カテゴリ:鮨 まつもと@祇園( 1 )

 

鮨まつもと @祇園

久しぶりの京都遠征。
昨年から、待ちこがれていた、
鮨会@京都・祇園 「鮨まつもと」さんへ。
b0118001_2245451.jpg
まつもとさんにおじゃまするのは、
06年春のオープン直後、以来だ。

メンバーは、料理番組のチーフディレクター平井さん筆頭に、
Hajimeの米田シェフ、DAIGAKUの大学さん、Fujimaruさん、
芦屋の野菜王子・CA福原さん、&kaorin。
毎度なメンバーで、松本さんの鮨と向き合います♪


b0118001_22101831.jpg
まずは瓶ビールとともに。皆、クイッと秒殺で飲み干す(笑)


b0118001_22103361.jpg
日本酒の口に。伏見の地酒、澤屋まつもと、銘柄は聞き忘れ。
口当たり良く、スキッと軽やか。爽やかな柑橘系の果実を思わせる香り。


ツマミは
*三陸 赤貝、明石 平目、明石 蛸
b0118001_22105110.jpg
赤貝は塩のみで食す。コリコリッとした歯触りに続き、じんわりと響く甘み。
平目も蛸も、上等な味わいだこと。


*白子ホイル焼き
b0118001_2211794.jpg
無言の旨さ。おこげの如く、こびりついた白子が、これ最高(笑)


*アン肝 醤油煮
b0118001_22112231.jpg
器の書に見とれ、まぁるい甘みが響くアン肝のレア感にうっとりする。。。


潔いツマミの数々。適度な品数が好きだ。
さて、握っていただきましょう。

*明石 鯛
b0118001_22113715.jpg
昆布〆の加減が、絶妙です。
このネタの旨さをより鮮やかにするのが赤酢のシャリ。
酸の利き方は言わずもがな、米は小粒で、力強い。


*スミイカ
b0118001_22122926.jpg
塩とスダチで、輪郭すっきりな仕上がり。
シャリと寄り添い、グッと甘みを放つ。


*コハダ
b0118001_22124638.jpg
しっかりとした〆具合がたまりません。


*ヅケ
b0118001_22125938.jpg
ヴィジュアルも、口に入れ咀嚼した感覚も、
艶めかしさ、炸裂だわ。


*霜降り
b0118001_2213174.jpg
瞬時にとけゆく…。
エロティック、て言葉、失礼だと思いますが、
まさしくそれ(笑)


*蛤
b0118001_22133025.jpg
煮蛤、香りがすこぶる良く、ウマミ充満。


*車海老
b0118001_2213481.jpg
活けなのかな。しっとりとした身質、甘みが際立つ。
おぼろをかませてるのか、そんな甘みを感じさせるほど。


*鯖
b0118001_2214320.jpg
エッジのきいたシャープな旨さ。


*グジ
b0118001_2214185.jpg
嗚呼、陶酔やわ・・・。
ねっとりとまとわりつく、甘み、そして香り。


*北海道 昆布盛(釧路)のウニ 小丼
b0118001_22143382.jpg
このちょっと丼、たまらん嬉しいサイズ。


まだまだいただきました
b0118001_22145312.jpg


b0118001_221586.jpg


b0118001_22152541.jpg


築地から仕入れるネタのクオリティの高さはもちろん、
京都という地の利を生かして仕入れるネタも、極み揃い。
すべての握りが冴えた美味しさゆえ、
もう一貫!ってお願いしたかったくらい、
素晴らしい鮨ナイツでした。



その後は・・・・
お隣の町家バーで(こちらが、コスパ素晴らしい!)
いつもの語り飲み
b0118001_22154724.jpg



普通に撮ればよいものを、
コソ撮りにしてみたが、数名映っておらん(汗;)
b0118001_2216114.jpg


毎度のことながら、アツい皆さんと共に過ごす時間、
ほんとに勉強になるし、楽しいひとときでした!
(米田シェフ、某書籍、即、購入しました(笑)

ありがとうございました、次回も楽しみです!



「鮨 まつもと」
京都市東山区祇園町南側570-123
075-531-2031
open : 12:00~13:30、17:30~21:00LO
close: 火曜


キース自叙伝による、彼とミックの喧嘩(?)につき、
ワールドツアーは難しいのか…?(涙)
ヒアリングしてみよう。
(しかしあの自叙伝、めっちゃ面白い!)
Brown Sugar-Rolling Stones

by writer-kaorin | 2011-02-13 22:19 | 鮨 まつもと@祇園 | Comments(0)