カテゴリ:すえひろ( 5 )

 

おでん・一品料理 すえひろ @大阪の名酒場

底冷えする夜。
熱燗におでん…そんな温もりを求め、
梅田・芝田「おでん・一品料理 すえひろ」 へ。

最近このエリアを「ウメシバ」って呼ぶらしいですねー。何でも略語かいな。
しかしながら、すえひろがある雑居ビル含むその一角は、
キタエリアの開発を物ともせず、昭和で雑多な空気感が何とも心地よいのだ。


b0118001_1536215.jpg
付き出しは、蛸の炊いたん。
甘露煮まではいかない、軽い炊き加減だから
蛸の風味が際立つ。そこに柚子が香る。


まずはのお目当ては、カウンターにずらりと並ぶ大鉢料理。
b0118001_1525264.jpg
きんぴらごぼう、なす煮、ふきの炊いたん。
いずれも、ホッとさせる味わいながら、
どこか凛とした存在感があるのだ。



琥珀色した飲み物を即、飲み干し
そら、こうなりますわなぁ。
b0118001_15252094.jpg




*お造り 盛り合せ
b0118001_15254040.jpg
かんぱちは脂をたっぷりと蓄えていて、
平目はじわじわと甘みが押し寄せる。
まぐろはねっとり、香りよし。



*馬刺し
b0118001_15255835.jpg
脂はクリアで甘く、咀嚼するほどに旨みが広がりゆく。
生姜醤油とともに。次のひと切れはにんにく醤油とともに…と
味わいの変化も楽しんだ。



*スペアリブの煮物
b0118001_15261491.jpg
すえひろでは、スペアリブも和テイストに。
ホロリ骨離れよく、食べ応えもしっかり。
牛蒡がまった……名脇役なのだ。


そして待ちに待った、おでんへと。


*厚揚げ、大根、いわしつみれ
b0118001_15264065.jpg
厚揚げはふるふる食感、ハフハフ頬張ればふくよかな大豆の風味。
大根はだしの染み具合、堪りません。
つみれは、いわしのいい風味だけが強く残り、噛むたびに甘みも。



*ロールキャベツ、コロ、筍
b0118001_15265637.jpg
煮込まれたキャベツのとろりとした食感に目を細め、
コロや筍は、何とも凛々しい味わい。



*巾着、はんぺん、牛すじ
b0118001_15271443.jpg
巾着にはネギ、マグロ、糸こんにゃくが入る。
この組み合わせは酒を進ませるわー!餅入り巾着より好きかも。



*とんかつ
b0118001_15273125.jpg
ひと口大サイズにカットしてくれてるから
いくらでもいけそうな勢い。
衣は香ばしく、肉はふっくら。
深い旨みのソースをたっぷり付ければ、ビールにリターンしたくなるwww



*う巻き
b0118001_15274971.jpg
3等分してくださった、これで独り占めできる♪
ふるふる揺れるだし巻きのなかに、
うなぎの蒲焼がゴロゴロと。
タレは濃すぎず甘すぎず、スキっとしていて
それはそれは杯が進む味わいなのだ。



コの字カウンター内では、お母さんがおでん鍋の前でつきっきり。
目の前には和惣菜が盛られた大鉢がずらりと並び、
どのお料理も端正でいて、味わい深い。
そんな店を包み込む雰囲気に酔いしれ、
つい、八代亜紀だのそのあたりの演歌を口ずさみたくなる。

開発が激しいキタエリアの中のエアポケットやな。
昭和を彷彿とさせるこの空気感、ずっと変わらず残り続けてほしい。
山ちゃん、お父さん、お母さん、いつもありがとうございます☆




「おでん・一品料理 すえひろ」 
大阪市北区芝田2-2-8 
06-6373-1714
open : 17:00〜22:00LO
close: 土・日曜、祝日



Dire Straits - Money For Nothing

by writer-kaorin | 2017-02-14 08:21 | すえひろ | Comments(0)  

すえひろ @酒と肴とおでんと

帰国後、こちらにおじゃましたくてウズウズしていた。
b0118001_21382161.jpg

「おでん・一品料理 すえひろ」 


おでんと気の利いた肴と燗酒の夜。

b0118001_21383668.jpg
付き出しはホタルイカ酢味噌。
小ぶりながらもミソのコク、迸る。
(写真撮影はすべてiPhone6)



