カテゴリ:蔦屋( 2 )

 

そば切り 蔦屋 @大阪・能勢

雨マークだけど、カンカン照りで暑いやん!な日曜日。
日本の原風景が残る、能勢へと足を運ぶ。
b0118001_783629.jpg
黄金色の稲穂がまぶしい季節だ。
いつもこの辺りを、ロードバイクで駆け巡っているから
車でドライブってのがとても新鮮!

目的はひとつ。
大阪・谷町六丁目から能勢へ移転した「そば切り 蔦屋」へ伺うこと。
b0118001_785598.jpg
里山のなかにぽつんと佇む、そのロケーションの良さは言うまでもなく
茅葺きの古民家の堂々たる存在感。かっこえぇわ。

b0118001_79157.jpg
時間をかけてひとつひとつ作り上げた、内装がまた素晴らしいの。




昼餉のはじまり。
あ、忘れないうちに!必ず、予約をしてお店へ行きましょう!
b0118001_793172.jpg
「そばと里山料理 2500円」や「蔦屋のそば三種 2500円」は
売り切れていたのを、事前にお聞きしてたので、
単品であれこれお願いすることに。



*お漬物と大豆の醤油麹漬け
b0118001_710313.jpg
漬物は胡瓜と茄子のもみ漬け。すっきりおいしい。
大豆はホクホク甘くって、発酵の風味が酒を呼ぶ。



*季節の野菜料理
b0118001_7101811.jpg
能勢の枝豆、オクラと木耳の白和え、ひじきとじゃことししとうの炊いたの
赤米のお寿司、昔の味がするトマトほか、
この近辺で採れた季節の野菜がたっぷりと。
しみじみ味わい深く、心と身体が洗われる気分になるわ。


b0118001_710338.jpg
蕎麦をじっと待つ、たまらなく嬉しい瞬間。



*もりそば
b0118001_711638.jpg
まずは蕎麦だけを。
炊きたての(あるいは煮えばなの)土鍋ご飯に通ずる
透き通った甘やかな香りが鼻腔を突き抜けるの。
細切りなのに、しっかりとコシがあるのだ。
塩をちょんっとつけて味わえば、素朴な甘みがぶわっと押し寄せる。
そしてスキッと辛口タイプの蕎麦つゆとともに。目を細め、笑みしかこぼれぬーー。


b0118001_71209.jpg
お向かいさんは、鴨汁そばを。

b0118001_7121794.jpg
鴨汁の蕎麦は細切り2枚分。

デザート(単品)までたどり着けず、
トロリ、程よく濃厚な蕎麦湯でしみじみ〆となりました。


b0118001_7125537.jpg
景色もご馳走とはまさに、このこと。
のどかだ。ぼ〜っと外を眺めるだけの贅沢な時間。
近いうちにまた伺う気マンマンで、店を後にしたのでした。


食後は周辺をぶらぶらお散歩。
b0118001_7131178.jpg


b0118001_7132545.jpg
その後、ギャラリーカフェでお茶して、
おいしいお豆腐屋さん、野菜の直売所なんかも巡り、充実の一日となりました☆




「そば切り 蔦屋」
大阪府豊能郡能勢町垂水246
072-734-2774(予約受付時間16:00〜19:00/1ヶ月前より予約開始)
open : 11:30〜14:00入店可 ※夜の営業は、夏以降 の予定
close: 火曜、臨時休業あり
http://sobakiri-tsutaya.com/



来日公演、決定〜〜!! http://www.jeffbeck.com/tours/

Jeff Beck - People Get Ready

by writer-kaorin | 2016-09-13 07:17 | 蔦屋 | Comments(0)  

蔦屋 &谷6散策

週末の昼下がり。
ちょっと風は冷たいけど、時折差し込むあたたかな陽の光。
春だなぁ~。

しかし体調は絶不調。胃腸が・・・(涙)
寝とけきゃいぃのに、
前夜からの蕎麦気分につき、
久しぶりに「そば切り 蔦屋」さんへ。

b0118001_23224038.jpg
LOギリギリにおじゃま。
公園をボ~ッと眺めながら、たまらん時間。
店内の梁から不揃いの椅子から…
しみじみと醸し出される、この店にしかない空気感が好きだ。
古びた棚に並べられた古書ひとつをとっても、
それをじっくり読みながら蕎麦に浸りたい気分になる。


b0118001_2323924.jpg
こうなるワケで・・・。
ひとり池波正太郎気分(笑)


*豆皿三種
b0118001_23233754.jpg


b0118001_23235914.jpg


b0118001_2324233.jpg
ぷっくりと肥えたホタルイカ。清々しい春味、響く。
豆腐は濃厚。高菜がいいアクセントに。
干し牛蒡&人参は、醤油テイストの濃い味。秋鹿純米ぬる燗が何と合うこと♪


嗚呼、近所にあったら毎週末、通ってるわ。
と、おじゃまする度にそう感じる。



連れは
*鴨汁そば
b0118001_23245214.jpg


b0118001_23251128.jpg
嗚呼、胃が元気だったら、鴨椀か、おろしそばいきたかった!


ワタシは季節限定
*芹ときざみ
b0118001_23254677.jpg
こっくりと深みのある熱々のおダシに、
生の芹をぎゅーっと浸してひと口ふた口。嗚呼、至福。
蕎麦の喉越し、香りともに言わずもがな。


大好きな蕎麦と肴と酒。最高の休日。


その後は、お気に入りのパン屋へ行ったり、
石碑を見ながらてくてくお散歩。
空堀にある、お気に入りのカフェ「Low」で
女店主とDavid Bowie話で大盛り上がりし、洋書を読みあさり…


〆はやっぱり「たこりき」さん(笑)

b0118001_2326868.jpg


b0118001_23262358.jpg
相変わらず、泡とたこ焼き、合いすぎる。
ここのたこ焼きを頂かないと、週末がやってきた気がしない(笑)
しかし、、、体調不良につき泡は1杯のみ:
来週、リベンジといっときます(笑)

って、このコース、書いてみて思ったけど、
いつの日かのLさんと一緒やーん!(汗)




「そば切り 蔦屋」
大阪市中央区内久宝寺町2-7-14
06-6764-7074
open : 11:30〜14:30、17:30〜20:00LO
close:水曜・木曜


「たこりき」
大阪市中央区瓦屋町1-6-1
06-6191-8501
open : 11:00〜18:00(春以降、変更あり)
close: 月曜


David Bowie - Heroes (live)

by writer-kaorin | 2011-03-30 23:29 | 蔦屋 | Comments(4)