo」
大阪市北区曾根崎新地1-10-16 永楽ビル6F
06-6344-2888
open : 18:00〜0:00(月〜金曜)、18:00〜22:30(土曜・祝日)
close: 日曜



Carole King ~ It's Too Late (1971)



by writer-kaorin | 2017-11-16 22:27 | タンポポ | Comments(0)  

タンポポ @ソース恋しや

お好み焼き&鉄板焼き、イタリアワインのお店「タンポポ」にて
いつものメンツでおいしい夜。
b0118001_8414877.jpg
カンパリソーダで、カラッカラの喉を潤します。
数日前に、カンパリの三角形の小瓶の話で盛り上がり、つい頼んでしまった。


(その小瓶とはコレコレ)
b0118001_842517.jpg
1932年にイタリアのデザイナーのデペーロがデザインしたとか、
20年ほど前イタリア旅の土産に重宝してたとか、
現地滞在時に、しょっちゅう飲んでいたとか、
今は輸入がストップしてるとか、そんなたわいもない話♪
懐かしい思い出やわぁ。



*白菜のポタージュ
b0118001_8421968.jpg
ハフハフ味わえば、広がりゆく優しい甘み。
クミンほかスパイス利かせた鶏ミンチがいい仕事してる。



*天然鯛のサラダ仕立て
b0118001_8423616.jpg
醤油ベースのタレを絡めた鯛は脂のりよく、
咀嚼するほどに、山椒と茗荷がふんわり香る。


b0118001_8425069.jpg
新作のさつま揚げは「堀川ごぼうと穴子」。
ゴロリと入った堀川ごぼうは、ホクッとしていて深い香り。
さらには穴子の風味が生きている。



*大根ステーキ
b0118001_8521620.jpg
私はネギどっさりのほうで。
ジュワリ、滲み出るは大根の甘みと鶏だしのうま味。
二口目はブラックペッパーをハラリと振り、エッジの利いた味を楽しむ。



*たこポンもやし炒め
b0118001_8432283.jpg
半生っぽさを少し残した、たこの火入れドンピシャ。
もやしとともに、さっぱりと。


*tanpopo風とん平焼き
b0118001_843399.jpg
ふぁっふぁの卵に優しく包まれた
程よい厚みの豚肩ロース。
そこに、欲していたソースのコクが絡み合う。



*豚玉
b0118001_8532930.jpg
いつもの豚玉。
凝縮感あるソースの旨みと、ふぁっと優しい生地との調和。
キャベツはググッと甘みを増したなぁ。
途中、和ガラシをちょんっと付け、その辛みとソースの相性を堪能したのでした。


ソースを欲していたカラダが落ち着いた(笑)
帰国して何が食べたいって、味噌汁でも白ご飯でもなく、
私は、お好み焼きとたこ焼き(こちらはソースなし)だと思うの。
この日も、美味しくて楽しい夜をGrazie!でした☆


「タンポポ」
大阪市北区堂島2-1-36 クニタビルB1
06-6344-2888
open : 11:30〜14:30LO、18:00〜23:30LO(土曜は18:00〜22:0LO)
close: 日曜、祝日
http://dolcezza-tanpopo.com/index.html


DOOBIE来日♪ http://udo.jp/Artists/DoobieBros/index.html
The Doobie Brothers - Jesus Is Just Alright

by writer-kaorin | 2017-01-04 08:53 | タンポポ | Comments(0)  

タンポポ @いつもの味と新味と

梅田で取材を終えた水曜夜(まだまだ食べますw)
堂島「タンポポ」で待ち合わせ。


*いろいろキノコのポタージュ
b0118001_7452357.jpg
じんわり広がるキノコの旨みに、
カラダ全体が癒される。



*トマトとモッツァレラのサラダ
b0118001_746962.jpg
トロ〜リとなめらかなモッツァレラに、
トマトのスキッとした酸味。
ドレッシングの馴染みもよい、飲ませるサラダだ。



