カテゴリ:トラットリア パッパ( 12 )

 

トラットリア パッパ @ウメイロ? 糸引き鯵!?

「トラットリア パッパ」で晩ごはん。
b0118001_984132.jpg



b0118001_98859.jpg
旨い魚が食べたくて、食べたくて。
泡もワインも飲みたくて。それならココということで。


*カプレーゼ
 山中さん家の秋トマトと水牛のモッツァレラチーズ
b0118001_99854.jpg
トマト好きがいてたから、トマトは大盛り(笑)
酸味くっきり、ハリがあり甘みは程よく。
そして香りのなんといいこと!
ボッコンチーニの滑らかさとミルキーな味わいも堪んない。



*本日のカルパッチョ
b0118001_992431.jpg


b0118001_993411.jpg
高知 宿毛の「糸引き鯵(イトヒキアジ)」は、皮目をさっと炙って。
歯ごたえ程よくしっかりしていて、噛むほどにじんわり旨み。

b0118001_995786.jpg


b0118001_910767.jpg


b0118001_9101798.jpg
はい、これが「糸引き鯵(イトヒキアジ)」のお頭。
Pappaのお魚ブログ!」の一コマを真似てみた(笑) 
鯵という名からは想像がつかないデカさ!
背ビレと尻ビレが、糸状に長く伸びているから、この名前なんだとか。
聞き慣れないけど、おいしい。そんな魚にここでは出合える。
松本シェフは毎朝、大阪中央卸売市場へ。
仕入れた魚を毎日、Facebookでアップしていて、
それ見るのが私の日課になってるなー。勉強になるし。


b0118001_9111414.jpg
「イシガレイ」は蕩ける質感。あ、あ、あまい。

b0118001_9112960.jpg
韓国産の「赤貝」は、旨みの嵐。

b0118001_9114456.jpg
北海道からは「ツブ貝」。
コリコリッと食感楽しく、濃厚な味わいだった。


b0118001_9115797.jpg
思わず食べすぎてしまう。旨し。


b0118001_9121268.jpg
これまた、「Pappaのお魚ブログ!」的に、松本シェフを(笑)。
シェフありがとうございます♬
上等なアワビは我が地元・福井県より★



*自家製キタッラ アワビとその肝のソース
b0118001_9123298.jpg
アワビは生でもなく火が入りすぎた感もない、半生感最高。
この身がですね、ふぁっと驚くほど柔らか。
キタッラは味わい深く、
噛みしめるほどに磯の香りというか、さらには肝のコクが
口中に充満する。ずーーーーっと食べ続けていたいーーー。
シェフが持っていたアワビ1個使用の、贅沢パスタでありました。



*ウメイロのアクアパッツァ
b0118001_9125595.jpg
高知 宿毛産のウメイロ。
久しぶりにウメイロと再会。
10年くらい前、ウメイロ取材で白浜へ行ったことがある。
大阪でみるのは初めてかもー。
火入れがなされたウメイロの身は、じつに肌理細やかで上品。
汁にはムールやアサリのエキス、トマトのまろやかな酸味が凝縮し
えも言われぬ旨みが広がる。


b0118001_9131226.jpg
旨い魚とワインで上機嫌。


b0118001_9132957.jpg
Un caffé, per favore!で、〆。


お魚ガッツリで、満腹至福。楽しいおいしい夜でした。
この翌日、シェフはシチリアへ〜♬
シチリア仕込みのお料理を味わいに、またおじゃましたいな。


「TRATTORIA Pappa」
大阪市西区新町2-3-9 センユー四ツ橋1F
06-6536-4188
open : 11:30~14:00 17:30~21:00(LO)
close:日曜、第3月曜
http://www.pappa.jp/
http://blog.livedoor.jp/trattoriapappa/


Oasis - Whatever - Promo Vid

by writer-kaorin | 2016-01-16 09:26 | トラットリア パッパ | Comments(2)  

