カテゴリ:土佐堀オリーブ( 17 )

 

土佐堀オリーブ @Jeff Beckのライヴ後に

冒頭から話は逸れるが、先月はライヴ月間でした♪
って、アップし忘れにつき時間差失礼っ;

2月の一発目は、ジャーニー(Journey)@大阪城ホール
撮影OKでした☆
b0118001_926594.jpg


b0118001_9271276.jpg


b0118001_9272484.jpg


b0118001_9273475.jpg


b0118001_9314561.jpg
メンバーは「エスケイプ」や「フロンティアーズ」発表時のオリジナルメンバー、
ニール・ショーン(G)、ジョナサン・ケイン(Key)、
ロス・ヴァロリー(B)、スティーヴ・スミス(Dr)に、
メンバー入りしてもう10年なんですね〜@アーネル・ピネダ(Vo)。


b0118001_932650.jpg
4年ぶりだったジャパンツアー。
もちろん前回も参戦したんだけれど、
ますますパワーアップしているなーと、感動すらおぼえたライヴ。
それは、アーネルの歌唱力のみならず、各自がとにかく魅せてくれるのだ。
いまだに色褪せることのない往年のサウンド、そしてパフォーマンスに、
ステージ上のメンバーはもちろん、オーディエンスにも凄い一体感が生まれてた。



2015年夏には、Journeyカナダ公演にも参戦♪
b0118001_9323268.jpg
アイスホッケー会場にて、VIP席より優雅に。
ライヴ後は、楽屋でのお楽しみも待ち構えていた☆

b0118001_9325771.jpg


b0118001_9332067.jpg
毎回、感動はするけれど、
今回の「ジャーニー ジャパン・ツアー 2017」は抜きん出ていたと思う。



さて、その翌日は「Jeff Beck」のライヴでした。
こちらはスマホで撮影OK。
b0118001_9334420.jpg
へべれけ日記で、音楽レポを長々もあれなんで
詳しくレポートされているプロのお方のサイトを貼り付け(笑)

全身で感じる生演奏のグルーヴ!
 ジェフ・ベック、大阪公演の模様を最速レポート


Dylanとまではいかないけれど、
常に進化し続けるJeff Beckに今回も出会えた、というのが第一印象。
新旧の名作を織り交ぜた、バラエティに富むセットリストだったし。
女性ヴォーカル2名のパフォーマンスを前面に打ち出しつつも、
彼のギタリストとしての存在感は、しびれるくらいのかっこよさに満ちていた。



その後は会場近くにある「土佐堀オリーブ」にて
ゆるりと、Jeff Beck談義。
ビールをぐびりとやりつつ

*クルミ入りポテトサラダ
b0118001_936418.jpg
クルミの風味と芋の優しい甘み、合うなぁ。
マヨの程よい酸味がアクセントとなり、やめられない止まらない味わい。



*プチトマトのマリネ
b0118001_9362150.jpg
マリネ液の甘酸っぱさにより
トマト本来の甘みや酸味が際立ってる。


b0118001_9364062.jpg
「清澄白河フジマル醸造所 テーブルトップ 橙色’16」
デラウェア100%。爽やかな酸味と、どことなく苦味も感じる辛口系。



*オリーブコロッケ
b0118001_9365611.jpg
オリーブの塩気、それを覆うマッシュポテトの滑らかさと甘み、
外はカリカリ香ばしく、やみつきの味。
こちらもあればあるほど食べてしまうと思う(笑)



*ハンバーグ キノコクリームソース
b0118001_1041752.jpg
ハンバーグは肉肉しく、そこに広がるまろやかなクリームのコク。
しみじみ味わい深い。


b0118001_9372595.jpg
ひと口いただく。
「五目ごはん」は濃そうにみえて、ホッと心和む素朴な風味、
「具沢山の粕汁」は、いぃ酒粕を使っているなぁ〜としみじみ感じる
五臓六腑に染み渡る味だった。


