カテゴリ:野口太郎( 4 )

 

野口太郎

I姉さんとサシ飲みの夜。
「野口太郎」さんへおじゃましました。
じっくり腰を据えての野口太郎さんナイツはホントに久しぶり。


*冷やし茄子 北海道浜中町の雲丹
b0118001_2346998.jpg
茄子は清々しい風味を保ち、雲丹は甘く濃厚な海味。
ジュレ状のおダシも澄みきったおいしさで、
ふたりともテンション急上昇。



*時不知(トキシラズ)
b0118001_23462293.jpg
春から夏にかけて沿岸で稀に獲れる鮭。好物のひとつだ。
産卵前の若い鮭だったと思うが、脂のりがすごく良くってトロリとした身質が好き。



ビールの後は、冷酒の口やな。
*水神 純米大辛口
b0118001_2346378.jpg


b0118001_23464780.jpg
ひと口目から感じられる辛口のインパクト。
スパッとキレのよい酸味もすばらし。



*韓国 鱧炙り
b0118001_2347141.jpg
皮は柔らかく、ぷっくりと肉厚!そして脂のキレイなこと。
お塩をちょんっとつけてまず、ひと口、
赤唐辛子×柚子胡椒も、香りと辛みがいいアクセントに。
姉さんも飲みます。
マラソンと一緒で、ピッチが早いとこっちもピッチが早くなる。
(飲みをマラソンに喩えてえぇんか!?(汗)


b0118001_23471424.jpg
タロさんの炙り、スタート!



*和歌山 鰹の藁焼き
b0118001_23472832.jpg
藁焼きの心地良い香りと
脂のノリといったら・・・(無言)。素晴らしい!
自家製ポン酢の、柑橘系の複雑な香りもニクい。


b0118001_2348120.jpg
タロさんの右腕、海老蔵…いや、ヒデさん(^^)
ふったりしてオトコマエだわ(笑)



*愛知 ヤングコーン
b0118001_2348199.jpg
房付きのまま炭焼きにすることで、大地の香り、鮮烈。
石垣島の古酒味噌×マヨ。このソースがまた秀逸なのです。



*舞鶴 鳥貝(生)
b0118001_23483413.jpg
澄みきった海味、香り。シャクッとした歯応えの後に、
スゥーっと蕩けるような、甘みの余韻。陶酔。



*ズッキーニとその花 素揚げ
b0118001_23484154.jpg



なんと・・・花のなかには
b0118001_2349991.jpg
さつま揚げが入っているではないか!
ファッフア、優しい甘みが口中に響きわたる。
これも秀逸。



*新牛蒡の八幡巻き with パルミジャーノ
b0118001_23503862.jpg
鰻の風味と香ばしさ、そしてタレのコクに、
パルミジャーノ、妙に合うのだ。



*宮崎マンゴーの白和え
b0118001_23505732.jpg
泡、欲す(汗)。甘美なマンゴーに、
白和えの、クリーミーかつほっとココロを和ませるニュアンス。



*仏産 鶉 トリュフ塩
b0118001_23513346.jpg
骨のまわりまで、キレイにシャブリついた。



*大分 石垣鯛 白味噌
b0118001_23513996.jpg
コクが深く、白みそのまろみがありつつ、後味はシャープな旨み。
じんわ〜り、染み入る旨さ。



*カレー
b0118001_2353353.jpg
炭水化物はビールで摂取(笑)各種素材の旨みの凝縮感が凄い。
まったりと濃いコクのなかに、キリッとシャープにスパイス感。
冷酒一辺倒だったが、思わずビールにリターン・・・。



いやはや、タロさんとヒデさんのコンビネーション素晴らしく、
お料理は、シンプルさと計算し尽くされた凄みを併せ持つ。
こちらへおじゃますると、器やグラスの話まで、ひじょうに勉強になるし、
毎月でも通いたくなる素敵なお店です。



「野口太郎」
大阪市北区曽根崎新地1-3-1 大橋ビル3F
06-4796-8222 ※要予約※
open : 18:00〜翌2:00
close: 日曜、祝日



bob seger against the wind live remasterized 1980

by writer-kaorin | 2012-06-26 23:55 | 野口太郎 | Comments(0)  

野口太郎 @しっぽり、和と炭火焼

連日、濃い味ロケハン続きだったので、
あっさりしたお料理で、この日は飲みたい気分。
残業終わりに、おじゃまです。
といっても、ちょっと前のひとときなので、
旬の兼ね合い、あしからず;



*春菊のおひたし
b0118001_138422.jpg
薄味、かつうま味をしみ滋味と感じさせるおひたし。
このさじ加減が、好きなのです。
健康的な気分で、飲酒スタート(笑)



*北海道産イクラ with かぼす
b0118001_1382044.jpg
かぼすが器!?なのです。
何よりも好きなイクラが、かぼすのふわりとした和の柑橘感を纏う。
これにはヤラれた(笑) ※この演出、パクり禁止ですよー(笑)