TRATTORIA Pappa

ラストオーダー、ぎりぎりにおじゃました
「TRATTORIA Pappa」さん。
b0118001_9575834.jpg



*地はまぐりのスプーマ 生のりのスキアッチアータ
b0118001_9581430.jpg
ぷっくりと肥えたはまぐりの上に、
はまぐりのジュを凝縮させた泡がこんもりと。重層的な旨み。
生のりを練り込んだ生地・スキアッチアータからは磯の香りがふうわり広がる。



*カルパッチョ4種
b0118001_9583352.jpg
左奥から。
愛媛の天然鯛は、弾力しっかり、咀嚼すると甘みが滲み出てくる。
岡山からは大きな白ミル貝。歯にねっとりまとわりつき、甘みのエキスが迸る。
 トマトベースの爽やかなソースとの相性素晴らしい。
そして和歌山 新宮のハガツオ。程よく脂がのっていて旨し。
手前左は、チビキっていう赤身のお魚。初めて食べるわ。
 

b0118001_958541.jpg
この魚!(笑)
赤身で、柔らかな身質。味がしっかりある魚で、旨みがすーっと広がりゆく。


*車海老と京筍、菜の花、アスパラガスのソテー
 タスマニア産マスタード添え
b0118001_9591337.jpg
車海老は濃厚な甘みを放つ。
たけのこの香り、蕪のジューシーさ、アスパラの甘み…など、
各野菜が車海老に負けじと、その個性を主張する。
大好物、タスマニア産マスタードができるまとめ役。この器も、すごく好き。


*スパゲティ 雲丹のソース
b0118001_9592864.jpg
艶めかしいソースは、雲丹の海味とクリームが絡み合ってて濃厚!
でも塩加減がやさしいので、重たさ皆無。
結構ボリュームあったけど、ペロリ、おいしく頂いた。


パッパさんへおじゃますると、
お魚たちのおいしい勉強ができて、ホントに嬉しい(笑)
いつもありがとうございます☆


そして明日は、
パッパ松本シェフをはじめ、パワフルなメンバー&料理人による
チャリティーイベントの日!

東日本大震災チャリティー
「OSAKAID立ちあカ〜レ〜」Final!
@大阪城公園 太陽の広場
b0118001_1004622.jpg
当日券は4000円。受付にて販売!(私、受付付近でお手伝いしてまーす!)
詳しくはサイトをcheck!
http://www.osakaid.com/2015/

https://www.facebook.com/osakaid


「TRATTORIA Pappa」
大阪市西区新町2-3-9 センユー四ツ橋1F
06-6536-4188
open : 11:30~14:00 17:30~21:00(LO)
close:日曜、第3月曜
http://blog.livedoor.jp/trattoriapappa/



Badfinger - No Matter What (from album "No Dice", 1970)

by writer-kaorin | 2015-04-18 09:57 | トラットリア パッパ | Comments(0)  

ハルカス300 & TRATTORIA Pappa

久しぶりに、お昼の出来事を。

3月7日、グランドオープンを迎える「あべのハルカス」。

地上300m。日本一と称される超高層ビル
「ハルカス300(展望台)」へ、
一足お先におじゃましてきました。
b0118001_7542218.jpg



最上階である60Fには、360℃ガラス張りの屋内回廊が。
b0118001_755170.jpg
谷町筋を中心に、北方向を撮影。
大阪城、ちっちゃ(笑)


b0118001_755023.jpg
さて、通天閣はどこでしょう?
めっさ、ちっこいので、
肉眼でも、凝視してへんと分からん(笑)