*カンパチ造り
b0118001_21384935.jpg
分厚い!ピンク色した身は脂ののり凄く
目をつむって味わえば、ブリを食しているかのよう。


*イワシ南蛮漬け
b0118001_21391614.jpg
コの字カウンターにズラリ並ぶ小針料理のなかの一品。
やらこい酢加減、やさしい甘み。
ビールを小にしておいたので、すぐさま燗酒を♡


b0118001_21393049.jpg



*なす煮浸し
b0118001_21394556.jpg
こちらも小鉢のなかから。
程よい歯応えのなすを齧れば、ダシのうま味がじゅわり。


*カキフライ
b0118001_21395962.jpg
ぷっくりと肥えたカキだこと。
ミルキーな味わいかつ、
太白胡麻油を用いているのか、その柔らかな香ばしさ、
そして上品な風味を感じる。


b0118001_21401319.jpg
まろやかなケチャップマヨ、これも欠かせない。




カウンター内には、湯気立ちのぼるおでん鍋。
お母さんが、丁寧に、おでん種を返したり、静かに入れたり。
その光景を肴に、飲りつつ、

*大根、じゃがいも、焼売、ごぼ天
b0118001_21403491.jpg
香り高きダシは、塩加減やさしく、
カラダの隅々に染み渡るかのようなおいしさ。
そんなダシが染みた大根は、口中でホロリ崩れゆき
じゃがいもはホクホク、旨い。
焼売は、ダシ+肉の旨みの相乗効果で、
ごぼ天は、生地ふわっふわ。



お次は

*いわしつみれ、牛すじ
b0118001_21405086.jpg
必ず頼む品が、自家製いわしつみれだ。
ふわっふわの食感。
細かく叩いた身や骨など、おそらくイワシを余すとこなく用いた
その凝縮感ある味わいが堪らん。
牛すじは、すじ肉らしからぬ、肉感。
おかげで杯が進みすぎるのです。

b0118001_21411026.jpg


この日もネクタイ族のおじさまで満員御礼。
私の隣で、吉田類さんが飲んでいる・・・
そのお姿を妄想しつつ(笑)
オッサン女子にとって、この上ない至福時間を与えてくださる場、
それが「すえひろ」さんなのです。

山ちゃん、お父さん、お母さん、
いつもありがとうございます。


「おでん・一品料理 すえひろ」 
大阪市北区芝田2-2-8 


Cat Stevens "Wild World"

by writer-kaorin | 2015-01-12 21:43 | すえひろ | Comments(0)  

すえひろ @オッサン女子飲み

久しぶりに、M本ちゃん、Y澤ちゃんとオッサン女子飲み。
お店はこちらでと決めていた。

「おでん・一品料理 すえひろ」
b0118001_1922422.jpg
近所にはグランフロントがそびえ立ち、ヨドバシカメラや、
梅田・大阪駅にも徒歩数分というすごいロケーション。
そんななか、雑居ビル1階奥にある「すえひろ」には、
忘れたくはない、心地良い昭和の香りがする。

ビルの廊下を歩みゆけば、日本人のDNAをくすぐる
だしの香りが近づいてくるではないか。
思わず胃がぐぅ〜っと反応(笑)


Mちゃん&Yちゃんは先に入り、ゴキゲンさん(飲)
テレビから流れるは、プロ野球開幕・阪神巨人戦。
しかも「おおっ!Y師寺さんお久しぶりです!」てな、不意打ち遭遇に喜びを感じつつ、
私もオッサンモードにスイッチオン。


*くぎ煮
b0118001_1923479.jpg
付き出しは、いかなごくぎ煮。
柚子皮の香りと、くぎ煮の深いコク。このマッチングはいい。
ビールを即、飲み干し2杯目へと。


*きずし
b0118001_19242493.jpg
「すえひろ」さんへおじゃましたら、こちらは食べとかないと!
っていう前に、すでにふたりが注文していたので、残りを頂きっ。

強すぎず緩すぎずの締め具合、ドンピシャ。



*子持ちヤリイカ
b0118001_19243651.jpg
プルンッと心地良い弾力。そしてホクホク柔らか。
ここらで熱燗。チェイサーにビール。



*ワカサギ南蛮漬け
b0118001_19243238.jpg
やらこい酸味、じゅわり脂の旨み。
甘酢が染んだネギがまた、いい仕事してます。



*鯛の子と白子の煮付け
b0118001_19244730.jpg
鯛の子はホックリ、品のあるだしの馴染み具合も好きだわ。
白子はトロッと、また違った食感が面白い。
フキと木の芽の香りに春を感じる。



*鯨たたき
b0118001_19272478.jpg
肉々しくもあり、上等なレバーのような風味が少し顔を覗かせ…。
そこに、ポン酢の爽やかさと胡麻油の香ばしさ、
薬味の香り。まとまりすごくいい。



b0118001_19274364.jpg
「すえひろ」さんにおじゃますると、
コの字カウンターには大皿料理がズラリ、
目の前には、おでん。
さらに、黒板にはそそられるメニュー名…につき、
あれも食べたいこれも頼みたいーと、嬉しい悩みがずーっと続く(笑)