*イソツブガイ
b0118001_1384812.jpg
身はコリっツコリ。
しかし飲ませるアテ、オールスターズやわ。



*汲上げ湯葉 葛餡
b0118001_1391483.jpg
ねっとり、濃厚な湯葉に、澄んだダシの風味がじわり、な葛餡。
おっ?この胡麻はどこかで見たことあるような(笑)



*鱈 白子
b0118001_1393970.jpg
生の加減、、、禁断の味わいだわ。


b0118001_1310216.jpg
ビールを即飲み干し、
そりゃ、こうなるでしょう♪



*新潟産 茶豆、京都産 胡麻麩の白和え
b0118001_13103845.jpg
茶豆と胡麻麩の風味、強し。
これだけで一杯空くほど(笑)存在感強い肴。



*鱧、平目昆布〆、鮪脳天
b0118001_1311282.jpg
平目は4時間半ほど、昆布で〆てはるそう。
じわりじわりと旨味が響く。
そして、梅肉×鱧はもちろん、
奥のあけがらしと共に、白身を味わうのもこれまたいぃ。



*生ミニオクラ
b0118001_131128100.jpg
産毛を纏ったミニオクラの粘り、香り、これ凄い。
胡麻味噌のコクと香りは、酒を欲する味わい。



その頃、炭床では・・・
b0118001_13115063.jpg
目の前のこの仕事っぷりに、食欲倍増(笑)



*車海老
b0118001_13122856.jpg
甘く、香りも素晴らしい。



*秋刀魚
b0118001_1313954.jpg
ワタシは、日本酒とともに愉しませて頂き、、、



お隣では
b0118001_13134395.jpg
艶やかな新米。その初々しい甘い香りだけで飲める。
そりゃ、艶飯に秋刀魚は、合わないワケがない。



*グジ×松茸
b0118001_1314362.jpg
味付けは、一切なし。グジと松茸のうま味のみ。
が、、、、それだけで十分、いや十二分の味わい深さなのだ。
香りもコクも何もかも、素晴らしかった。



*デザート
b0118001_13143189.jpg
妖艶。洋梨。



*美丈夫 うすにごり
b0118001_13145340.jpg
ワイン好きのための日本酒だな。



ビーフシチューも食べたかったが、また次回!
家で和食を食べないワタシ。
いやぁ、五臓六腑に染み入りました・・・。

いつもありがとうございます☆


※ここ「野口太郎」さんは、完全予約制。紹介重視のお店さんです。


Pink Floyd / Comfortably Numb - Live 8

by writer-kaorin | 2010-11-11 07:06 | 野口太郎 | Comments(0)  

野口太郎 @爆笑ナイツ

北新地のおばんざい&炭火焼バー
「野口太郎」さんナイツ。

毎度な「姫」と、某上等居酒屋オーナーであるシミシミとの夜。


これが、腹抱えて笑いすぎる、ゴキゲンな時間となったのです。
(詳しくは後ほど)



まずビールとともに
*ナスのジュレがけ
b0118001_19195612.jpg
ジュレの加減、ナイス☆
透き通ったダシの風味が、冷たさとともに舌に響く。
薄味ゆえ、ナスの素材感しっかり。



*トコブシ
b0118001_1920184.jpg
やや甘めのダシが、疲れたカラダに染み入るなぁ。
身はふっくらやわらか。肝も濃い。



*トウモロコシの冷製スープ
b0118001_19203534.jpg
和的・トウモロコシ的、ヴィシソワーズ、
自然な甘みがいい。



*釧路産 牡蠣
b0118001_19205467.jpg
ぽってり厚みのある生牡蠣を昆布の上にのせ、
炭火焼にしてはるんだとか。
牡蠣のミルクと、昆布のグルタミン酸が押し寄せる!!


b0118001_19211482.jpg
泡ないワケがない(笑)



*秋刀魚の造り
b0118001_19213431.jpg
ピンッとエッジのきいた一切れ一切れ、
この時季ならではの初々しい脂の乗り。



*厚揚げと小松菜
b0118001_19215489.jpg
家でまず食すことのない組み合わせ。染み入るわぁ。




ここらで日本酒にチェンジ。
b0118001_19222740.jpg


b0118001_1922967.jpg




*松茸 炭火焼
b0118001_19225927.jpg
そこまで香りは強くないが、やはりDNAニ響ク。



*麩と白きくらげ入り、白味噌の冷製
b0118001_19232521.jpg
むっちりとした麩に、プルルン食感の白きくらげ。
白味噌のやらこい甘みが心地よく、
日本酒と行ったり来たり。



*五島列島 太刀魚
b0118001_19234853.jpg
かなり肉厚!伝助穴子ならぬ、伝助太刀魚やわ。
皮目の焼き色美しく、パリッにつづき、どこまでもふっくら。
で、日本酒おかわりとなる。。。


b0118001_19241259.jpg
デザートのマンゴーは、まるでトロのような口溶けでした。



で、、シミシミ・エピソード。。。

スガシカオさんに会ったらしい。
その瞬間、シミシミの口から出た
「あぁ!シガスカオさんっすね!」

ス、、、スカオさんって・・・(爆)
ほか、ミュージシャンとの爆笑エピソード山盛り!