*ピリカラこんにゃく焼き
b0118001_7462439.jpg
コンニャクに染みたダシのうま味と
適度なピリ辛感が堪んない。



*豚肩ロースとメンマの鉄板焼
b0118001_7463951.jpg
豚肩ロースは思いの外、ふっくら柔らか。
メンマの食感心地よく、優しい旨みのタレがいぃ具合に絡むの。



*穴子とゴボウのさつま揚げ
b0118001_7465490.jpg
ほんのり甘めの生地を咀嚼するほどに
穴子とゴボウ、それぞれの食感や風味が押し寄せる。
山椒醤油はヒリヒリ感あり香りもよし。いい仕事してるわ。
タンポポのさつま揚げは、季節により具が異なる。
それが楽しみのひとつでもあーる。



*豚玉
b0118001_7471163.jpg
いつもの豚玉。他のお好み焼きも食べてみたいのだが、
豚玉となってしまう(笑)
ずしっと重量感あるが、口に運べばファッと軽やか。
いくらでも食べられそうでした。


丁寧に作られたいつもの味、そして季節の味に
心もカラダも癒された夜でした〜☆
神谷さん、いつもありがとうございます。
(カープ打ち上げ話、今度聞かせてくださいね〜!)


「タンポポ」
大阪市北区堂島2-1-36 クニタビルB1
06-6344-2888
open : 11:30〜14:30LO、18:00〜23:30LO(土曜は18:00〜22:0LO)
close: 日曜、祝日
http://dolcezza-tanpopo.com/index.html


STEELY DAN - Reelin in the Years (1973)

by writer-kaorin | 2016-10-12 07:48 | タンポポ | Comments(0)  

タンポポ @夏味、泡、豚玉

堂島「タンポポ」で久々ナイツ。
b0118001_23174634.jpg
ジメジメした時期だから、スプマンテ、ぐいぐい進む。



*長芋とオクラのすり流し 蟹身
b0118001_23182759.jpg
とろり粘り心地よく、蟹身の甘みとスキッとした酸の余韻。



*トマトとモッツァレラチーズのサラダ
b0118001_23184477.jpg
シンプルで旨いなー。
トマトは張りよく、懐かしい香りがする。泡、2杯目!



*ピリカラこんにゃく焼き
b0118001_23191067.jpg
だしの染み具合よく、
ずっと食べ続けていたい味。



*実山椒と明石タコのさつま揚げ
b0118001_231926100.jpg
ピリリとした実山椒の刺激、香りに続き
タコや生地の旨みが溢れ出るの。
季節ごとにタネが異なるタンポポ流さつま揚げ、
いつも楽しみにしてるのだ。



*賀茂茄子の鉄板焼き
b0118001_23194653.jpg
すこぶるジューシー!あけがらし、よう合うてる。



*豚玉
b0118001_2320203.jpg
いつもの豚玉。香りよく、ふぁっと軽やかなテクスチャー。
キャベツの甘みが強い気がした。
途中、和ガラシをちょんっと付け、鮮烈な辛みをアクセントに。
おすすめの赤をグラスでいただきつつ、ゆるり心地よい時間。


大好きな夏はすぐそこ(梅雨よはよう明けてくれ〜)。そんな夏計画を考えながらの
夏味、泡、ワイン。もちろん豚玉もおいしいタンポポなのでした。



「タンポポ」
大阪市北区堂島2-1-36 クニタビルB1
06-6344-2888
open : 11:30〜14:30LO、18:00〜23:30LO(土曜は18:00〜22:0LO)
close: 日曜、祝日
http://dolcezza-tanpopo.com/index.html



BECK'S BOLERO - Jeff Beck Live At Ronnie Scott's

by writer-kaorin | 2016-07-14 23:23 | タンポポ | Comments(0)  

