カテゴリ:やなぎ( 1 )

 

季節の味処 やなぎ @初鱧の夜

久しぶりに降り立った鶴橋駅。
この日は、よみきむプレゼンツ・Zeppクンチャン送別会、ということで
「季節の味処 やなぎ」さんへ。
今年、初鱧の、鱧鍋ナイツ!
b0118001_10103819.jpg
メンバーは、Zeppクンチャン&よみきむさん&姫&kaorin
毎度なメンバーでこじんまりと、送別会という名の「鱧を喰らう」会(笑)

b0118001_10105937.jpg
カウンター前水槽では、鱧ちゃんお出迎え!
大将曰く、4月中旬すぎから鱧が入りはじめ、鱧料理をスタートされたそう。
徳島や沼島周辺から、仕入れられるとのこと。

沼島の海底には、絨毯のように心地よいふわふわの泥地が広がっているそうで。
そこですくすく育つ鱧は、肉厚で皮もやわらかく質が高い、と
沼島取材時、はえ縄漁の漁師に聞いたことある。


よみきむさんがTV局にいてはった頃からの馴染み店。ゆえ、メニューはおまかせ。
曰く、「あんな、コースやと腹いっぱいになんねん。せやから鍋にしよ」
酒飲みである皆の衆、同感!


*はも鍋(単品3500円)
b0118001_10114118.jpg


b0118001_10115977.jpg


b0118001_10122134.jpg
鱧+ネギ+おダシの、淡路島流。
姫も同じこと言うてたけど、チリ酢とかポン酢とかばかりだと
ワタシもどうしても苦手で(味が単調になるし)。
煮込むほどに、タマネギの甘みや鱧エキスが、おダシに浸透していく、
このスタイルがダイスキやわ。

b0118001_10124852.jpg
走りの鱧なのに、しっかりと肉厚でやわらかっ!
骨切りもお見事です。そして、タマネギの甘みが染んだ
このダシだけで、日本酒飲める感じ♪


b0118001_1013673.jpg
てことで、もちろん熱燗飲んでマス。


b0118001_10132248.jpg
よみきむさん&クンチャンをコソ撮り♪
業界逆さ用語とダジャレ、エンドレスナイツでもあった!
クンチャン、「きょうべんにますなり!」で合ってるんか?まだまだや…。


b0118001_10134558.jpg
鱧&タマネギ以外の具は、
豆腐、肉厚ほうれん草、白菜のみ。このシンプルさがえぇわぁ〜。
ズワイガニのごとく、これまた無言で喰らう。


b0118001_1014473.jpg
白濁とまではいかないが、ちょっと白っぽいダシ色になってきたくらいが
ダシに深みが出てきてほんまにおいしいわぁ。しみ滋味。


その後・・・
b0118001_10142755.jpg


b0118001_10144354.jpg
〆はうどんとなるわけで〜。最高っす。うどんを一口。
そして日本酒+アテにダシ、引き続き(笑)


「やなぎ」さんの「はも鍋」、ほんまに素晴らしかった!
何がって、あのダシの上質さ、鱧の質もそうだし、そのボリューム、
そして「はも鍋」1人前3500円という価格にもビックリだ。


b0118001_101578.jpg
私たちは、「はも鍋」単品だったが、「はも鍋コース」(5000円)も
相当お値打ちらしい。次、コースにトライしてみよ!


b0118001_10152419.jpg
大将、最後に、獰猛な鱧をみせてくれた。昼に〆た鱧、まだ生きてる・・・。


b0118001_10154344.jpg
大将や女将さんが醸し出す、親しみやすい雰囲気も、
ダシとともに味わい深かったなぁ〜。
春から晩夏にかけては鱧、それ以降はフグ料理が看板の「やなぎ」さんです。


よみきむさん!素敵なお店を教えてくだすって、おおきに!
クンチャン、送別会といえども、また来月あたり呑みませう(笑)
b0118001_1016795.jpg
姫と2人の図。
鶴橋駅すぐのこのストリート。
スナックや喫茶店、昔ながらの洋菓子店などが連なる、昭和な匂い、
かなり気に入ったわぁ!



季節の味処 やなぎ
大阪府大阪市天王寺区舟橋町11-4
06-6761-6061



Rod Stewart & Jeff Beck

by writer-kaorin | 2011-05-01 10:17 | やなぎ | Comments(0)