また、銀座の鮨の名店では、
大将  :「マグロってのんはヅケにしね−と」
シミシミ:「づけるなよ!」 etc・・・
大将  :「なにぃ〜。お前さん、もう、け〜ってくれ!」
シミシミ:「けーるよ!」 
と、一悶着+αあったそうだが、めっちゃ仲良しになったそうな。
※これ、リアルに聞くと、ほんまに笑えた。

ほか、車でひかれた話や、ジャマイカでのシャレんならない話など、
ぎょーさん笑わせてもらいました。


旨し料理と酒、そして愉快な仲間たち。
ハイオク以上のガソリンでした。

ここ「野口太郎」さんは、完全予約制。紹介重視のお店さんです。


George Harrison / My Sweet Lord

by writer-kaorin | 2010-08-04 19:29 | 野口太郎 | Comments(2)  

野口太郎

前々から気になっていたお店さん。
の紹介で、念願だった「野口太郎」さんナイツ。
不意打ち万歳!の夜でした♪


b0118001_11585156.jpg
久々やねぇ、とのサシ飲み(爆)


野口太郎さんは、おばんざいと炭火焼のお店。
とはいえ、供し方や器ひとつ、掲げられたアート作品ひとつをとっても、
いちいちセンスを感じさせるのだ。

一見さんお断りではないみたいなんだが、場所柄
◯◯さんの紹介で、など、繋がりを大切にされている。
ゆえ、ワタシも姫の紹介やないと〜っと思い、
行きたくてウズウズしてたのです。


お料理はおまかせのみ。完全予約制。

*ガンガラ
b0118001_11595051.jpg


b0118001_1159424.jpg
ゴダイゴのガンダーラ、ではない(汗;)
ガンガラとは別名「ニナ貝」。
これは珍しいわ、初めての出会い!
爪楊枝でくるくるっと先の身まで出して食べる。
繊細な海味。


b0118001_1203332.jpg
ビール、進みマスな。



*ソーメンかぼちゃ、マイクロトマト、姫キュウリの酢物
b0118001_1205224.jpg
ひんやり、さっぱり、夏味炸裂。



*皮付きヤングコーンの炭火焼
b0118001_1211791.jpg
アダルトコーンくらい大きいサイズのヤングコーン!
大地の味を噛み締める。



*鱧落とし
b0118001_1213496.jpg
水っぽさ皆無。
食感楽しく、噛めば噛むほどに繊細な味。




b0118001_1214875.jpg
なんと、藁をわしづかみにして、炭床へ。
カツオの藁焼き、の図。
高知やなく、新地で見れるやなんて…稀少だ。



*藁焼きカツオのサラダ仕立て
b0118001_122612.jpg
カツオは、藁焼きの香りを感じさせつつ
ねっとり、脂ののりが凄い。
自家製ポン酢の爽やかな風味や、
各種野菜の食感、いいですね〜☆



b0118001_1222140.jpg
2杯ビールの後、ここらでシャルドネにchange☆



*鶏肝
b0118001_1223798.jpg
ねっとり、エロティックな美味しさだこと!
塩加減も秀逸でした。



*いんげんのゴマ和え
b0118001_1225394.jpg
家ではまず食べる機会がない一品。
やっぱりDNAニ響きますね(笑)しみ滋味旨し。



*茄子の冷製
b0118001_1231213.jpg
キンッと冷えたそれは、目覚める旨さ。
塩を極限までおさえた、味わいゆえ、
ダシの風味がそこはかとなく口中に響く。



*車海老
b0118001_123351.jpg
プリッまではいかないねっとり感と、甘み。
火入れ、すばらしい。



*時鮭の西京漬け
b0118001_1235011.jpg
一口いただいたら瞬時に、日本酒の口になってしまう…。
こちらの西京漬けも最強だった・・・(笑)



b0118001_1241114.jpg




シメに姫は、カレーを。
b0118001_1243246.jpg
これが噂の!!!!とテンション↑。
ルーをひとくちいただく。
「隠し味、何入ってんですか!!??」っと、想像がつかない。
深みのあるコク、複雑なスパイス香、時間差でやってくる辛味、
デミのような深みもありつつ、でも洋食屋のカレーではない。
これは、野口太郎にしかないカレーだ。


最後に手渡しされた、
焼きマシュマロ、これも初めての味わいでした!



いやぁ〜、美味しさとともに、
健康的な気分にもなれる、
家ではまず食べる機会がないお料理の連続。

姫とのきわきわトークも酒の肴になりつつ(笑)
素晴らしい夜でした♪


次回は、
先日、某テレビ局のKさんが食べはった
ベーコン、食べたい!


カウンターのみの店内は、粋な空間なのだが
初めておじゃましたとは思えないほど居心地がよい。
入口の表札も家みたいやしね(笑)




Allman Brothers / Jessica

by writer-kaorin | 2010-07-10 12:06 | 野口太郎 | Comments(8)