タンポポ @お好み焼きとイタリアワインと

堂島界隈で仕事を終え、
鉄板焼きとお好み焼き、イタリアワインのお店
「タンポポ」で晩ご飯。
b0118001_7415145.jpg
まずは、いつものフランチャコルタ。
繊細な泡立ち、味わい深い。


b0118001_742699.jpg
付き出しは、三河湾のアサリのチャウダー。
アサリがごろごろと入り、旨み濃厚。



*ふきのとうと明石ダコのさつま揚げ
b0118001_7422077.jpg
自家製の練り物を、鉄板で焼きあげたそれは
アッツアツのフッアフア。
明石ダコはぷっりぷり。そこに、ふきのとうの香りとほろりと苦味が広がる。



*ピリカラこんにゃく焼き
b0118001_7423644.jpg
下味を付けたコンニャクの味わいと、ピリ辛のバランスが好きで好きで。
毎回オーダーする品のひとつ。



*特選牛ステーキ
b0118001_7425040.jpg
この断面にうっとり。まずは藻塩で。
香りよく、噛むほどに肉そのものの旨みが滲み出る。
下に敷いたモヤシや、葉付きタマネギひとつをとっても、旨い、甘い。


b0118001_743520.jpg
「Pian del Ciampolo 2013 Montevertine」
肉とお次の豚玉に合わせてトスカーナの赤を。
ピュアな果実味。適度な酸の余韻も美しい。



*豚玉
b0118001_7431874.jpg
赤ワインを隠し味に用いたソースの複雑味に、ワインが呼応する。
ふわっと軽やかな生地には、キャベツの甘みがギュッと凝縮。
和ガラシ、自家製のショウガ甘酢漬けを交互につけて楽しむ。


b0118001_7433254.jpg
バニラアイスで〆。


この日は、鉄板前のカウンターで
店主・神谷さんとあれこれトークしながらのおいしい夜でした。

そうそう、3/4に「タンポポ」の姉妹店であり
イタリアワイン専門ショップ「Enoteca il Soffione(エノテカ イル ソッフィオーネ)」が
4周年を迎えられたそうで。おめでとうございます〜!
ワインショップなのだが、ワインBARカウンターも新たに設けられたとの情報。
近々ワインを購入しに、飲みにおじゃましよ♬
https://www.facebook.com/EnotecailSoffione/?fref=ts


「タンポポ」
大阪市北区堂島2-1-36 クニタビルB1
06-6344-2888
open : 11:30〜14:30LO、18:00〜23:30LO(土曜は18:00〜22:0LO)
close: 日曜、祝日
http://dolcezza-tanpopo.com/index.html


STEELY DAN - Reelin in the Years (1973)

by writer-kaorin | 2016-03-07 07:46 | タンポポ | Comments(0)  

タンポポ @堂島

桜橋でミーティングを終え、
ご近所「タンポポ」で晩ご飯。
b0118001_1353253.jpg
1杯目は「Contadi Castaldi Franciacorta Brut」
泡は肌理細かく、エレガンテ。


*じゃがいもの冷たいスープ、海老、バジル
b0118001_13534672.jpg
スープは透き通った甘み。
ミキュイの海老とバジルの香りがいい具合に絡み合う。


*カリッと焼いた豚バラ肉とアスパラガスのサラダ
b0118001_1354233.jpg
黄身にナイフをスッと入れていただきます。
太いアスパラは、どこまでもジューシー。
豚バラと葉野菜、ドレッシングの馴染みもドンピシャ。


*ピリカラこんにゃく焼き
b0118001_13542131.jpg
嗚呼、旨い。
だしのうま味が、こんにゃくの中心にまで染み渡っている。
なんぼでも食べれそうなくらい、飽きないおいしさだ。


b0118001_13544230.jpg
次の料理に合わせてピエモンテの赤を。
「Langhe Rosso 2012 G.D. Vajra」


*特選牛ステーキ
b0118001_13545999.jpg
この日は宮崎産黒毛和牛のマルシン。
メイラードな表面はカリリ香ばしく、
ロゼ色した身はやわらかな肉質で、肌理も細かい。


*豚玉
b0118001_13551210.jpg
いつもの豚玉を、和ガラシとともに。
粉はつなぎ程度、キャベツの甘みが凝縮した生地は
食べごたえがあるのに、重たさは皆無。
ソースの複雑味が、ワインを欲してやまない。