極寒の夜に、カラダがほろり温まる、おいしい楽しいひとときでした♪
いつもありがとうございます☆


なお「土佐堀オリーブ」は、2017/3/15をもって閉店とのこと。
最終日までにもう一度、伺いたいです。
ほんとに寂しいですが、
次なる展開!を、楽しみにしています☆☆☆



「土佐堀オリーブ」
大阪市西区土佐堀2-1-12−B1
☎06-6450-8182
open : 18:00〜24:00
close: 火曜
https://www.facebook.com/olive2011
http://tosabolive.exblog.jp/


Jeff Beck, Rod Stewart - People Get Ready

by writer-kaorin | 2017-03-01 08:25 | 土佐堀オリーブ | Comments(0)  

土佐堀オリーブ @ほっこり晩ご飯

底冷えする夜、「土佐堀オリーブ」で晩ご飯。
b0118001_861688.jpg
宮崎・都農ワイナリーのロゼ。キャンベルアーリー種。
甘やかな香りと、ピュアな果実味が印象的だ。
この日はずっと、このロゼで。


b0118001_86313.jpg
本日のお惣菜は、悩みに悩んでこの4種。
ぎゅっと凝縮感ある甘み広がる「プチトマトのマリネ」にはじまり
「しっとりうの花」は、薄味で素材の風味が際立っている。

b0118001_864432.jpg
「パクチーの佃煮」って初めて!
パクチーは店主・羽山さんが営む兵庫・佐用町「羽山農園」より。
(根菜類などほかの野菜も農園産)
確かにパクチーの香りを感じつつ、佃煮の和な旨み。

b0118001_86591.jpg
「柿のマリネ」はヒットだった。
ピクルスにした柿に、カッテージチーズと蜂蜜。
ワインを誘う、甘みと爽やかな酸味が広がるのだ。


b0118001_871545.jpg
お隣では、白ご飯と具沢山の粕汁で、土佐堀オリーブ定食状態☆
粕汁をひと口いただく。根菜類、コンニャク、豚肉とホンマに具沢山!
汁はまったりコク深く、アッツアツだからカラダの芯まであったまる。
フルフル質感、だしのうま味ジュワリな「“龍の卵”の出し巻き」も美味でした。


さて、私はワインとともに気の利いたアテを愉しむとする。


*オリーブコロッケ
b0118001_885520.jpg
アツアツのそれを齧れば、肌理の細かい衣はカリサク、
マッシュ状の滑らかなポテトと、オリーブの塩味に、
トマトソースの旨みという、いぃバランス。



*クルミ入りポテトサラダ
b0118001_881273.jpg
これも好きやなー。クルミの香ばしさと、ポテサラが合わさると
どことなくホッとまろやかな味わいに。ずっと食べ続けていたかったわ。(笑)



*牛ホホ肉の黒ビール煮
b0118001_87434.jpg
ホホ肉はホロリ崩れる柔らかさ。
かつ程よく繊維質があるところもあって食べごたえあるわ。
ビールのほろ苦さがコクとなった、煮込みソースも旨かった。



こっちはワイン片手に、その隣ではしっかりご飯で定食状態。
そんな客それぞれの飲み方、食べ方に、難なく応えてくれる土佐堀オリーブ。
しかも野菜不足解消となるから、有り難いのです。


「土佐堀オリーブ」
大阪市西区土佐堀2-1-12−B1
☎06-6450-8182
open : 18:00〜24:00
close: 火曜
https://www.facebook.com/olive2011
http://tosabolive.exblog.jp/


Mott the Hoople All The Young Dudes

by writer-kaorin | 2017-01-27 07:53 | 土佐堀オリーブ | Comments(0)  

土佐堀オリーブ

残業アフターの花金ナイツ。
久しぶりに「土佐堀オリーブ」へ。
b0118001_23371719.jpg
デジカメ不調につき、すべてiPhone撮影。



*本日のお惣菜いろいろ
b0118001_23373355.jpg
クルミ入りポテトサラダ、セロリのきんぴら、
カボチャの南蛮漬け、しっとりうの花。
素材の風味が生きていて、しみじみ旨い。