*う巻き
b0118001_1927077.jpg
3等分してくださった、これで独り占め&喧嘩しなくてすむ(笑)
フルフル揺れるだし巻きのなかに、
鰻の蒲焼きがゴロゴロと。上からかけられた甘醤油ダレの
甘すぎず、濃すぎずな加減、めっちゃえぇわぁ〜と一同、目を細めつつ
お箸とお猪口が行き来する。

「男」お猪口、好っきゃわ。



そろそろ、おでんへと・・・。

*いわしつみれ、銀杏、大根、豆腐、梅焼
b0118001_19273360.jpg
この大きなつみれにいつもビックリしてしまう。
「いわしつみれ」のキレイな香り、身詰まり、じんわり広がる旨みが堪らん。
梅の形をしたかまぼこ「梅焼」は、ふわっと柔らかで、
「大根」は濃いだしが染んでいそうに見えて、
そこまで濃くはなく上品かつ、香り高きだしがまた、えぇんですわ。



*牛すじ、糸こん、厚揚げ
b0118001_19281019.jpg
牛の「すじ」とは思えぬ、赤身肉の旨さ&柔らかさ。
熱燗が進みすぎて、何合飲んだか不明・・・(笑)


テレビに目をやると、「コールド負けってプロ野球にあるんかいな?」的
巨人の猛打撃・・・につき、
野球の話はよして(笑)あれやこれやとおいしい談義に花が咲く、
旨しひとときでした。
もし、家の近所だったら、週3回は通うであろう「すえひろ」さん。
山ちゃん、お父さん、お母さん、ご馳走様でした☆


「おでん・一品料理 すえひろ」 
大阪市北区芝田2-2-8 


Eric Clapton - Bell Bottom Blues

by writer-kaorin | 2014-04-01 19:35 | すえひろ | Comments(0)  

すえひろ

帰国後、初の和食でした☆
ウインズ梅田のご近所、雑居ビル奥に佇む
「すえひろ」さんにて、
こばっち&山ちゃんナイト。

引き戸をガラガラと開けると、コの字カウンター。
その中央には、くつくつ、ゆらゆら湯気立ちのぼるおでん鍋。

そしてカウンター上には、酢の物、煮焚きものなどズラリ並ぶ大鉢料理。
どのアテも、お美しい顔立ち。そら旨いにきまってる。
だから、どれにしようかホントに悩んでしまう。


*ぬた
b0118001_12514236.jpg
わけぎと蛸。芥子のツンとした、強すぎず弱すぎずの具合が絶妙で、
いい香り&ヌルッシャキッとした食感に唸る。


b0118001_12515418.jpg
生中は、瞬時に飲み干し、ぬる燗へ


*ほうれん草の胡麻よごし
b0118001_1252731.jpg
甘いわ〜。ほうれん草!
胡麻で和えておられ、その香ばしさとやさしい甘みが
じんわり顎に響く。


b0118001_1252262.jpg
山ちゃんは、おでんにゾッコン(笑)
椎茸、コロ、もちきんちゃく、大根etc・・・。
私は酒肴に心を奪われ、おでんまで辿り着けず、、
次回の愉しみということで。


*きんぴらごぼう
b0118001_12523945.jpg
素朴さだけではない、味わいの美しさや深みがあるんです。


お造りは
*平目、寒ブリ
b0118001_12525511.jpg
平目、噛みしめると甘みがジュワッと溢れ出す。
ブリの厚み、嬉しくなる。こちらはキレイな脂だこと。
燗酒をツィ〜ッと。


*鯵 南蛮
b0118001_1253739.jpg
芯まで浸透。南蛮ダレの染み具合がたまりません。


*蛸の酢の物
b0118001_12532210.jpg
蛸、甘い。まったり、やらこい酢加減につき
なおも杯を進ませるのです。


*豚スペアリブとフキの煮物
b0118001_12533438.jpg
スペアリブは、何回もゆでこぼし、されているのだろうか
特有の脂のクセがまったくない。でも旨みはある。
そのエキスを吸ったフキが、スペアリブと同等の存在感。


*う巻き
b0118001_12534971.jpg
ハァ〜ッ。幸せのため息がこぼれる。
フルフルでおダシの旨みジュワリな出汁巻きに、
脂のりのいい鰻、そしてタレのコク。
こばっちが毎回、オーダーするように
私もこれからはそう、してしまいそう(笑)