いつもの焼きそばもいただきたかったのだが次の機会に。
心もお腹も満たされた、満腹至福なおいしい夜でした☆


そうそう、10/11(日)に開かれる「食フェスティバル」に
「タンポポ」神谷さんが屋台出店されます!
b0118001_13552939.jpg


b0118001_13554168.jpg
場所は大阪市中央区、淀屋橋~本町エリア。
御堂筋から3本東にある、三休橋筋(高麗橋~瓦町間)周辺が会場となってます。
詳しくは、先日書いた告知をご覧くださいっ♬ コチラ!



「タンポポ」
大阪市北区堂島2-1-36 クニタビルB1
06-6344-2888
open : 11:30〜14:30LO、18:00〜23:30LO(土曜は18:00〜22:0LO)
close: 日曜、祝日
http://dolcezza-tanpopo.com/index.html



TOTO来日決定〜!行く!♬ http://udo.jp/Artists/Toto/osaka.html

Toto - Hold the Line (35th Anniversary Tour - Live In Poland)

by writer-kaorin | 2015-10-03 13:57 | タンポポ | Comments(0)  

タンポポ @夏味とイタリアワインと

お好み焼きを欲し、堂島「タンポポ」で晩ご飯。
b0118001_721767.jpg
トレンティーノ=アルト・アディジェのスパークリングワインで喉潤す。
キリッと引き締まった酸のおかげで、火照った身体、クールダウン。


*焼きナスの冷製スープと鱧
b0118001_7212185.jpg
ナスの清々しい香りに続き、
プリッと心地よい弾力の鱧が顔を覗かせる。
この冷たさもえぇわぁ。


*トマトとモッツァレラのサラダ
b0118001_7213625.jpg
トマトは張りがあって、甘みも酸味もくっきり。
モッツァレラとの組合せにより、泡おかわり、となる。


*トウモロコシとホタテのさつま揚げ ディルの香り
b0118001_7215033.jpg
好きな器に盛られ、テンション上がりますやん♬
季節素材を用いた「タンポポ」流さつま揚げのファンだ。
コーンのピュアな甘み、ホタテの旨みが重なり合い、ディルの余韻。


*ピリ辛こんにゃく
b0118001_7222570.jpg
他のメニューを頼みたいところなのだが、ついつい
これは毎回、注文してしまう(笑)


b0118001_7225024.jpg
トレンティーノ=アルト・アディジェの
ソーヴィニヨンブランを。ミネラル感しっかり。


*豚キムチ
b0118001_723225.jpg
キムチはそこまで辛味はなく、
ふっくらとした豚肉、ポン酢のようなやや酸を感じさせるタレとの相性大。


*タンポポ風じゃこめし
b0118001_7231846.jpg
梅肉の酸味とやや甘めのじゃこ、めっちゃ合う。
そして豚玉へと続く。炭水化物Wって大阪っぽいな(笑)


*豚玉
b0118001_72332100.jpg


b0118001_7234339.jpg
香り高く、鮮烈な辛味の和ガラシを少しつけて。
生地はふわりと軽やかで、キャベツの甘みやソースの複雑味が心地よく押し寄せる。


以上、いつも安定感と発見のあるおいしいお料理を
ありがとうございます!
この日は、「タンポポ」で16年勤務された大ちゃんこと大山さんに
「お疲れさまでした!」をひと言伝えにおじゃました夜でもあった。
大ちゃんホントにお疲れさまでした(^^)

「タンポポ」
大阪市北区堂島2-1-36 クニタビルB1
06-6344-2888
open : 11:30〜14:30LO、18:00〜23:30LO(土曜は18:00〜22:0LO)
close: 日曜、祝日
http://dolcezza-tanpopo.com/index.html



Steve Earle - Copperhead Road

by writer-kaorin | 2015-08-03 07:30 | タンポポ | Comments(0)  

