カテゴリ:春駒( 4 )

 

深夜の裏駒会

大阪・天五。
行列が絶えない寿司屋「春駒」で
深夜に開かれる「裏駒の会」。

常連さんのために、なんと2年に1度、
店主・服部さんがその技を披露する。

だから、懐にやさしい、いつもの春駒スタイルではない。
一夜限りの、深夜の春駒ゆえに、その名も「裏駒」。(笑)
誘って頂き、私も参戦。



*大間のマグロ 赤身
b0118001_350659.jpg
ツマミはなし。のっけから握りという潔さ。
大間のマグロ。赤身は鉄っぽさを感じず、なめらかな質感。後味清々しい。



*鯵
b0118001_3502082.jpg
おおぶり。締まりもよく、ブリッと弾力あり。


*煮蛤
b0118001_3503729.jpg
深い旨みを蓄えている。温めのシャリもえぇ具合。


*アコウ
b0118001_3505215.jpg
塩と酢橘で。舌の上で跳ねるような身質。
噛むほどに身の甘みを感じる。


*平目
b0118001_3501793.jpg
ねっとりと身の甘みを感じ、
やらこい甘みと酸味を感じるシャリと合う。


*剣先烏賊
b0118001_3503074.jpg
こちらは甘みが舌にまとわりつく。


*鮟鱇の肝
b0118001_3504737.jpg
分厚く切られた肝、大胆にも生で。
塩と酢橘がかけられている。
肝臭さは全くなく、澄んだ風味だけが余韻に。


b0118001_3512125.jpg
店主の服部さん。砲丸投げの元・国体選手だ。
その逞しい手で、心を込めて寿司を握る。
そうそう裏駒のシャリの量は、従来とは違って少なめだから
酒飲みの私には嬉しい(笑)



さて。
この日のために服部さんが仕入れた大間のマグロの


*大トロ
b0118001_3512915.jpg
肌理が細かく、透き通った脂の甘みがじわ〜りと。


b0118001_351478.jpg
こちらは程よく噛みごたえがある部分。
だから咀嚼するほどに脂の旨みを感じる。
嗚呼、トロに埋もれたい・・・。


*車海老
b0118001_352242.jpg
濃厚な甘みを感じる。
パリリと香ばく焼きあげた頭は、海老味噌付きで頂いた。


*煮鮑
b0118001_3521770.jpg
プリンッと弾け、どこまでも広がりゆく海味。
この後、ズワイガニの握り(撮影し忘れ)が続き、


*子持ち昆布
b0118001_3523399.jpg
子、持ちすぎ(笑)。分厚い。


*北海道 苫小牧の雲丹
b0118001_3524814.jpg
雲丹、モリモリ!
盛りすぎて・・・、その重みで海苔が(笑)
すーっと甘みが続き、口中で跳ねつつ消えた。
これは夢か幻か。


*煮穴子
b0118001_3535716.jpg
煮詰めが絡む穴子は、シャリとともにホロリ崩れゆく。


*河豚
b0118001_3541295.jpg
こちらはブリブリッと弾力ある食感。
その後、すこぶる脂のりがいいおおぶりのイワシの握りを頂き。
私は満腹につきストップ!

メンバーの皆さんは、うなぎ、赤貝、トリ貝、大間のマグロおかわり、
雲丹の手巻き・・・と、美味しいもん好きの健啖家ばかり。


b0118001_354837.jpg
ダシのうま味と甘みのバランスがいい玉子。
春駒さんのこの玉子、じつは好物。
その後、エラい上等なメロンを頂き、〆となりました。


2年に1度の「裏駒の会」。大いに堪能。
服部さん、皆さん
ありがとうございました☆
※通常メニューではないのでご了承ください※


「春駒」
大阪市北区天神橋5-6-8
06-6351-9103
open : 11:00~22:00
close: 火曜


Joy To The World (1975) - Three Dog Nightprd

by writer-kaorin | 2015-01-02 03:57 | 春駒 | Comments(2)  

春駒 @天五

天神橋筋商店街をブ〜ラブラ。
世間はお盆休みだったこの時期、
商店街は観光客ですごく賑わってたなぁ。

天満の立ち呑み屋でクイッとひっかけた後、
超がつくほど行列をなす寿司屋
「春駒」さんで夕餉。
b0118001_1047422.jpg

こちらの注文は、
食べたい単品料理をペラ紙に書き、
スタッフに渡すシステムだが、
この日は、常連Kさんの友人でもある店主・服部さんにおまかせ。
(通常ないメニューもありますので、ご了承を)


