カテゴリ:Coeur Vrai( 2 )

 

Coeur Vrai〜クール・ヴレ〜@ワイン会

旅帰りに、ワイン会へ直行ー。
甲子園口にある、「洋食とワイン Coeur Vrai〜クール・ヴレ〜」さんへ。

b0118001_21511933.jpg
濃い濃いメンバー、総勢8名。
ダンディK岡さんを筆頭に、
ほんまに濃すぎるメンツ・・・(笑)


*矢田川 稚鮎のコンフィ、川西産イチジク、四葉胡瓜
b0118001_21514070.jpg
稚鮎のやわらかい苦みに続き、夏らしいキュウリの瓜香、
そこに、イチジクのやさしい甘みが重なり合う。


*秋刀魚とキタアカリのキッシュ
b0118001_21521467.jpg
秋刀魚の繊細な身質と、上部のメイラードな香ばしさ、
キタアカリと相性大。生地が放つバターの風味もいい。


*田舎風鹿児島産もち豚のパテとピクルス
b0118001_21523630.jpg
肉々しいインパクトの中に、何ともいえない優しさが見え隠れする。
それは塩梅なのか、シェフのお人柄が表れているのか。
その両方なんだろう。後ほど紹介する泡と、かなり相性大。


*トリッパ煮込み
b0118001_21525864.jpg

b0118001_21531452.jpg
パン粉のカリカリ具合と、トリッパのクニュッと柔らかな食感。
このコントラストが楽しく、
半熟卵のトロッと加減も、そそる食感だ。


*活オマール海老のクリームコロッケ
b0118001_2153394.jpg
咀嚼するほどにオマールの風味、押し寄せる!
クリームの、溶けゆく食感も、味わいと同様に驚き。


b0118001_2154175.jpg
酒豪揃い〜(笑)K岡さんを筆頭に、Mもっちゃん、S摩君にTッシー、
S木さんに、M美さん。写真には登場してないけど、「姫」も一緒♬


*鱧ウニ・カッペリーニ
b0118001_21542248.jpg

b0118001_21543647.jpg
ハモにウニ、そして深い甘みをもつタマネギのジュが渾然一体となり、
ひんやりとしたカッペリーニに寄り添う。
この時季ならではの、淡路島オールスターズ!といった
食材の組み合わせ♬ これ、おかわりしたかった!(笑)


*サフラン生地のオレキエッテ、青森 銀の鴨コンフィ
b0118001_2155773.jpg
トゥルンとした食感のオレキエッテ、サフランの香りがイィッ!
鴨はホロホロと崩れゆく&その旨みがオレキエッテに絡む。
飲みのペースも順調ゆえ、満腹に近いが、無言で完食(汗)


*ラム 炭火焼
b0118001_21552976.jpg
もう満腹ーー!!しかしなら、NZのピノとともに、喰らう。旨し。
ソースは白バルサミコの風味とともに、デミソース的味わい深さも。



もちろんワインも飲んでます♬
b0118001_21554610.jpg


b0118001_2156181.jpg


b0118001_21562135.jpg


b0118001_21563373.jpg


b0118001_21565097.jpg


b0118001_224231.jpg


b0118001_21583339.jpg




b0118001_2203425.jpg
撮り忘れもアリ;
持ち寄りワイン、8人で確か10本だったな。
うち、3本はマグナム・・・・(笑)

寺田シェフのお料理、ピシッと焦点が定まっていて、
ほんとうに美味しかった〜。そら、ワイン進みます飲みすぎます・・・(焦)

ナポリタンや極みのオムライスから、
サフラン生地のオレキエッテやパテカンまで。
いろんな洋食を楽しませていただける、クール・ヴレさん。
寺田シェフの柔軟な発想は、カラダへの優しさと美味しさがギュッと詰まってます♬



「洋食とワイン Coeur Vrai(クール・ヴレ)」
兵庫県西宮市甲子園口2-3-32
0798-39-7557
open : 11:30〜15:00(14:30LO)、18:00〜23:00(22:00LO)
close: 水曜
http://www.coeurvrai.com/


SuperHeavy - Miracle Worker

by writer-kaorin | 2011-08-24 07:10 | Coeur Vrai | Comments(2)  

洋食とワイン Coeur Vrai@甲子園口

この日は、甲子園口まで遠征。
3月にオープンなさった、「洋食とワイン Coeur Vrai(クール・ヴレ)」さんへ。
http://www.coeurvrai.com/


b0118001_9204317.jpg
寺田元樹シェフは、「クロ・ド・ミャン」さんや、
上等居酒屋「ながほり」さんなどで経験を積まれたお方。
ワタシは、マダムの順ちゃんと新地繋がりでご縁があって、
遅ればせながらのおじゃまです。順ちゃんおめでと!


*カジキマグロの生ハム 能勢産クレソンのサラダ仕立て
b0118001_921782.jpg
のっけから、「ハッ!」とさせられる極みの一皿。
築地から仕入れる、質のいいカジキマグロを、
ゆうに2ヶ月近くかけて、自家製の生ハムに。
噛むほどに、素材の甘みとコクがじんわり。そして、冷燻のやらこい燻香。
初々しいマンゴーとの相性も秀逸。能勢クレソンは力強い味わいだし。
これ、おかわりしたくなった!


b0118001_921231.jpg
ビールを飲み干し、グラス白へ。


*ゴルゴンゾーラと空豆、うすいえんどうのキッシュ
b0118001_9214452.jpg
春味炸裂。そしてふわりと漂うゴルゴンゾーラの香り。
生地はバリバリッと小気味よし。

「洋食」を店名に掲げておられるクール・ブレさん。
オムライスやハンバーグ、ナポリタンといった王道メニューもあるが、
修業時代、イタリアンやフレンチも作っておられた、寺田シェフ。
だから、ビストロ然とした一品から手打ちパスタまで、
洋食屋のイメージを覆すラインナップなのだ。

オムライスも、あの真っ赤なケチャップライスやないし、
上から垂らすケチャップまで自家製だし、
固定概念にとらわれない視点がとにかく素敵。


オムライスも捨て難かったのだが、今度ランチでいただくとして
*サフラン生地のオレキエッテ
 長崎産ホウボウとグリーンアスパラガスのソース
b0118001_922038.jpg
ソースはまるでスープ・ド・ポワソンのような、深いコク!
弾力のあるオレキエッテは、贅沢にもサフランの香りしっかり。
ホウボウのムッチリとした身質もたまらんかった。


b0118001_922212.jpg



*近江牛と犬鳴ポークのハンバーグ デミグラスソース
b0118001_9223738.jpg
楕円形のハンバーグをイメージしてたらびっくり。野球のボール大!

b0118001_9225713.jpg
肉々しさこの上なし!滴り落ちる肉汁、噛むほどに肉のウマミ。
そこに優しさと味わい深さを併せ持つデミソース。
まぁ、とにかく存在感大のハンバーグです。


ながほりさんで、あのココット料理を作られていた寺田シェフだけに、
固定概念にとらわれない洋食メニュー、さすがの一品ばかり。

しかも、オムライスやナポリタンなんてメニューもあるから
この日も老若問わずの地元客で、賑わってました。
ご馳走さまでした☆


「洋食とワイン Coeur Vrai(クール・ヴレ)」
兵庫県西宮市甲子園口2-3-32
0798-39-7557
open : 11:30〜14:00LO、17:00〜22:00LO
close: 水曜

by writer-kaorin | 2011-05-21 09:23 | Coeur Vrai | Comments(2)