気候さえよければ、大阪平野はもちろんのこと、
京都や六甲、明石海峡や淡路島までもが一望できる。
逆に、北摂に位置する我が家からも、くっきりとハルカスのビルは見える。


b0118001_7552967.jpg



高所恐怖症の方にはオススメできない・・・
こんな床もあるんです・・・!
b0118001_756557.jpg


b0118001_7561740.jpg



地上300mの、窓拭きのお兄さんたち。
b0118001_7563679.jpg


b0118001_7584036.jpg
何げにポーズ取ってくれてる、左端の兄さん(笑)


b0118001_7591348.jpg

b0118001_7592730.jpg
58Fは吹き抜けの屋外広場になっている。


b0118001_7595855.jpg
女性用トイレからも、生駒山や大阪南部を眺望できる。
関西一、美しい眺望を愉しめるトイレかも。


オープンは3/7(金)。
ちなみに、オープン日から3/31(月)までは
入場券は事前販売のみらしいです(当日券はないとか)。
http://www.abenoharukas-300.jp/observatory/business.html



そんな昼間繋がりで
おいしいひととき。
先週末におじゃました「TRATTORIA Pappa」さん☆


*前菜盛り合わせ
b0118001_802973.jpg
モルタデッラ、フリッタータ、ワカサギのエスカベッシュ、
ホタテ貝柱の構想パン粉焼きなどなど。
嗚呼、泡欲す・・・(笑)



*石割さんの野菜だけで作ったスパゲティ
b0118001_804369.jpg
京都のカリスマ生産者、石割さんのお野菜たちは、
紅芯大根、金時人参、白菜、キャベツ、ブロッコリー、
蕪のペーストとともに。
それぞれの野菜の優しい甘みや食感、味の濃さが印象的で
野菜だけとは思えぬ深い味わい。
スルスルと、あっという間にたいらげる。



*カサレッチェ タコとトマトのソース
b0118001_80584.jpg
タコはプリッ&歯ですっとちぎれるくらいに柔らかく、
S字型のカサレッチェにソースがよう絡んでる。



*ドルチェ
b0118001_811236.jpg
黒ゴマのジェラート、トルタ チョコラータ、
そしてアーモンドの風味が際立つビアンコ マンジャーレ。

嗚呼、満腹至福な昼下がり。
ご馳走様でした!


「TRATTORIA Pappa」
大阪市西区新町2-3-9 センユー四ツ橋1F
06-6536-4188
open : 11:30~14:00 17:30~21:00(LO)
close:日曜、第3月曜
http://blog.livedoor.jp/trattoriapappa/


いよいよ〜明日っ!♬
The Rolling Stones - Start Me Up (Sweet Summer Sun - Hyde Park)

by writer-kaorin | 2014-03-05 08:04 | トラットリア パッパ | Comments(4)  

Trattoria Pappa でランチ

11月初旬。
「Trattoria Pappa(トラットリア パッパ)」さんでのランチ時間。

*前菜盛り合わせ
b0118001_854162.jpg
子持ち鮎のコンフィは、出来立てだった。
すっと柔らかな身質。旨みの凝縮感もしっかり。
この他、シラスのフリッタータや、
野菜の煮込み、タコと麦のサラダ、葉野菜のサラダ。
すぐさま泡〜っ!といきたかったが、
午後からの仕事を考え、ちゃんと我慢できました(笑)



*セロリとスルメイカのスパゲティ
b0118001_855665.jpg
イカのワタが入っていて、独特のうま味がいぃわぁ!
セロリとの組合せで、イカのいい風味だけが響く。



*リングイネ 足赤海老のソース
b0118001_861022.jpg
旨みの嵐!そして海老の甘い香りが、堪りません。
ワ〜イ〜ン〜・・・(我慢)



*ドルチェ盛り合わせ
b0118001_862986.jpg
ズッパ イングレーゼ、くるみのプラリネのアイス、
そしてアーモンドの風味がしっかりと生きてる、ビアンコ マンジャーレ。
エスプレッソで〆となりました☆


ランチはいつ以来だ!?と思い返しても思い出せないほど、
圧倒的に夜おじゃますることが多い、パッパさん。
ランチタイムも、お客様、ひっきりなしの賑わいで、
ノリいぃ音楽ガンガン、テンション上がる。
ご馳走様でした☆