*白金豚 塩豚スライス
b0118001_23375166.jpg
まろやかな塩味。脂の甘みが堪らない。



*チンゲン菜のクリーム煮
b0118001_23381474.jpg
香りよく、クリームでコクまろな味わい。
こちらも塩気をぎりぎりまでおさえているから
素材感際立ってる。



*牛ホホ肉の黒ビール煮
b0118001_23383184.jpg
ソースの深い旨みが浸透した、ホロリと崩れるホホ肉。
食べごたえ、しっかり。
「食パン工房 ラミ」の食パンが、ソースにめっちゃ合う。



*具沢山のとん汁
b0118001_23384995.jpg
読んで字の如く、具がどっさり!
味噌のやさしい旨みに、ホッと癒されたのでした。


和の惣菜を食べつつ、そのとなりには洋メニュー。
とん汁や深夜定食(定食は22時以降)までスタンバイしていて、
わがまま飲兵衛のツボをつく。
近所にあったら週2-3は通ってそうだ。


「土佐堀オリーブ」
大阪市西区土佐堀2-1-12−B1
☎06-6450-8182
open : 18:00〜翌2:00LO
close: 火曜
https://www.facebook.com/olive2011


Jackson Browne -- "Running On Empty"

by writer-kaorin | 2016-10-28 23:40 | 土佐堀オリーブ | Comments(0)  

土佐堀オリーブ

この夜は「土佐堀オリーブ」で、健康的飲酒。
b0118001_12563671.jpg
泡は、三次ワイナリー シャルドネ スパークリング。
スキッとした味わいだがら、
すいすい飲める。


*カブラの白和え
b0118001_12565059.jpg
カブラは透き通った甘みを放ち、
豆腐はコク深い。


*季節野菜のうの花
b0118001_1257348.jpg
ホッとする味わいだなー。
椎茸の深い旨みが印象的だった。


*黒大根のスパイス揚げ
b0118001_12571680.jpg
熱々の黒大根をかじれば、その甘みに続き
クミン、コリアンダーほかスパイスの香り。
羽山さんによると、黒大根がたくさんできたそうで。
大根×スパイス×揚げ この組合せ、イケるな。


*牛すじ大根
b0118001_12573019.jpg
牛すじの旨みが染んだ大根、旨いなー。

b0118001_12574277.jpg
四恩醸造「ローズ ロゼ 2015」を。
優しい旨み、花のような香りもひろがる。


*ローストポーク
b0118001_12575588.jpg
ハラリと軽やかで
脂は澄んだ甘み。これはなんぼでもいけるわ〜。



仲村わいん工房
「がんこおやじの手造りワイン デラウェア」
b0118001_12581167.jpg
「Dry」って手書きが。手造り感あっていいなぁ〜。
デラウェアの香り高く、かつドライ。
仲村わいん工房の赤、大好きだけど、白も好きだな。

b0118001_12582599.jpg
ブロッコリーのアンチョビマヨネーズ、
プチトマトのマリネとともに。



*賄いカレー(小松菜キーマカレー)
b0118001_12584090.jpg
複雑なスパイス感ありつつ、
後味はやさしい。私はキーマとワインでご満悦。
羽山農園のカレーレシピは、我が家でも大活躍だ。


*具沢山の粕汁
b0118001_12585346.jpg
粕汁、久しぶりに食べたら
とっても懐かしい味がした。
しかもお揚げさん、人参、大根ほか
具があふれんばかりに入って、かなり食べごたえもありました。


羽山農園のナチュールなお野菜を使ったお料理を頂き
日頃の野菜不足が解消された気分。
私に休肝日はないけれど、健康的飲酒は定期的に取り入れたいナ。


「土佐堀オリーブ」
大阪市西区土佐堀2-1-12−B1
☎06-6450-8182
open : 18:00〜翌2:00LO
close: 火曜
https://www.facebook.com/olive2011


