カテゴリ:やすだ( 2 )

 

やすだ @都島・しゃぶしゃぶ

大阪・都島にある「やすだ」へ。
3年ぶりの再訪だ。
b0118001_2061295.jpg
相変わらずお元気そうなご主人のお顔をみれて、嬉しい夜。


まずはこれを激写させていただかねば!ということで
b0118001_2063713.jpg
しゃぶしゃぶ用の肉の「手切り」。
神技ともいえる、ご主人の包丁捌きに、やっぱり目が釘付け!
3年ぶりなので復習となるが
機械でスライスすると、残しておきたい細胞まで壊れてしまう。
結果、しゃぶしゃぶにした際、鍋にアクが出る。

だから「手切り」なのだ。

b0118001_206564.jpg
生中。水のようにぐいぐい飲んでしまう。
この日も暑かったから。


*牛肉のたたき
b0118001_207417.jpg
中心は美しいピンク色。噛むほどに肉の甘みが迸る。
2皿目は、「椎茸の含め煮」。肉厚の椎茸は素朴でホッとする味わい。


そして、待ってました!の「しゃぶしゃぶ」が登場。
昆布が揺らぐ、湯気立つ鍋が目の前に置かれ、


b0118001_207176.jpg
手切りの黒毛和牛ロース肉。サシがほんのり小豆色で、美しい。

b0118001_209268.jpg
ベジ・マウンテンといってよいくらい、野菜もたっぷり。


野菜に程よく火が通ったところで、
ご主人による、しゃぶしゃぶデモンストレーション!
b0118001_2094754.jpg
まずは脂の部分のみ、しゃぶしゃぶ…と数秒、

b0118001_20101773.jpg
続いて肉全体に熱を通すこと、これも数秒。

b0118001_20104920.jpg
持ち上げ撮影も手馴れたものですご主人!感謝(笑)

b0118001_2011891.jpg
まずは自家製ポン酢のみで。
桃色の肉に、吐息を漏らす・・・。これこそが桃色吐息(古っ!)
ふわっと柔らかな身は、脂が程よく落ちつつも、澄みきった甘み。
慈しむように咀嚼してしまう。


b0118001_20115673.jpg
2切れ目もご主人にお任せ(笑)

b0118001_2012156.jpg
嗚呼、艶っぽい。
ミルキーかつ、肉の味もしっかりあって香り高い。


締めは「茶そば」を入れて。
b0118001_20123545.jpg
無言でハフハフ食べる。
ポン酢&茶そばに、白コショウが意外なほどマッチ。
胃も心も満たされたそのタイミングで


*牛ロースカツ
b0118001_20134996.jpg
ビフカツが登場。これがですね、
数回噛むだけで、すっと消える魔球のような柔らかさ!
肉の甘みを感じつつも、重たさ皆無。
酸味と優しい甘みが響くソースがまた素晴らしい。
ということで、別腹作動となるワケで(笑)


*ガーリックライス
b0118001_20141379.jpg
締めの締めに、これだ。
ニンニクの風味と、ゴロゴロ入った牛肉の味が相乗効果となり
じつにコク深き味わい。
赤ワインを何杯いただいたことか。。。


この日は、「やすだ」さん貸切の夜でした。
驚愕のしゃぶしゃぶに、懐かしさと驚きとが融合した洋食に、
大いに盛り上がった楽しい時間。
皆さんありがとうございました☆



「やすだ」
大阪市都島区毛馬町2-3-15
06-6929-1401
open : 17:00~22:30(22:00LO)
close: 火曜


Humble Pie - For Your Love

by writer-kaorin | 2015-08-12 20:17 | やすだ | Comments(0)  

やすだ @何もかもが驚愕でした。

これもちょっと前の、出来事。
でもあの驚愕の旨さは、今なお脳裏に焼き付いている。

「1年に20回は来てるんとちゃうかなぁ」
というDのYちゃん軍団に連れられ、都島「やすだ」さんへ。
b0118001_231643.jpg
一見、下町の古い洋食屋さんのような店構え。店内も然り。
壁に貼られた品書きには「手づくりハンバーグ定食680円」とか
「豚ヘレカツ定食840円」「豚の生姜焼き定食680円」といったランチメニュー。
ご夫婦で営んでおられ、阿吽の呼吸もすこぶる心地良い。

