カテゴリ:エチョラ( 2 )

 

ETXOLA(エチョラ)でランチ@靭本町

おいしい日記が前後します・・・が、
ちょうど一ヶ月前におじゃました、
バスク料理「エチョラ」さん。
ランチミーティングも兼ねつつ、
お昼どきにおじゃまするのは初めてです。
b0118001_1151745.jpg


¥2500のコースをいただきました☆
4月のメニュ−ゆえに、旬の時間差、失礼;
ちなみにリアル情報はサイトをチェック→http://www.etxola.com/lunch.html


前菜は2種
*ガスパチョと、ホタルイカ
b0118001_116269.jpg


b0118001_1161225.jpg
ガスパチョは、澄んだお味!そしてトマトの旨みが凝縮。
ホタルイカは軽くボイル後、燻製オイルをかけているんだそう。
生のようでそうじゃない、熱の入れようと、仄かにかんじる燻香。


b0118001_1162525.jpg



*サバのマリネ
b0118001_1164680.jpg
このサバには唸った!マリネは強すぎず、酸味もやわらかく
サバの風味や脂のノリをぐいぐい感じる。
甘エビからとったキャラメルソースのコクと、
パセリのソースのさわやかなテイストとの対比がいい。



*淡路産ハリイカのごはん
b0118001_1182041.jpg
このリゾット(といってよいのか?)にも唸る。
ハリイカだけとは思えない、旨みが押し寄せ、
程よい粘りや粒感も、素晴らしい。
フランス産の小さなグリーンピース、香りがよくって名脇役。



*明石鯛のソテー
b0118001_1183775.jpg
ムッチリとした鯛の身に、アサリエキスの泡が絡む。
素材らしさはしっかり。かつ優しい味わい。


b0118001_1182477.jpg


b0118001_1183565.jpg
ハーブティーとともに。デザートは盛り合わせで。
ソルベもプディングも焼き菓子も、丁寧に作られた味わいがしました。
エチョラさんのカップ&ソーサー、めちゃくちゃカワイイ。
Sargadelosという、ガリシア地方特有の焼物だそう。
エスプレッソ用のカップ&ソーサーも必見。ですが、撮り忘れ;


以上。このコース内容で¥2500は、クオリティ含めかなりのお値打ち。
次回は、昼泡昼ボトルと共に楽しみたいと思います。
夜も久しぶりにおじゃましたいなぁ。



「ETXOLA」エチョラ
大阪市西区靱本町1-4-2 プライム本町ビルディング1F
06-6136-3824
open : 11:30~14:00LO、17:30~23:00LO
close: 日曜休
http://www.etxola.com/


Traveling Wilburys - Handle With Care

by writer-kaorin | 2012-05-26 11:10 | エチョラ | Comments(2)  

エチョラ@7/7openバスク料理店

オープン翌日の夜におじゃまです。
スペイン・バスク料理「エチョラ」さん



b0118001_0482772.jpg


b0118001_0481798.jpg
こちらの画像は昼バージョン。場所は、靭公園近く。


オーナーソムリエの平山仁さん、
どこかでお会いしたかと思いきや、
エル ポニエンテ カルボン!いやいや、
その前に、靭公園のナポリ店が初めての出会いか!?
ハイ、客としておじゃました際、
サービスがすんごく心地よくって、印象的だったのです。


シェフの山本嘉嗣さんの経歴もすごく興味深かった。
和食料理人としての修業後、なんと
アルゼンチンへ渡り、料理修業。そしてその後、
いろんなご縁がおありで、バスク地方の1ツ星「アラメダ」で
3年半経験を積まれたという。



この日も満席!
テーブル席もカウンターも、快活な空気感で、こちらまで楽しくなる!



*ガスパチョ
b0118001_048543.jpg
トマト、キュウリほか、ピメントかなそれぞれの凝縮感、いぃ感じだ。
グッと塩を利かせていているから、素材の甘みがより際立っている。



b0118001_0491668.jpg
ビールの後、平山さんおまかせのドライ&ミネラリーな白を。



*アホ アリエロ
b0118001_0493661.jpg
ほぐしたタラとクタクタなパプリカの相性絶大。
パンとワイン欲する、強烈な肴だ。




*明石タコのガリシア風
b0118001_0495249.jpg
この、ねっとりとレアな熱の入れ方は、素晴らしかった。
現地では、何日も煮込んで、くったくたに柔らかくする場合が多いそうなのだが、
こちらは、沸騰せずの湯で、タコを湯船に浸からす感じ?
その後、庖丁ではなくハサミでぶつ切りにすることで、
繊維質やらこく&脂の絡みが良くなるという。
ピメント利かせたドレッシングが、絡む絡む。




*アレハンドロのモツ煮込み
b0118001_0501125.jpg


b0118001_0502386.jpg
シェフが、アルゼンチンで体得した、郷土料理のひとつ。
豆やトウモロコシほか野菜類の甘みがじわりと響く。
それぞれ別処理なすった、各種モツの食感よろしく、
ホワイトソーセージやベーコンのコクもしっかり。




*プリン
b0118001_050441.jpg
ツレにペロリと食べられる(笑)




シェフ曰く「頭で考える料理というよりは、“旨けりゃいい!”的
バスク人スピリッツを大切にしたい」とのこと。
四季折々の、バスクの食材と日本の食材、
聞いてみると似通ったものもあり、
素直に、美味しいと感じられる料理の連続でした。

今度は、アサド料理をいただいてみたい!



「スペイン・バスク料理 エチョラ」
大阪府大阪市西区靭本町1-4-2 プライム本町ビルディング1F
06-6136-3824
open : 11:30~14:00LO、17:30~23:00LO
close: 不定休



Three Dog Night / Shambala

by writer-kaorin | 2010-07-17 00:54 | エチョラ | Comments(0)