Eagles - New Kid in Town (Live)

by writer-kaorin | 2016-02-07 13:00 | 土佐堀オリーブ | Comments(0)  

土佐堀オリーブ

仕事アフター「土佐堀オリーブ」で晩ごはん。
b0118001_170252.jpg
1杯目の泡は山梨・丸藤葡萄酒工業の
「Etude Rubaiyat -エチュード ルバイヤート- 2013」
シャルドネ100%。果実味豊かで
やわらかな酸の刺激が心地よい。



*プチトマトのマリネ
b0118001_1703742.jpg
漬け地は、だしのうま味が利いていて
トマトのナチュラルな甘み、酸味とよう合うてる。



*小じゃが芋の煮っころがし、焼き茄子のお浸し
b0118001_1705040.jpg
煮っころがしは、「タワラヨーデル」というジャガイモ。
甘めの味付け&バターのコク、何だか郷愁誘う旨さ。
焼き茄子のお浸しは、トロリ蕩けるような舌触りがいい。


*カボチャ、人参、レンコンの南蛮漬け
b0118001_171327.jpg
甘酸っぱさのなかに、カボチャの素朴な甘みがじんわりと響く。
あー、ここへ来ると、ホンマに健康的飲酒をできるから
おかげでついつい、飲みのペースが加速する(笑)


*白金豚肩ロース肉のローストポーク
b0118001_1711598.jpg
肩ロース肉ならではの肉の甘みを引き立たせる塩加減がナイス。
このボリュームも嬉しいわ。


b0118001_1712795.jpg
「四恩醸造 クレマチス ロゼ 2014」とともに。
爽やかな辛口。カラダ悦ぶ、癒し系のロゼやわ。


*鶏レバーのしぐれ煮
b0118001_1713948.jpg
甘めの味付けで、嗚呼、ほっこり。


*大分県産 龍の卵のだしまき
b0118001_1715068.jpg
フルフル、だしのうま味がジュワリ。


*羽山さんの賄い牛すじカレー
b0118001_17228.jpg
様々な野菜の旨みと牛スジの旨みが重なり合う
味わい深さがある。

そうそう、プライベートネタになるが
「土佐堀オリーブ」の店主・羽山智基さんが自然栽培する
「羽山農園」の季節のお野菜を購入。http://bistrohym.thebase.in/
b0118001_1722136.jpg



b0118001_172524.jpg
羽山さんに教わった「羽山農園カレー」、
我が家のレシピに殿堂入り(笑)
使用スパイスは、クミン、フェヌグリーク、カルダモン
コリアンダー、カイエンペッパーなど家にあるもので。
野菜の甘み、旨みと、スパイスの複雑な風味がよう合うてるの何のって。



さて「土佐堀オリーブ」ネタに戻り
b0118001_1741516.jpg
ココファームワイナリー「農民ロッソ 2013」も頂き
この夜は日本ワインのみで通す。


b0118001_1742780.jpg
この日、厨房には羽山さんの姿も!
平口店長とスタッフのお兄さんとともに激写。
いつもありがとうございます♬


「土佐堀オリーブ」
大阪市西区土佐堀2-1-12−B1
☎06-6450-8182
open : 18:00〜翌2:00LO
close: 火曜
https://www.facebook.com/olive2011



DJ MEMEさんの「AFTERNOON DELIGHT
@FM cocolo を聴いてて
そのエンディングで流れているから今日はコチラ♬

FM COCOLO、9月のマンスリーアーティスト/
Elton John - Can You Feel The Love Tonight

by writer-kaorin | 2015-09-21 16:59 | 土佐堀オリーブ | Comments(0)  

土佐堀オリーブ、7月。

いつもの「土佐堀オリーブ」で、健康的飲酒。
といっても私に珍しく、禁酒の日(!)だったので、
ノンアルコールな夜;


*焼きナスの冷たいポタージュ
b0118001_23213646.jpg
ぽってり、とろみがあるポタージュ。料理名の如く、
焼きナスの風味がふわっと広がり、その冷たさに気持ちもスッキリ。