*炙りタコ、甘酢タレ
b0118001_1048325.jpg
タコは噛むほどに深い甘み。
ビールがぐいぐい進む。



*う巻き
b0118001_10482068.jpg
だし巻きも鰻も存在感しっかり。
麦焼酎ロック〜っと、オッサンモードに突入ー。



*お造り盛り合わせ
b0118001_10483559.jpg
トロ、剣先イカ、生海老、
その奥にはタイ、アワビetc…。
冷酒をツィ〜ッと(笑)。



*海鮮丼
b0118001_10485099.jpg
ウニ、アワビ、剣先イカ、トロ、数の子…
きらきら煌めく海鮮丼。
アワビのシャクッとした食感、数の子のプチプチ感、
ウニやトロの濃厚な甘み、いろんな食味が口中に広がるー。



*うな丼
b0118001_1049418.jpg
鰻は肉厚、濃厚なタレがトロリとかかり、
やさしい甘みの玉子と組み合わせれば、
丼なのに、これまた日本酒モード(汗)


b0118001_10491858.jpg
なんと、デザートまで(驚)
ワイングラスのなかには、真夏の果実。
トマトのコンポートとバルサミコソースのように見えるそれは、
くりぬいたスイカと黒蜜。


あれ??
お寿司屋さんなのに、寿司食べてへんや〜ん!!
と、ツッコミ満載の、
素晴らしい服部さんワールドを楽しませて頂きました☆


服部さん、この冬も「深夜のマグロ真剣勝負」
開催してくださいっ!(笑)


「春駒」
大阪市北区天神橋5-6-8
06-6351-9103
open : 11:00~22:00
close: 火曜


Creep - Radiohead

by writer-kaorin | 2013-08-24 10:50 | 春駒 | Comments(0)  

春駒 @深夜のマグロ真剣勝負

深夜の天神橋5丁目「春駒」さん。
閉店後におこなわれた、
その名も「戸井マグロ vs 大間マグロ」の食べ比べナイツ。
だけじゃない、冬旬素材豪華絢爛な夜でしたが(笑)。

お誘いいただき私も参戦してまいりました☆
※いつもの春駒さんの営業スタイルとは異なりますので、ご了承を。

なお、20カン以上は頂いていたので、画像はそのなかから抜粋ということで。
お付き出しは「鰻の肝煮」。
飲ませる肴だがコントロールしないと(汗)


*北海道 真ツブ貝
b0118001_23215619.jpg
コリコリとした歯応え、爽やかな磯の香り。


*関アジ
b0118001_2322151.jpg
脂のってる。イカッてはいないが、程よい弾力感もいい。
関西的、ほのかな甘みをおびた寿司飯といい相性をみせる。


さて、まずは大間から
*大間マグロ 赤身
b0118001_23222675.jpg
こちらはいい香りだ。鉄っぽさはなく、赤身とはいいながらもねっとり甘い。


対して戸井マグロ 赤身は
b0118001_23223895.jpg
やや脂があってサラッとしていて、いい後味。
そして繊細な身質が印象的だ。


そして、
*戸井マグロの大トロ
b0118001_23224958.jpg
脂っこいと思いきや、気品あるかんじ。
すっーと消える脂の上品さがすごくいい。
そして旨味の余韻が・・・凄い。
肉眼では、写真の色目以上にピンクがかってた。


*大間の大トロ
b0118001_2323172.jpg
こちらは、まとわりつくかんじ。旨味、濃厚。


戸井と大間、
どっちが好みって、、、、
甲乙つけられません!!!



*剣イカ、浜中の雲丹
b0118001_23231273.jpg
剣イカを三枚におろし、細切りという…
金沢の名店のそれを彷彿とさせるイカの握り。
上には濃厚なエゾバフンウニ。


この後「関サバ」が供され、

*煮アワビ、生の黒アワビ
b0118001_23232450.jpg


b0118001_23233295.jpg
シャクッと噛めば、どこまでも響くしっとり感。そんな煮アワビに対して
黒アワビのコリッコリッ感は、磯の香が口中を占拠する。


「本クエ ウロコの素揚げ」に続き
*本クエ握り
b0118001_2323448.jpg
写真では分かりにくいですが、虹のような色目、美しすぎた。
かなりのキロ数だったと思う。まとわりつくキレイな脂に、唸った。


その後、「炙りの本クエ」「カサゴ」
ポーションがハンパやない「アンキモ握り」などが続き


椀物は
*ズワイガニの真丈
b0118001_23235938.jpg


b0118001_232472.jpg
黒トリュフを忍ばせてる!
この黒トリュフに負けじと、ズワイの身は味わいの濃さを主張。
咀嚼すれば身の甘みに続き、トリュフのエロティックな香りが
ずーっとずーっと続く。


b0118001_23241972.jpg
2代目店主の服部武利さんは、元・砲丸投げのインターハイ選手(!)。
ガッチリとした体格とは裏腹(笑)、
繊細な手仕事から生み出されるお料理&握りの数々に酔いしれてます、ワタシ。


「車海老」はそれとは見間違うような大きさで、
「網走の天然雲丹」は、昆布のような香りが印象的。
そして「蛸の炙り」は煮ツメのふくよかな甘みが、蛸の甘みを引き立たせてました。

