カテゴリ:かい原( 1 )

 

寿司処 かい原@¥3500、驚愕のおまかせ

久しぶりに、天満市場界隈へ。
立ち飲み店で、サクッと楽しませて頂いた後、
今宵の念願店、

「寿司処 かい原」さんにおじゃま。
b0118001_1034937.jpg
大将・開原さんおひとりで営む、カウンター寿司屋。
何が凄いって・・・「おまかせコース」¥3500
この一本で勝負してはる、お店なのです。
えーっと、一通りいただいても¥3500。
握り一貫だけでも、同価格(笑)いぃ味出してはります♪



*穴子 焼き霜
b0118001_1034304.jpg
塩&山葵で。
焼きの香ばしさに続き、脂のり感じる甘み。
ビール、急ピッチ。



*真蛸とその卵
b0118001_10344685.jpg
この時季ならではですね。
エッジの利いた酢のさっぱり感と、
ねっとりな身&ふくよかな卵の食感。




ここらで、珍しく白ボトル一人飲みにchange。
なぜなら、こないに驚愕のおまかせ価格。
飲ませて頂かないと、申し訳なさすぎる・・・。
ゆえ、ボトル@大将に1杯。残りはワタシ♡
b0118001_10351265.jpg




*剣先イカ
b0118001_10353031.jpg
ちょんっと塩をつけて。ねっとり、絡みつく甘み。
ほのかに甘みを帯びる、ハラリと崩れるシャリと好相性。




*太刀魚
b0118001_10361937.jpg
繊細な身質と、脂のノリ。ワインのピッチ早まる;



*かすご
b0118001_10364087.jpg
〆加減、素晴らしい。



ここらで、ホッケ自家製一夜干し
b0118001_10365877.jpg
ふっくら・・・塩梅宜しく、ハラリと崩れる食感がたまらん。



*秋刀魚
b0118001_10371552.jpg
脂の楽しみ、というよりは、思春期な初々しさ。



*ホタテ
b0118001_10373229.jpg
この庖丁入れと、火入れに唸った。



*トロ
b0118001_10375424.jpg
うるうる・・・艶めかしい。



*ホッキ貝
b0118001_1038985.jpg
プルンッな食感楽しく、噛むほどに甘みが押し寄せる。



*縞海老
b0118001_10382617.jpg
エロティックな甘みだこと。



*小肌
b0118001_10384664.jpg
ややあっさりめの〆具合。清々しくって、もう一貫と叫びたくなる。



*穴子
b0118001_1039355.jpg
溶けゆく食感。



〆は
b0118001_1039227.jpg


b0118001_10393768.jpg


b0118001_10395234.jpg
シンプルな味噌汁。




以上。
これだけいただいて¥3500は、
驚愕・・・・ただその一言に尽きる。
この価格を死守するには、大変な努力があると思う。
だからこそ、手頃なボトルを飲みつつ(最終的には空にしつつ)
このコースに、どっぷりハマった夜だったのです。

しかしこの値段で・・・大丈夫なんかしら・・・??嗚呼、驚愕。



「寿司処 かい原」



Verve好きなもので♪
RPA and the United Nations Of Sound / Are You Ready

by writer-kaorin | 2010-08-12 10:44 | かい原 | Comments(8)