*ゴーヤのきんぴら
b0118001_23215021.jpg
苦み皆無。ホクホクとした質感とゴーヤの夏の風味に続き、
ゴマの香ばしさ。
「嗚呼、泡が飲みたいーー!たこシャン欲しいー!!」と叫びますわ。
でもガマンして、ノンアルのルービー。



*鶏ささみと農園じゃが芋のテリーヌ
b0118001_23221027.jpg
ベーコンで覆われた鶏肉の間に、ジャガイモが挟まれていて
トップにはタプナード。
ささみの優しい旨みと、タプナードの風味がよく合い、
羽山農園で採れたジャガイモの甘さを引き立たせてる。
この冷製テリーヌには、どんなワインが合うかなぁ…と妄想膨らむし(笑)


b0118001_23222616.jpg
キュウリとツナのマリネは、ヨーグルトの酸味が利いた、爽やかな味わい。



*ちりめん山椒のまぜご飯
b0118001_2322426.jpg
ちりめん山椒 大好物の同行者は、このまぜご飯をチョイス。
ひと口頂く。山椒の香り、程よい塩気、麦ご飯の時折プチッと感じる食感もいい。



*牛ホホ肉の黒ビール煮
b0118001_23225792.jpg
箸だけで、ほろり崩れゆく柔らかさ。
赤身の噛みしめる食感と、ぷるんっとゼラチン質のところもあり
しかも、ボリュームもあって大満足。
スタウト系のコクが生きた、深みのある味わいでした☆


お品書き内、「本日のお惣菜」には、夏野菜の素材名がずらり書かれていて、
何にしようか迷うくらいに楽しい。
お酒は飲めなかったけれど、相変わらず有意義な時間でした♪


「土佐堀オリーブ」
大阪市西区土佐堀2-1-12−B1
☎06-6450-8182
open : 18:00〜翌2:00LO
close: 火曜
https://www.facebook.com/olive2011


Band of Horses - The Funeral

by writer-kaorin | 2015-07-25 23:30 | 土佐堀オリーブ | Comments(0)  

土佐堀オリーブ @和とワインと。

この日は「土佐堀オリーブ」さんで晩ご飯。
羽山さん、平口さん、スタッフの皆さん
4周年おめでとうございます!
b0118001_73649.jpg
E.Jamart & Cie Champagne “Carte Blanche” Brut
ミネラル感、心地よく、どこまでも爽やか〜。


b0118001_7361970.jpg
「ひじきの煮物」、「うどのきんぴら」、「ナスの揚げ浸し」。
ひじきの煮物に入っている佐用町のもち大豆は、大粒でふっくら。甘い。
うどの小気味良い食感心地よく、
揚げ浸しはじゅわりと旨みが広がる。
いずれのお惣菜も、塩加減がやさしく、素材感をしっかり感じるおいしさ。



*ホルモンの煮込み
b0118001_7363338.jpg
各種ホルモンの食感の違いを楽しみつつ、
脂の甘みと調味料の旨みがえぇ具合に馴染んでいる。
菜の花のほろにがさで、後味爽やか。


b0118001_7364829.jpg
キュヴェ パピーユ デラウェア 甕仕込み Ver.2 2014
2杯目は、フジマルさんのワイン。
お品書きにこのワイン名が書かれていると、即注文、が最近のパターン(笑)
嗚呼、椀物のおダシに通ずる、しみじみとカラダに染み渡る滋味。


*大分県産 龍の卵のだしまき
b0118001_737286.jpg
プルンッとしつつファッファ。ダシのうま味がじゅわり、口中に広がる。


*リュー ド ヴァン シャルドネ 2013
b0118001_7371854.jpg
ふくよかな果実味。酸味しっかり。


b0118001_7373234.jpg
お隣さんは、〆モード。
具沢山の粕汁と、麦ご飯が登場。少しいただくと、
上品な香り広がるこの粕汁は、おかわりしたくなる旨さ。
麦ごはんのぷちぷちした食感、私にとってはすごく懐かしい。