「TRATTORIA Pappa」
大阪市西区新町2-3-9 センユー四ツ橋1F
06-6536-4188
open : 11:30~14:00 17:30~21:00(LO)
close:日曜、第3月曜
http://blog.livedoor.jp/trattoriapappa/


Paul Weller - My Ever Changing Moods (Live)

by writer-kaorin | 2013-11-12 07:35 | トラットリア パッパ | Comments(0)  

トラットリア パッパ

花金(古っ!)のある日、
トラットリア パッパさんへ。
b0118001_7491262.jpg
この日もメニューには、手書きの素材名(旬魚&野菜)だけがひたすらズラリ。
高知の「清水鯖(ゴマサバ)」あり、長崎の「甘鯛」あり、
珍しいところでは、高知の「おじさん」という魚や
愛媛の「よろい鯛」という魚種まで。何を注文しようか悩む。。。



*カルパッチョ4種盛り
b0118001_7492540.jpg


b0118001_750176.jpg
まったりと脂の甘みが広がる「よろい鯛」、
その奥には、韓国産の「赤貝」。
コリコリッとした食感&噛めば噛むほど旨みが広がり、
トマトとディルの爽やかさもいい。

b0118001_75139.jpg
澄んだ風味&脂のノリも素晴らしい「清水鯛」

b0118001_7512322.jpg
皮目をさっと炙った長崎産「太刀魚」は香ばしさがありつつ、スッーと蕩けゆく。
白いボールはなんと、生の「カブラ」。
いずれの品も、質高き味わいはもちろん、視覚的にも楽しい!


*自家製キターラ ウニのソース
b0118001_7515084.jpg
ソースには、ウニ本来の濃い甘みが炸裂。
それがキターラに絡みまくり、シンプルながらも強烈な存在感を放つ。



*よろりのアクアパッツァ
b0118001_7522293.jpg


b0118001_7523460.jpg
これまた珍しい、和歌山・新宮産の「よろり」。
正式名称は「クロシビカマス」。
皮と身の間に骨があり、中骨まで骨切りをするんだそう。
この魚、白身なんですが、驚くほど脂がのっている。
アクアパッツァのスープは魚介の旨みを蓄えていて、濃厚なソースのよう。
余韻に感じるレモンオイルの爽やかな香りが印象的でした。


順序はさておき、〆パスタ(笑)

*スパゲティー 紅ズワイガニのソース
b0118001_7525167.jpg
ロマネスコ&いろいろ野菜の、ナチュラルな甘みが
紅ズワイの深いコクと融合してます。



*ドルチェ
b0118001_753658.jpg
ドルチェは、「パンナコッタと栗の花のはちみつ」と、
「バニラのジェラート」をチョイス。
ホットティーとともに、おいしく頂きました☆


「魚が食べたい!症候群」、一気に解消!
旬魚は思いがけぬ旨さと化し、
希少な魚を駆使するその発想にハッとさせられた旨し夜。
松本シェフ、そしてスタッフの皆さん、ありがとうございました!


「Trattoria Pappa(トラットリア パッパ)」
大阪市西区新町2-3-9 センユー四ツ橋1F
☎06-6536-4188
open :11:30〜14:00LO、17:30〜21:00LO
close:日曜、第3月曜

Pappaのお魚ブログ!
http://blog.livedoor.jp/trattoriapappa/



Paolo Nutini - Candy

by writer-kaorin | 2013-03-15 07:57 | トラットリア パッパ | Comments(2)  

TRATTORIA Pappa

毎年、誕生日は空の上で、というか帰国途中の機内で
なにげに迎えるのが常になっている(汗)
何年ぶりかに、大阪でお祝いしてもらいました@TRATTORIA Pappaさんナイツ。



遅がけにおじゃまです。
b0118001_0503221.jpg
Grazie mille(^0^)!



