カテゴリ:Casa Mono( 1 )

 

Casa Mono @NYC

さて、NYCネタに戻り・・・

朝、セントラルパークでのジョギングを終え、
ユニオンスクエアでお買い物。
その後、グラマシー地区のスパニッシュ・タパス・レストラン
Casa mono」へ。


b0118001_873649.jpg
外観、なんだかすんごっく、New Yorkっぽいなぁ。
あぁ、ほんま、近所に住みたい…。
お店は、オープンキッチンのカウンター&とてもこじんまりとしたテーブル席。



料理は、タパスだけあって、一皿のポーションがえぇ感じ。
1人3皿を目安に、とサービスのお兄さん。
でも、1時間前まで、ビール&ポムフリだったため・・・(汗)
ちょこちょこ、ツマミつつ飲むことに。


b0118001_881070.jpg
ビールで喉を潤した後、マンサニージャへ。
ずーっと、これで通すことに。
ディナータイムだけれど、外は明るく、昼酒な心地。



b0118001_883664.jpg


b0118001_884885.jpg
いちいち旨い。



*Jamon Iberico
b0118001_89174.jpg
ハモン イベリコ、塩加減申し分なく、香りが素晴らしい。
シェリーのピッチ、早まる早まる。




*Scallops with Rhubarb and Favas
b0118001_89388.jpg
のけっから、素晴らしい!
いわゆる、ホタテのソテー、空豆とルバーブ。
肉厚ホタテの火入れ、完璧。
そして、こっくり甘酸っぱいルバーブのソース、後味軽やか。




*Calamares Fritos
b0118001_8101124.jpg
小イカのフライ。こちらのおかげでビールに出戻り(笑)
カイエンペッパーの辛味が、アクセントに。




*本日のおすすめサラダ
b0118001_8103748.jpg
Union Square Green Market
(ユニオン・スクエア・グリーンマーケット)で購入した、新鮮な野菜だそう。
このマルシェ、毎回NYCに来るたびにおじゃまするが、
野菜やパンから加工品に至るまで、どれもほんとに旨い。
ホワイトバルサミコを利かせた野菜たちはどれも、力強い味わいでした。



*Lobster with Peas and Crispy Jamon
b0118001_8114418.jpg
ロブスターと蛤、ハモンの旨味が重なり合う。




*Pork Croquetas with Green Tomatoes
b0118001_8121857.jpg
クロケットの中には、リエットのように繊維柔らかな豚肉。
これがグッとパンチのある味わいゆえ、
グリーントマトのフレッシュ感や、アスパラのピュレの軽やかさとの
コントラストが良い。野菜もいちいち旨し。



*Duck with Asparagus and Smoked Pintxos
b0118001_8123814.jpg
鴨の火入れ、なかなかやりよる。
何のピンチョスだったかド忘れ;
チャツネの甘みを生かしたソース、いぃ感じでした。



*Oxtail Stuffed Piquillo Peppers
b0118001_813379.jpg
くたくたに煮込んだ牛テールを、赤ピーマンで包んだお料理。
「〜Stuffed Piquillo Peppers」は、スペインのバルでよく見かけるが、
この牛テールの崩れゆく食感とピーマンの甘さが、忘れられない。


b0118001_8132658.jpg
何回転してるの?ってほど、ずーっと満席状態。
お客さんは、ビジネスマンやアッパーな感じのお方が多い。
でも、お料理はカジュアルだがどれも、丁寧さが窺えるものばかり。
隣には同系列のバル「Bar Jamon」も。
今度は、そっちで、ヘベレケになるのもいいな(笑)
ベルーガの田打さん、えぇ店でした、情報おおきにです!


b0118001_8135251.jpg
ハァーッ。シェリー片手に、
窓越しの景色をボーッと眺めているだけで、至福・・・。
b0118001_8251572.jpg





Casa mono
52 Irving Pl.
(E17th st)



Bruce Springsteenなかなか出てこないけど(笑)
U2 & Bruce Springsteen / I still haven't found what I'm look

by writer-kaorin | 2010-05-31 08:27 | Casa Mono | Comments(0)