そして私はまだワインとともに
*牛ホホ肉の黒ビール煮
b0118001_7374573.jpg
肉感凄い。その牛ホホ肉は、ホロリ崩れる繊維質
煮詰めたソースの深いコクのおかげで
グラスを持つ手が止まらん。


ほっと心和む和惣菜と、
ワインを誘うお料理の数々のおかげで
カラダヨロコブ、健康的飲酒の夜となりました☆


「土佐堀オリーブ」
大阪市西区土佐堀2-1-12−B1
☎06-6450-8182
open : 18:00〜翌2:00LO
close: 火曜
https://www.facebook.com/olive2011



Jackson Browne - Somebody's Baby (1982)

by writer-kaorin | 2015-03-06 08:23 | 土佐堀オリーブ | Comments(0)  

土佐堀オリーブ、夏。

「土佐堀オリーブ」さんで
仕事帰りに、健康的飲酒(笑)


*島らっきょう カツオ醤油
b0118001_14515240.jpg
パリッシャキッと心地よい食感、ぴしっと酸が利いてて
ビールがどんどん進む味わいだ。


*コリンキーのきんぴら
b0118001_1452489.jpg
こちらも小気味良い食感で、
優しい甘み、ゴマ油の程よい香ばしさも。



*ちりめんじゃことおろしポン酢の冷奴
b0118001_14523615.jpg
お豆腐、豆の味濃い。
健康的飲酒は、ビールから飛鳥シャルドネ'12へと。

b0118001_14524578.jpg
数年前に飲んだ、飛鳥ワインとは違い
しっかりと辛口。柑橘系の香り、清々しい。



*天ぷら盛り合わせ
b0118001_14532550.jpg
オクラ、ベビーコーン、茗荷、金時草。
衣は薄く軽やか、飛鳥ワインがピタリと寄り添う。



*焼き茄子、オクラ、蒸し鶏のゼリー寄せ
b0118001_14534224.jpg
ダシの旨み広がる冷たいゼリーのなかに、具がゴロゴロと。
茄子とゼリーを組み合わせると、ぐっと和の表情となり
プチトマトや蒸し鶏を口に入れると、爽やかな洋テイストに。



*ハンバーグ 赤ワイン煮込み
b0118001_1454454.jpg
噛むほどに広がる肉の旨み。
煮詰めた赤ワインの深いコクと
玉ねぎの甘みがひとつになった、このソースが旨いんだ。


b0118001_14544741.jpg
ツレは麦ご飯としじみの味噌汁で、ハンバーグ定食。


b0118001_1455615.jpg
私はキュウリの浅漬けとともに、飛鳥ワインおかわり!
となったのでした☆

夏の健康的飲酒。
翌朝、カラダがすっと軽やかだったのは
お料理のおかげか、気のもちようか?(笑)
ご馳走様でした☆


「土佐堀オリーブ」
大阪市西区土佐堀2-1-12−B1
☎06-6450-8182
open : 18:00〜翌2:00LO
close: 火曜
https://www.facebook.com/olive2011


Three Dog Night Shambala

by writer-kaorin | 2014-08-05 15:00 | 土佐堀オリーブ | Comments(0)  

土佐堀オリーブ

「土佐堀オリーブ」さんで、健康的飲酒。
ちなみに先日出た、健康診断の結果、γGTPは9。
健康に産んでくれた両親に感謝。
ほな飲も(笑)


*Jean Vesselle Extra Brut
b0118001_7482947.jpg
力強いタッチで、イキイキすっきり系。



*ブロッコリーのあったかポタージュ
b0118001_748554.jpg
ぽってり。濃厚に感じさせつつ
ブロッコリーを中心とした野菜の旨みが、じんわり響き
後味軽やか。



*うどのきんぴら
b0118001_7491323.jpg
シャクッと小気味良い食感。味付けは優しく、お次のワインがぴたり寄り添う。



*フジマル醸造所 柏原デラウエア2013
b0118001_749271.jpg
スッキリとしていて、じんわ〜りとカラダに沁み入るおいしさ。
仄かな酸が心地良い。