「ズワイガニ」は握りでも登場です。
b0118001_23243362.jpg


まだまだ・・・めくるめく服部さんワールドは続き
(写真撮り忘れも多数:)

b0118001_23244511.jpg
〆にはネギトロを。刻みタクワンの小気味良い食感と塩梅が
アクセントとなっていました。


この時点で夜中1時頃だったか?
真夜中の「春駒」さん、「戸井マグロと大間マグロ 真剣勝負!」は・・・
戸井も大間も霞むほどに(いや、霞んでませんが!)
1日じゃ、もったいない・・・そんな、豪華絢爛なる冬の幸。

服部さん、皆さん、ホントにありがとうございました(--)

※この日のメニューは通常営業とは異なりますので、ご了承ください。



「春駒」
大阪市北区天神橋5-6-8
06-6351-9103
open : 11:00~22:00
close: 火曜


Mr. Roboto- Styx

by writer-kaorin | 2012-12-03 23:31 | 春駒 | Comments(0)  

春駒 @寿司激戦区・天5の人気店

この日は天満界隈遠征。
客足が途絶えない店、人気の理由は何なんだ?
っていう、街場リサーチも兼ねての、街徘徊&飲みナイツ。

寿司屋の激戦区である天5界隈。
その中でも老舗&実力店「春駒」さんへ。


この店の超常連Yさんに連れられ、
夜の恋人・とともにおじゃまです☆
b0118001_23241041.jpg
「春駒」さんは、週末や祝日はもちろん、
平日だって、行列ができる人気店。
おじゃました日は平日のなか日にもかかわらず、
店内、満員御礼ー。しかも何回転もしてるし。凄!

ご近所の家族連れや、仕事帰りのスーツ族、
若いカップルから年配の夫婦まで、客層幅広いなぁ。

オッサンkaorin、そそられるメニューに、目移りしたが、
今日は常連Yさん仕様のおまかせを、ご用意いただくことに。



*カニ味噌、イクラ、タイラギ貝、海老、飛子etc…。
b0118001_23253559.jpg
プリン体、万歳! テンション↑
食感といい、カニ味噌ほか各素材の風味が、時間差で押し寄せる。
ビール止まらない!
冷酒といきたいところだが、ペース配分考えよう(笑)



*玉子
b0118001_23255760.jpg
このビジュアル、カワイイなぁ〜。
どうやら本日は、女子向け仕様だそう(私たち、オッサン女子ですが;ええ…)
こちらも、お酒を欲する、ほのかな甘みがいい。
麦焼酎にシフト。



*造り盛り9種
鱈白子、アンコウ生肝、ウニ、剣イカ、
マグロ、赤貝、鱧、秋刀魚、鮑
b0118001_23261536.jpg
なんとこれが、1人前!(驚)
1種ごとのポーション、たっぷり。しかも9種って!
まるで、漁港町にある民宿に、旅取材でやってきたような気分に。
嗚呼、お酒が止まらない。。。



*ガシラ煮付け
b0118001_23263472.jpg
こちらも、1人前です(^^;)
軽めに煮たダシのあっさり感が、
肉厚ガシラの繊細かつムッチリとした身質と好相性。
じわりとダシが染んだ、ゴボウや焼豆腐、名脇役だ。
ガシラ、新鮮だわぁ〜。




*手鞠寿司8種
b0118001_23265188.jpg
トロ、穴子、剣イカ、生ダコ、鯛、カニ、アジ、サーモン。
こちらも女子仕様(笑)一口サイズのちょうどいいポーション。
トロの脂のノリはもちろん、穴子のふっくら感、
鯛には、ほのかにニンニクオイルを利かせるなど、
直球と、行き過ぎていない創作、その両方を堪能させていただいた。


オーナーである料理人・服部さんの、心がこもった&技が光るおまかせ。
美味しゅうございました!
ほんまに満腹を越えていたが(笑)ほぼ完食☆



そんなとき、1本分の焼き松茸(大)が、
どーん!と!!!(画像撮り忘れ;)
秋の香りを楽しませて頂きつつ、満腹だ、ノックアウト!(笑)



中央市場から仕入れる鮮魚を用い、
質がよくて安いネタを、何としてでも提供したいという意気込みが
お客さんを惹きつけてやまないんだなぁ。
だって、単品だとにぎり一皿、100〜300円が中心ですから。
そして、3世代にわたるであろう幅広い客層の地元客に、
愛され続けているってことが、強い店の理由のひとつなんだなぁ…。
っと、実感した「春駒」さんナイツでした☆




春駒 本店
大阪市北区天神橋5-5-2
06-6351-4319
open : 11:00~22:00
close: 火曜



Robert Plant & Alison Krauss / Gone Gone Gone

by writer-kaorin | 2010-09-23 23:34 | 春駒 | Comments(6)