*カルパッチョ3種
b0118001_051373.jpg



北海道 雲丹のブルスケッタ
b0118001_0513845.jpg
濃厚!海のアイスクリーム的ミルキーな甘み、
小気味よいパン生地との相性すばらしい。



徳島 マナガツオ
b0118001_0515248.jpg
身の甘みを際立たせる塩加減、ドンピシャ(死語;)
さっと炙った皮目の香ばしさと、きめ細かい身質の甘みが響き合うのだ。



高知 黒ムツ
b0118001_0521299.jpg
ねっとり、旨みを蓄えている。
パルミジャーノをスライスしたかのような白い素材は、生カリフラワー。
シャクッと小気味よい食感で、生マッシュルームのような風味。




*トラフグ、水菜
b0118001_0522994.jpg
さっと表面にだけ火入れを施したトラフグ、中は驚くほどしっとり。
その質感をとことん楽しませていただきつつ、水菜のシャキッと感楽しい。
そして、トラフグのジュが絡むパスタの旨いことといったら…(無言で喰らう)



*自家製いかすみ入りキターラ アサリと伊産ボッタルガ
b0118001_0542783.jpg
アサリのコハク酸、そして
ボッタルガのネットリと舌にまとわりつく感触に続き
濃密な旨みが押し寄せる。
これ、禁断の味わい&薫るパスタでした♬



*長崎 甘鯛のムニエル  ムール貝、堀川ごぼう、白菜のペースト
b0118001_0545346.jpg


b0118001_055440.jpg
オバマ出身のワタシにとって、グジは大大大好物の、馴染み深い魚。
しっとりきめ細かい身質と甘みにうっとりです。
そして、ムール貝の濃厚な旨み、
堀川ごぼうの土の薫り、白菜の自然な甘み。
力強さとしなやかさ&優しさを併せ持つ、極みの一皿でした。


b0118001_0552386.jpg


b0118001_0553665.jpg
ほんとうに、ありがとうございます(^-^)/

この日は、久しぶりの外ごはんでした。
しかも、旨い魚食べたい症候群勃発のタイミングだったから
ほんとうに幸せだったなぁ〜。
松本シェフ、わっちさん&スタッフの皆さん、
ほんとうにありがとうございました(--)


そうそう。Pappaさんで販売している、
「MULTIPLY」
b0118001_056236.jpg
これ、めちゃくちゃカッコイイ!媒体だ。
今日日、広告を取らない感じで、
アートディレクターさんのクリエイション魂が詰まった一冊。
しかも、名だたる俳優さんたち、ズラリだし。

さっきの表紙はvol.6なのだが、
b0118001_0561727.jpg


b0118001_056318.jpg
なんとvol.5には、松本シェフもバッチリ載ってはる。
めっちゃいい写真〜。カメラマンはF原シンちゃん!
早速、我が家に2冊。
次の号も、ひそかに楽しみにしてますんで
松本シェフ、発売したら教えてください☆ゲットしたいです!(^-^)☆


TRATTORIA Pappa
大阪市西区新町2-3-9 センユー四ツ橋1F
06-6536-4188
open : 11:30~14:00 17:30~21:00(LO)
close:日曜、第3月曜


Doobie Brothers - China Grove (1974)

by writer-kaorin | 2012-01-21 00:58 | トラットリア パッパ | Comments(0)  

TRATTORIA Pappa

今週はロケハンにつき、昼夜ピッツァ三昧…のkaorin。
ま、ナポリピッツァ大好き人間なので、飽きはしないが、胃が重たい(笑)

ところで、先月受けた健康診断の結果が手元に!
ガンマGTPは「7」☆
昨年よりなんと1ポイント減!
休肝日がない日々なのに(汗;)我ながら、驚くべき低い数値だ。
これでまた美味しいお酒が飲めるってワケで・・・(^^;)


さて、この日はムショーに魚気分だったので、
「TRATTORIA Pappa」さんへ。


この日も「Pappaのお魚ブログ」をチェックさせて頂いてたから
テンション↑↑↑


b0118001_13162181.jpg
ブランコ・ソーヴィニヨン。清々しいほどのすっきり感。
この日も相変わらずの満席状態!
私たちは久々にテーブル席。
b0118001_13164922.jpg
TALAサンの作品をみながら。
相変わらず、絵もオブジェも楽しい!