端正かつ滋味深い料理の数々に
酔いしれた夜でした。
すえひろ山ちゃん、お父さんお母さん、
ご馳走様でした。ありがとうございました。
あぁ〜っ。毎週おじゃましたい(笑)


Leonard Cohen - Everybody knows (live in London, 2008)

by writer-kaorin | 2013-01-13 12:54 | すえひろ | Comments(2)  

すえひろ @吉田類的飲酒

まだ寒い寒い2月末の夜でした。
こばっちナビのもと、ヨドバシ近所の「すえひろ」さんへ。
何年越しだ。とにかく念願!でした。
b0118001_9482676.jpg
そこに不意打ち参戦の、YちゃんやTさん、Chikaさんも!
楽しい夜(^^)


コの字カウンターには、女将さんと息子やまちゃんの姿が。
厨房では寡黙なご主人(お父さん)が淡々と仕事をこなしている。
カウンター中央には、湯気立ち上がる四角いおでん鍋。
その両サイドには、綺麗な手仕事が窺えるお惣菜が所狭しと。
創業はいつなんだろう。じっくりと時を刻んだ空気感も手伝い、
飲ませる雰囲気が漂っている。
隣に吉田類さんがいてはりそう…そんな錯覚に陥るワケだ(笑)


*蛸と山芋の酢味噌和え
b0118001_9484150.jpg
まぁるい酸味と味噌のやさしいコクが沁み入る。
ビールを頂いていたが即、日本酒のクチに。


*子持ちししゃも南蛮
b0118001_949292.jpg
写真では分かりづらいが、かなり巨大!
子を持ちすぎ、といっていいほど、とにかく詰まりがよい。
こっくりとした甘酸っぱさ、飲ませるテイストだ。


b0118001_9492435.jpg
手酌でチビリチビリと。


*鯵のたたき
b0118001_949449.jpg
なんとまぁ、ピンッと張りのある鯵だこと。
自家製ポン酢か、角のないまろやかな酸味が箸を進ませる。


*若ごぼうとあげの炊いたん
b0118001_9495876.jpg
2月末ゆえ時間差失礼(汗)
八尾の若ごぼうでしょうか、初々しい風味にすぐそこに来ている春を感じる。


*〆鯖
b0118001_9501894.jpg
「今日のはやや浅め」とやまちゃん。
もちろん喜んで!!!(テンション高かったと思う(笑)
ピンッとエッジのきいた身は、綺麗な脂を蓄えていて、
噛むほどに甘みがじんわ〜りと口中に広がる広がる。
酢加減はやらこくて、程よい塩梅も素晴らしかった。
鯖に目がない私にとって、この上ない逸品だわ/
ちなみに奥のヒレ酒は、こばっち用(笑)


*鯨と水菜の炊いたん
b0118001_9502836.jpg
沁み入る・・・。
鯨の旨みを吸うた水菜のクタッ、シャキッ加減もいい。


*蕗、南瓜  *きんぴら
b0118001_9504038.jpg


b0118001_9505366.jpg
素朴さだけでない、綺麗な味がする。


*カキフライ
b0118001_9512350.jpg


b0118001_9513444.jpg
ぽってりと肥えた牡蠣を、ハフハフと頬張る幸せ。
ケチャップ&マヨのソースが、ニクい(^-^)


*う巻き
b0118001_9522733.jpg
だし巻きはフルフルとした感触。その中に香ばしい鰻。
山椒とこっくりと深みのあるタレがいぃ仕事をしてます。


おでんもいただきました。
*いわしつみれ
b0118001_952399.jpg
いわしの、いい風味だけが強く残り、噛むたびに甘みも。
骨ごとミンチではなく、骨をとってから叩いておられるのか、
滑らかささえも感じる舌触りに驚く。


*さえずり、平天、豆腐
b0118001_9532144.jpg
この3種にも唸りました・・・。
お隣では「これは旨い!!」と、確かおかわりしてはった?(笑)
おダシは、澄んだ旨みを蓄えている。


最初からずぅーっと、ぬる燗で(幸せ)


b0118001_9533744.jpg
〆に「粕汁」をいただきました。
粕汁には鮭!!!に尽きますね。
心底にまでじ〜んと沁み入る旨さ。
酒粕の強すぎず弱すぎずな風味が、また杯を進ませるのです。


あ〜、すえひろさん・・・。恋に落ちました。
日記を書いていたら、今日にでもおじゃましたくなる。
やまちゃん、こばっち、そしてメンバーの皆さん、ありがとうございました!!


Jefferson Airplane - Good Shepherd

by writer-kaorin | 2012-03-20 09:56 | すえひろ | Comments(8)