カテゴリ:大西亭( 1 )

 

大西亭

福島の名ビストロ「大西亭」さんへ。
取材で大変お世話になりつつ、
じつは、、じっくりナイトは初訪問;
(野田阪神時代のお店には何度かおじゃましてたのだが)


b0118001_23591290.jpg
ハートランドでカンパリ♪



b0118001_23593933.jpg
夢屋さんmade。ついつい、手が届く、が
これからはじまる魅惑の皿たちを考え、控え目に;




*肉前菜の盛り合わせ
パテカン、ブータンのワールのテリーヌ、
若鶏冷燻、砂肝コンフィ、生ハム
b0118001_002163.jpg
どれもこれも、ビール泥棒な美味しさ。
パテカンは、どっしり、安定感のある旨さ。
そして、マイルドなブータンは、まるでガトーショコラのよう!
若鶏のしっとり、ほのかな燻香はすばらしく、
砂肝は、噛み締める旨味。



*前菜の盛り合わせ
河内鴨のハツのグリエ、カキの冷製、伊賀豚ブリオッシュ包み
b0118001_012073.jpg
相変わらず、すんごいボリューム!
ハツはムチムチ、でもしっかりと味がある。
海味炸裂なカキの横には、カニ味噌的なソースや、大好物のクスクス。
b0118001_015164.jpg
ブリオッシュに包まれた伊賀豚ソーセージは肉汁ジュワッな旨さ。




大西さんに教わったこのレシピ、じつは我が家でも大活躍♪
*玉ネギのムース
b0118001_021932.jpg
トップには、ピエール・オテイザの生ハム!
季節により、玉ネギの甘みや風合いが異なり、楽しい。



b0118001_024018.jpg
ワインセレクトはソムリエのM氏。スルスルと染み入る。
サーヴからセレクトまで、めちゃくちゃお世話になりっぱなし;



*伊賀豚バラ肉とアルザス産シュークルートのパートブリック包み
b0118001_03553.jpg


b0118001_032330.jpg
肉々しさこの上ない!!
伊賀豚、トロットロ。シュークルートは程よい酸味。
薄いクレープ状の皮、的パートブリックの薄ガラスのようなパリッと感が
素晴らしきアクセント。
そして、生ハムの端っこやアリッサの風味が溶け込んだソース、
ワイン泥棒です;




もちろん、まだまだ飲んでマス。
b0118001_035170.jpg



*丹波地鶏とフォアグラのキャベツ包み焼き
b0118001_041747.jpg


b0118001_043176.jpg
地鶏はしっとり感この上ない。
火の入ったキャベツは甘みを帯びている。
ソースヴェールの緑なテイストで、後味軽やかに。



b0118001_05051.jpg




*新潟産網取り真鴨のロースト
b0118001_053789.jpg


b0118001_06480.jpg
まだまだガツンッ!!!と。パンチのきいた美味しさ。
濃厚なソースをまとったハツや肝、赤ワインがあれよあれよとなくなる;
チョロギの食感、楽しいいなぁ。



〆にメンバーは、がっつりデザートを!
ワタシはギヴ…。昼間に甘いものまみれだったので(汗;)
b0118001_063520.jpg


b0118001_065895.jpg


b0118001_071840.jpg




いやぁ〜!!満足以上の満足(肉食女子的観点)
無心に肉料理に食らいつく、この幸せといったら・・・。
しかも、パーツパーツの構成と、そこから+αの感動を呼ぶ味わいの広がり。
そして、美味しい時間を心から分かちあえる愉快なメンバーたち。

どうもありがとうございました!



大西亭
大阪市福島区福島2-10-23
06-6451-0740
11:30~13:30LO、18:00~21:00LO
月曜・第3日曜休



Warren Zevon / Keep Me In Your Heart

by writer-kaorin | 2010-12-10 00:10 | 大西亭 | Comments(0)