*カルパッチョ盛り合わせ
b0118001_1317843.jpg


b0118001_13172146.jpg
静岡産 生しらす。
しらすを生食できるやなんて!流石、魚屋Pappaさんだ。

b0118001_13173777.jpg


b0118001_13174741.jpg
明石産 天然鯛に、淡路産 サゴシ。
鯛は噛むほどに旨みじわりじわり。皮目を炙ったサゴシは、程よい香ばしさ。
繊細にカットされ、ひと工夫凝らした各野菜が、味わいのアクセントに。


*山中さん家のトマト
b0118001_1318361.jpg
山中さんトマトの大ファン!のツレとおじゃましたので、
シンプルに、ザ・トマト!な力強さを堪能。
私も山中さんトマトとはpappaさんで出会い、大好きになったタイプ。
トマト本来の香りが素晴らしいのだ。酸もしっかり、糖度とのバランスも秀逸。


ここらでiPhoneデジカメに切り替えたので、コントラスト強めですが
*キターラ 車海老のオイルソース
b0118001_13181897.jpg
車海老の濃厚なコクといったら・・・♡
程よいムチムチ感のキターラは、カラスミ入りかな?
気品溢れる香り、漂うわあ。


b0118001_13183227.jpg
スズキだったか!?不覚にも魚種ド忘れ;
ムール貝ほか貝類、そして魚から出る旨みがもうたまりませんわ。
身はしっとり、むっちり。そして、ソースが染んだゴボウが名脇役。


この日も、ワタシの魚欲を、素晴らしいお料理で満たしてくださいました!
ありがとうございます!


**********
そうそう、パッパ松本さんをはじめ、パワフルなメンバー&料理人が、
7月にめちゃくちゃ大きなイベントを企画されてますよ!

〜東日本大震災チャリティー〜
「立ちあカ〜レ〜 OSAKAID 2011」
http://osakaid.com/

まぁとにかく凄い!もう、今から楽しみすぎる(笑)
関西の名だたる料理店の料理人たちが集まり、カレーを作り、提供。
その売り上げを、大阪へ避難してこられた被災民のための支援基金へ寄付される、
というイベントなのです。 
和食屋のカレー、焼鳥屋のカレー、フレンチ、イタリアンのカレーetc…
その数70店舗!?
参加料理店など詳細は後日、「立ちあカ〜レ〜」告知日記を設けさせて頂きます!


TRATTORIA Pappa
大阪市西区新町2-3-9 センユー四ツ橋1F
06-6536-4188
open : 11:30~14:00 17:30~21:00(LO)
close:日曜、第3月曜

by writer-kaorin | 2011-06-02 07:15 | トラットリア パッパ | Comments(2)  

TRATTORIA Pappa @最後の晩餐

無事に帰国ナウ。
しかし…、Edmonton→SFO→KIX
1本目となる国内線がエンジントラブルにつき遅れに遅れて到着予定時刻を3時間over。
で、KIXまでの国際線のUAに待ってもらい…なんとか帰ってこれたのですが、
荷物はまだサンフランシスコだの、こっそり持ち帰った土産を没収されるだの、
かんなりエキサイティングな帰り道だった(笑)。




さて余談はそれくらいにし、
「最後の晩餐」て書くと、エラいたいそうな感じですが…(笑)

「旅立つ前に、魚とワイン!」という要望を叶えて頂くことができ、
年末、日本での最後の晩餐が「TRATTORIA Pappa 」さんでした♪
Ychan Thanks!