しかし、席につくやいなや、もうね感動の嵐。
何が凄かったって、ええ。もう全てです。

「ここへ来たら、やっぱりしゃぶしゃぶやねん」とYちゃんの偏愛っぷりを聞きつつ
「でも、その前にこれ食べてもらわんとなぁ」と、語りながらも、
ビールぐびぐび、これまたYちゃん。


*牛ロースカツ
b0118001_23162056.jpg
ロースの断面を見せきれてないところが、よほど食べたかったのだという理由(笑)
このカツレツ、脂がスッととけゆき、
数回噛むだけで口の中から消えてしまいそうな柔らかさ!
そしてソースがまた秀逸なのだ。複雑なコクがありつつ、
フルーツ系のやらこい甘みが後味にじんわり。



カツの誘惑に酔いしれていたとき、
厨房では驚愕の光景が!!!



ご主人が・・・
b0118001_23163684.jpg



b0118001_23165030.jpg



b0118001_2317240.jpg
しゃぶしゃぶ用の肉を、手切りしてはるではないか(^^)/
目の前で繰り広げられる、この職人技。瞬きを失うくらい、見とれていました。
機械でスライスをすると、壊したくない細胞まで壊れてしまう。
結果、しゃぶしゃぶした際、鍋にアクが出てくるのは、それが理由なんだとか。


*特上しゃぶしゃぶ
b0118001_2317196.jpg
肉色が小豆色。キメが細かくツヤがある。これ1人前♡


b0118001_23173629.jpg



b0118001_23174814.jpg
ご主人自らが、お手本を見せてくださいます☆
しゃぶしゃぶの極意、学びの時間。


b0118001_23181024.jpg
熱を入れすぎは好きじゃないから、うっすらとピンク色。
その1切れを頬張る。
甘い、、脂がこんなに甘いとは・・・。
枚数を重ねても、ひつこさ皆無。しゃぶしゃぶだから、というのではない領域。
自家製ポン酢がこれまた秀逸。柑橘系の酸の角がまったく無く、
まったりとコク深い。でも程よくさわやなニュアンスもあるのだ。



*和牛ロース
b0118001_23182281.jpg
サシはしっかりなのだが、特上ロースよりも気持ち赤身多め、
そして厚めに切られているため、
こちらは、噛みしめる赤身のおいしさがある。


b0118001_23183786.jpg
まるでズワイガニを食べている時のように、無言です(爆)



b0118001_23185386.jpg
この時点で、驚いたことにアクがないのだ。
アク取りを一切もせず、これですから。本日、何回目かの驚愕。。。


白ご飯党がいらっしゃったので、ご主人がさっと作ってくださった
b0118001_2319798.jpg
レタスと薄切り肉の炒め物。タレの塩梅と馴染み具合がいいなぁ。
白ご飯泥棒です(汗)


b0118001_23192131.jpg



b0118001_23193993.jpg
しゃぶしゃぶの〆は、「茶そば」じゃないとアカンらしい。
ご夫婦、試行錯誤の末の旨さなのだ。
もう別腹でしたね。茶そばの、アッサリ感、ツルリといける舌触り。
勢いづいて、何杯おかわりしたことか・・・(汗)

ご主人の、肉に、料理に対する真摯な姿勢に、心底感嘆。
日記を書いているだけで、
また今週もおじゃましいたいと思ってしまう、お店さんです。


「やすだ」
大阪市都島区毛馬町2-3-15
06-6929-1401
open : 11:30~14:00、17:00~22:30(22:00LO)
close: 火曜

Bob Dylan - Like a Rolling Stone (Live 1966)

by writer-kaorin | 2012-01-23 23:25 | やすだ | Comments(4)