カテゴリ:半蔵( 1 )

 

新町 半蔵 @伊賀肉料理

新町で、店を構えて24年になる、炭焼伊賀肉料理のお店。
b0118001_9134680.jpg
ここ「半蔵」は、伊賀牛のみを扱う、炭焼きとすき焼きのお店。
プライベートでおじゃまです。
某有名なお方から、紹介された、と案内人。
うむうむ。ボトルキープの肩書きを見ても、
そらなるほど納得。


伊賀牛といえば、池波正太郎著「食卓の情景」のなかの
「すき焼きの金谷」の一幕。
丸3年経った雌の処女の伊賀牛のみを使用するというくだりは、
ある意味、有名ですね。
そういや、あのエッセイを知った頃、
和田金さんではなく、金谷さんにでかけたものだ(ミーハーやわ;)


そんなことをつらつらと思い返しながら、のおじゃまです。


上ヒレ(9000円)のコースと、
上ロース(7000円)のコース、この2種をオーダー。


*おひたし
b0118001_914324.jpg
ホウレン草に染んだダシの風味。これでビール空く。



*サラダ
b0118001_915096.jpg
一見、シンプルだが、わしわし食べてしまう。
ドレッシングの絡みも鮮度も、申し分なし。



その後、炭火焼に突入。
あれこれ品数、、、ではないこの潔さが、好きだ。


b0118001_9153226.jpg




昔ながらの囲炉裏風の炭床にて、焼き上げる。
冒頭の焼き奉行は、お美しいこのお店のマダム。
肉の善し悪しもあるが、生かすも殺すも焼きの加減。


*上ヒレ
b0118001_916202.jpg


b0118001_9171596.jpg
焼き上がりのひと切れ。その中ほどに箸を入れると、
すぅ〜っと何の抵抗もなしに分かれる。
噛まなくってもとけゆく、とはこのこと。
でも噛めば、肉のしっかりとした「味」がある。
このヒレには驚愕。



b0118001_9174493.jpg
ニンニクを利かせた深みのあるつけダレに
肉を浸してから、網にのせる。



b0118001_9181284.jpg
上ロースも、すぅっ〜ととけゆく。
そして脂のひつこさ皆無。


b0118001_9183863.jpg
ひとり200g over?食べたのに、胸のつかえが全くない。


シンプルなコース構成だが、あれこれあるよりも、
じっくり、極みの伊賀牛に集中できるのが嬉しい。
しかし、あの肉のボリュームだとすると、
ううっ、と脂ののりに胸いっぱいになりそうだが、
それが全くない食後感。そうとう驚いた。

長い時間がつくり出した、何ともいえない空気感と、
肉のイメージを覆されるひと切れひと切れ。
素晴らしい夜でした。


「半蔵」
大阪市西区新町2-17-3
06-6531-6520


Dire Straits / Sultans Of Swing (Alchemy Live)

by writer-kaorin | 2010-11-20 09:21 | 半蔵 | Comments(0)