今月のメニューは旬野菜ではなく、
「青森・岩手・宮城にちなんだお料理」

ということで、

*油麩(仙台麩)と山菜の炊き合わせ
b0118001_750723.jpg
この油で揚げた麩、ふんわり&だしの旨みがジュワリでクセになりそ。

奥は、せりと焼き油揚げの酢味噌和え、
クレソンと油麩のからし酢味噌。春の香り、瑞々しさにカラダよろこぶ。



*鴨のスモーク
b0118001_750741.jpg
優しい燻香。ワインが止まらず、柏原デラウエアをおかわり。



*ニンニクの芽と豚バラ肉のスタミナソテー
b0118001_7502631.jpg
これはご飯が欲しなる!ということで、お隣では定食状態(笑)。



*牛ホホ肉の黒ビール煮
b0118001_7504598.jpg
ほろりと崩れるやわらかさ。ソースは野菜主体の旨み、強し。



*具沢山粕汁
b0118001_7512119.jpg
締めに粕汁。粕と味噌のバランスがすごく好き。
五臓六腑に沁み入る味わいでした。


いつもの健康的飲酒。
春の気付きが多々あり、沁み入るワインとともにシアワセ時間。
ご馳走様でした☆



「土佐堀オリーブ」
大阪市西区土佐堀2-1-12 B1
06-6450-8182
open : 18:00〜翌2:00
close: 火曜
http://tosabolive.exblog.jp/


Lou Reed: Perfect Day

by writer-kaorin | 2014-03-17 07:56 | 土佐堀オリーブ | Comments(0)  

土佐堀オリーブ @健康的飲酒

この夜は健康的飲酒を求め、「土佐堀オリーブ」さんへ。


9月の野菜料理。テーマは「もち大豆」!
オーナーシェフ羽山さんの地元・兵庫県佐用郡佐用町の
名品「もち大豆」を使ったお料理が、10種ほど。

ところで、この「もち大豆」って、大粒。
かつ、まろやかで舌触りがよく、深い甘みを感じる、
存在感ありありの大豆なのです。


1杯目は、ジョゼ・ミッシェル。
甘めの優しいアタックにはじまり、しっかりボディな余韻。

お酒はこの後、意外にキリリと甘ったるくないロゼと、
鶴沼ワイナリーのバッカス2011ほか。



*自家製おからの うの花 、 セロリのきんぴら
b0118001_784033.jpg
カリフラワー入りのうの花。控えめな甘み、泡と合う。
セロリのきんぴらは、胡麻油の香ばしさ&小気味良い食感が心地良い。



*オリーブとカボチャのSoyキッシュ
b0118001_785586.jpg
具となる大豆やカボチャ。それらの甘みと、オリーブの塩気が、
豆乳を使ったアパレイユと、いぃ具合に絡み合う。



*特製レンコン入りハンバーグ
b0118001_79912.jpg
レンコンのシャキシャキ感、いぃアクセントに。
しかも、トップに盛られた大葉が、いぃ仕事をしているんです。



*鴨のスモーク
b0118001_792345.jpg
飲ませる燻香。



*オリーブのマリネ
b0118001_710688.jpg
締めるどころか・・・ワイン、プリーズとなる(汗)

お隣さんは、白ご飯とシジミのお味噌汁、
大分県産「龍の卵」のだし巻き…と、好みの定食でご満悦。


健康的飲酒のおかげで、翌日はカラダも軽く
朝ジョグ、張り切ることができました〜。
ご馳走様です!
10月の野菜特集は何だろ?楽しみにしてま〜す☆


「土佐堀オリーブ」
大阪市西区土佐堀2-1-12 B1
06-6450-8182
open : 18:00〜翌2:00
close: 火曜
http://tosabolive.exblog.jp/


David Bowie - Heroes

by writer-kaorin | 2013-09-30 07:11 | 土佐堀オリーブ | Comments(0)