タンポポ

無性にソース系を欲し、仕事帰りの
堂島「タンポポ」さん。
b0118001_1248793.jpg
フランチャコルタで喉を潤す。
かけつけ2杯。


*付き出し
b0118001_12482196.jpg
「射手矢農園」のキャベツのスープ。
隠し味にリンゴ。やさしい甘みとほのかな酸味。
桜海老とパルミジャーノのカリカリ、いいアテやわ。


*ふきのとうと明石ダコのさつまあげ
b0118001_12493887.jpg
生地はフルフル、じんわり甘みが広がるとともに
ふきのとうのほろ苦さ、
そして明石ダコのプリンッと心地よい食感。
これは旨いわ。聞けば、鱧をすり身にするところから自家製。
「さつまあげ」という名だが、揚げてはおらず、鉄板でじわり火入れするそう。
旬素材を使った、季節のさつま揚げ、オンリストしてほしい(笑)


*ピリカラこんにゃく焼き
b0118001_1249521.jpg
いつも頼んでしまう。コンニャクの芯の芯まで染んだダシのうま味、
ピリ辛感、クセになるおいしさ。


*特選牛ステーキ
b0118001_1250533.jpg
部位も産地も聞き忘れ。脂はサラリとしていて
噛みしめるほどに肉の赤身の旨味。
なにげに、下に敷かれたモヤシが太くて甘くて旨い。


*Chianti Classico 2012 Buondonno
b0118001_12501663.jpg
果実味豊か。エレガントで、繊細なタンニンの存在しっかり。


*豚玉
b0118001_12502933.jpg
厚みのある生地は、いつもながらファッファ。
赤ワインを加えたソースの凝縮感ある旨味、酸味のおかげで
ワインを飲むピッチが加速する。

b0118001_12504374.jpg
鮮烈な辛み、いい香りの和ガラシをちょんとつけて。
豚玉はいきなり、スキッとした表情をみせる。


*特製 細めん焼きそば
b0118001_12505842.jpg
自家製ポン酢や、ソースをブレントした、さっぱりとしたタレが絡む。
その麺は、細いのにコシしっかり、噛めば噛むほど粉の香りを感じ、
所々、カリリと香ばしいところもあって、飽きさせない。
嗚呼、海苔の香りもえぇわぁ。ショウガ甘酢漬けとの相性もナイス。


*タンポポ風オムそば
b0118001_12511226.jpg


b0118001_12512318.jpg
細めん焼きそばは、さっぱり、うまい。のに対し、
こちらはソースの旨味をとことん楽しむ感じ。でも、ひつこさや濃さはなく、
トゥルン、ジュルッと、麺とソースの絡みをとことん楽しんだ。


いつもオーダーするメニューが一緒だけど
最近は「食べたことないメニュー、注文しよ」が多い。
何を頂いても、発見性あるおいしさと、安定感あるおいしさが共存するから
いつもワインが止まらない(笑)


「タンポポ」
大阪市北区堂島2-1-36 クニタビルB1
06-6344-2888
open : 11:30〜14:30LO、18:00〜23:30LO(土曜は18:00〜22:0LO)
close: 日曜、祝日
http://dolcezza-tanpopo.com/index.html


MOTT THE HOOPLE - All The Young Dudes

by writer-kaorin | 2015-04-04 12:52 | タンポポ | Comments(0)  

タンポポ @初めての味とイタリアワインと。

鉄板焼き お好み焼き イタリアワイン「タンポポ」で
いつものおいしい夜。
b0118001_22462646.jpg
「Contadi Castaldi Franciacorta Brut」
繊細な泡立ち、爽やかな果実味。
フランチャコルタ、グラス2杯を
気持ちよく飲み終えたタイミングで
待ち人やって来る(笑)。


*松波キャベツのスープ パルメザン桜えび
b0118001_22463964.jpg
「射手矢農場」http://www.tamanegi.tv/
射手矢康之さんが手塩にかけて育てておられる松波キャベツ。
香り高く、驚くほど甘い。贅沢なスープやわ。
桜えびの澄んだ風味広がる、パリパリのパルメザンのおかげで
フランチャコルタ、さらにススム。