この日も、松本シェフとカウンター越しに
オススメ旬魚、あれやこれやとコミュニケーション。


*カルパッチョ3種
 愛媛・クエ、和歌山・黒ムツ、長崎・ヨコワ
b0118001_21342890.jpg


b0118001_21345754.jpg


b0118001_21351226.jpg


b0118001_21352599.jpg

クエは、しっとり、脂の甘みがじわじわ押し寄せる。
黒ムツ、皮目を瞬時に炙った、その香り心地よし。
ヨコワの、少女の肌のような色合い、見ているだけで涎もの。
口に入れれば、ピュアな脂が溶けゆく…。



*赤座海老 香草パン粉 オーブン焼
b0118001_21354680.jpg
デカっ!!!!この赤座海老。
フォークをぐさっと入れると、ぷっくり、身詰まり凄い。
b0118001_2136984.jpg
そして、何ともいえぬ甘みと、味の濃さ。。。
パン粉のカリカリ感や、ハーブの香りが、さらに食欲を刺激する。



*自家製キターラ アサリとイタリア産カラスミ
b0118001_21362757.jpg
これは黄金の旨味!
そのジュを、粉の香り心地よいキターラが
しっかりと受け止める。



はぁ〜っ、けっこう頂いたぁ〜と言いつつ、
「もう一品くらいいけるんちゃう?」(笑)


*自家製タリアテッレ 生ハムと山中さんのブロッコリー、のソース
b0118001_2136502.jpg
ブロッコリー、味が濃いっす!生ハムの塩梅とともに、
偉大なるソースを生む。
そして程よい厚み(薄さ)のタリアテッレがそのソースを纏う。



パッパさんのカウンター席に腰をおろすと、
そのエネルギッシュな空気と、美味しい魚料理の数々に、
なんだかこちらまで元気になる感じ(いつも元気なんですが、それ以上)。


また今年も、美味しい感動と最高に楽しい時間を、
宜しくお願いいたします!



TRATTORIA Pappa
大阪市西区新町2-3-9 センユー四ツ橋1F
06-6536-4188
open : 11:30~14:00 17:30~21:00(LO)
close:日曜、第3月曜


Fugees / Killing Me Softly

by writer-kaorin | 2011-01-05 21:41 | トラットリア パッパ | Comments(0)  

TRATTORIA Pappa ナイツ

この日は「TRATTORIA Pappa」さんナイツ。


夏休み明けのPappaさん、相変わらずの満員御礼!


b0118001_1381451.jpg




*フルーツトマトとボッコンチーノチーズのカプレーゼ
b0118001_1384064.jpg
なめらかでコク深きチーズに、
トマトのギュッと詰まった甘みや酸味が合う。



今日仕入れたオススメ素材のなかから
カルパッチョで頂きたい魚&松本さんオススメ魚を盛っていただく。
b0118001_1392063.jpg




*愛媛産 天然鯛
b0118001_1393735.jpg
噛むほどに甘み。一切れのこの厚みも嬉しくなる。



*宮城産 カツオ
b0118001_1310102.jpg
脂のノリ凄い!
皮目の炙りの香ばしさとともに、脂の旨味がじゅわ〜っと広がる。



*淡路島 ゴマ鯖
b0118001_13103752.jpg
ピンッと弾力があり、こちらも溶けゆく脂がいい。鯖子、ご満悦(笑)



b0118001_13105748.jpg
ソーヴィニヨン・ブランに切り替え
青リンゴのような清々しい風味が心地よい。




*ウニ&タリアテッレ トマトソース仕立て
b0118001_13111867.jpg
トマトのコクと、ウニの薫りが、
フルフルほどよい弾力のあるタリアテッレに絡む絡む。
おかわりしたい旨さだ。