*ととろ焼き 桜えび&スルメ
b0118001_22465465.jpg
何十回とおじゃましていながら、初めていただく「とろろ焼き」。
スープで桜えび食べたい気分に火がつき、
トッピングは桜えび&スルメ。両者の素材の旨みが滲み出た生地は、
かりりっと繊細な香ばしさに続き、とろっとろ、ふぁっふわ。
舌の上で軽快に、その存在をしらしめる。


*ピリカラこんにゃく焼き
b0118001_22471082.jpg
こんにゃくの中心にまで染み渡る、ダシの旨み。
程よい辛み+香りのおかげで、
おかわりしたくなる。


この後、ウンブリアの赤
「Montefalco Rosso 2010 Scacciadiavoli」を愉しみつつ


*豚メンマ
b0118001_22472452.jpg
この厚みのあるメンマ、好き♡
メンマの懐かしい風味と、豚肉の脂のコクとが
メイラード反応によりえぇ具合に融合。
自家製ポン酢か、その爽やかな余韻、心地よく
それらに負けじとキャベツの甘みが主張する。


*豚焼そば
b0118001_22475230.jpg
リングイネの麺の香りを感じつつ、
ツルンッと舌触りいい。
濃すぎず、薄すぎずのソースの加減、そして後味じつに爽やか。


この日はレアなスタッフにも会えたし(^^)
美味なる料理の数々に、イタリアワインが進んだ夜でした♪


「タンポポ」
大阪市北区堂島2-1-36 クニタビルB1
06-6344-2888
open : 11:30〜14:30LO、18:00〜23:30LO(土曜は18:00〜22:0LO)
close: 日曜、祝日
http://dolcezza-tanpopo.com/index.html



Monkees - Daydream Believer - Music Video From TV

by writer-kaorin | 2015-02-14 22:51 | タンポポ | Comments(0)  

タンポポ

新地での取材アフター、
鉄板焼き お好み焼き イタリアワイン「タンポポ」さんへ。


*付き出し
b0118001_817791.jpg
ビーツのスープ。その独特の大地の味わい、ナチュラルな甘みに
クリームチーズのまろやか&爽やか風味がマッチ。
ビーツはお家ご飯でも大活躍の、大好物。



*カリッと焼いた豚バラ肉とアスパラガスのサラダ
b0118001_8134099.jpg
アスパラは太くて、味もしっかり。
黄身、さっぱりとしたドレッシング、豚バラ肉の旨みが
野菜に絡み、ワシワシ食べてしまう。


b0118001_8135585.jpg
ビールの後は、Cascina Ballarin
Langhe Nebbiolo 2011
果実味豊か。そしてエレガンテ。



*ピリカラこんにゃく焼き
b0118001_8152556.jpg
味の染み具合がちょうどいい。
先ほどのサラダと同様、いつも頼んでしまう。



*特製 細めん焼きそば
b0118001_8142826.jpg
この麺、ほんまに風味がいいわ。
自家製ポン酢や、ソースほか、神谷さんブレンドのタレが
麺に絡み、噛みしめるほどにじんわりと旨みが広がる。
生姜の甘酢漬けとともに味わえば、爽やかな余韻。



*豚玉
b0118001_814309.jpg
ファッフア。キャベツのナチュラル甘み。
複雑味のあるソースが、赤ワインを欲してやまない。


テーブル席には毎度!な方々のお姿も☆
いつものおいしい楽しいタンポポさんナイツでした。
ご馳走様でした☆


「タンポポ」
大阪市北区堂島2-1-36 クニタビルB1
06-6344-2888
open : 11:30〜14:30LO、18:00〜23:30LO(土曜は18:00〜22:0LO)
close: 日曜、祝日
http://dolcezza-tanpopo.com/index.html


Lynyrd Skynrd - Sweet Home Alabama

by writer-kaorin | 2014-10-17 08:16 | タンポポ | Comments(2)