*長崎産 グジのアクアパッツァ
b0118001_1311436.jpg
この甘鯛、デカい!!!
キメの細かな身質の、ふっくらハラリと崩れゆくその美味しさはもちろん、
魚の旨味がギューッと凝縮した&レモンの清々しい薫りが広がる
このソースが、素晴らしい!
聞けば、白ワイン&仕上げにレモンオイルも入れてはるそうで、
黄金色に乳化したこのソースと、肥えた身の旨味との重なり合い、見事でした。
ゴボウも名脇役だったな。
白、何杯かおかわり、となった;



この日のメンツが集うと、
語り合うことが多く、キリがないワケで・・・
(年齢差、すごくあるのに・・・笑)


b0118001_1312725.jpg
2軒目は向かいにある「baR pappA」さんへ。
満腹につき、お酒のみとなりましたが;
また次回、めっこり頂きにおじゃまいたします!



TRATTORIA Pappa
大阪市西区新町2-3-9 センユー四ツ橋1F
06-6536-4188
open : 11:30~14:00 17:30~21:00(LO)
close:日曜、第3月曜



Led Zeppelin / Rock n Roll 1973

by writer-kaorin | 2010-09-02 07:05 | トラットリア パッパ | Comments(6)  

Trattoria Pappa @魚モードな夜

この日はツレと気分が一致。
「魚の口やし、ほなpappaさんやな!」

ってことで、魚イタリアンの名店
Trattoria Pappa」さんへ。



松本シェフが日々綴る「Pappaのお魚ブログ!」の愛読者であるワタシ。
この日も、事前にブログを確認。
食べたい素材にばっちりマークをつけてきた☆



*愛媛産天然鯛、マナガツオのカルパッチョ
b0118001_23365858.jpg
肉厚の身@天然鯛、脂がのってて甘い。
マナガツオは、皮目に細やかな庖丁入れ&さっと炙り。
香ばしさに続き、噛む程に淡白ながらも脂の旨味じわじわ押し寄せる。
pappaさんのカルパッチョは、いろんなソースと、細切りの野菜で彩られている。
魚単体で、はたまたソースともに、野菜も絡ませ…と、
いちどに3度も4度も楽しめる。


b0118001_2337255.jpg
ビールが即空いた(笑)
青リンゴのようなニュアンスの、すっきり&ミネラリーな白へ。



*フルーツトマト
b0118001_23375192.jpg
ギュッと詰まってる!存在感大です。



*長崎産剣いかのソテー
b0118001_23381192.jpg
これも楽しみにしていた一品☆
b0118001_23383258.jpg
この火入れにうっとり・・・。ウルウルな艶めかしさ。
そして、ボッタルガの塩気と風味が絡まるぅ〜っ。



*金華鯖の赤ワイン煮
b0118001_23403966.jpg


b0118001_2341135.jpg
石巻周辺のブランド鯖@金華鯖。
鯖は脂のり素晴らしく、深いコクはあるが意外に軽やかなソースと好相性。



*ウニ×キタッラ
b0118001_2341355.jpg
ウニの薫り、充満。自家製キタッラの、ムッチリ食感にも惚れ惚れ。
オイルベースのソース、こりゃなんぼでも食べれそう♪




*ピニャコラーダのソルベ
b0118001_23415771.jpg
ついつい、グラスを傾けてしまう、飲ませるドルチェ(笑)



店内は満員御礼!TALAさんのパワー溢れる作品を眺めつつ、
オープンキッチンの何ともいえないライヴ感をBGMに
美味しさと楽しさ、その両方を堪能させてくれる、素晴らしい夜。
こっちまでテンション↑もんだから、おのずと食欲もUP↑(笑)

明日の、【コアラ×パッパNIGHT】は
残念ながらおじゃまできませんが(笑)
「Pappaのお魚ブログ!」での報告、待っています!松本シェフ!



Trattoria Pappa
大阪市西区新町2-3-9 センユー四ツ橋1F
06-6536-4188
open : 11:30~14:00 17:30~21:00(LO)
close:日曜、第3月曜



al jarreau / spain

by writer-kaorin | 2010-08-07 23:46 | トラットリア パッパ | Comments(4)