カテゴリ:Le Chat Noir( 3 )

 

Le Chat Noir 〜シャノワール〜 @気持ちいいフレンチ酒場

心斎橋にある大好きなフレンチバー
「Le Chat Noir (シャノワール)」でアペリティフ。
b0118001_11543437.jpg
1881年、パリ・モンマルトルで創業したキャバレー「シャノワール」といえば
当時、名を馳せた芸術家たちが集い、アートとカルチャーの拠点となった地。
なーんて、店名の由来を紐解けば
苦手だった歴史も興味深く楽しむことができる。(笑)

この店の営業時間は、15:00〜18:00 & 20:00〜翌1:30LO だから
前半の時間に、遅めのランチ&昼酒を楽しむことができるし
ディナー前のアペリティフにも重宝する。
b0118001_11545373.jpg
さらに。後半の時間には
小皿料理から、牛ほほ肉の赤ワイン煮込みといったメイン料理にいたるまで
フレンチご飯をしっかり楽しめるし(これ、前半の時間にもね)、
店主・岡城くんレセクトのワインからボタニカルな酒に至るまで
食中、食後酒の楽しみも尽きないのだ。


b0118001_11550919.jpg
まずは、酢橘の風味とミントの香りを利かせた一杯を。
キュッと広がる酢橘の酸味、清々しく
ミントの香りの余韻が気持ちいい。




お料理は、シェフ・かなちゃんに
前菜をちょこっと持っていただくことに。
b0118001_11552607.jpg
「キャロット・ラペ」はビネグレットの酸味に続いてクミンの香りがふんわりと。
「鶏リエット」は人参やオレンジ、タマネギも入り、味わいに奥行きが出ている。
自家製の「鴨 生ハム」は、ねっとり舌にまとわりつく旨みが堪らん。
ピクルスやシシトウなど野菜もちょこちょこ摂れるのが嬉しいな。



b0118001_11554396.jpg
お次は、グレープフルーツ主体のノンアルな一杯を。
搾りたてのフレッシュ感に、アニスの甘やかな香り、そのバランスがいいわ。


飲みながら味わいながら、あれこれ近状報告。
穏やかな時間が流れる、ほんとに気持ちいいフレンチ酒場だ。
b0118001_11561592.jpg
料理人・かなちゃんのお料理と、岡城くんセレクトのワインを楽しみに
また近々伺おうと心に決めた。




「フレンチバー シャノワール」
大阪市中央区東心斎橋1-19-8 日宝プロムナードビル4F
☎06-6226-7622
open : 15:00〜18:00、20:00〜翌1:30LO
close: 水曜
http://www.le-chatnoir.jp/


George Harrison and Eric Clapton
- While my guitar gently weeps





by writer-kaorin | 2017-09-25 12:00 | Le Chat Noir | Comments(0)  

Le Chat Noir 〜シャノワール〜 @心斎橋

ミナミで広東料理を堪能した後、
いつものお酒が飲みたくって
「シャノワール」さんへ。
b0118001_2252494.jpg

そういえば!
いつも聴いている、FM COCOLO(76.5)
DJ MEMEさんの番組「AFTERNOON DELIGHT」を今日も聴いていたら、
なんと「シャノワール」の主・岡城くんが、
telで生出演してるやーん♬


今、FM COCOLOで
「FM COCOLO SHOP CAMPAIGN」というのを実施しているらしい。
b0118001_22535890.jpg
サイトによると・・・
「FM COCOLOを流しているアナタのお店を教えてください!」
といった企画だそうで。岡城くん、これに出演してたんだ!

詳しくはコチラをcheck☆
http://cocolo.jp/pages/pickup_detail/591

音楽と食とが、こういった形で繋がり、新たな広がりが生まれるって、
どちらも大好きな私にとって、個人的にもすごく嬉しいなぁ♬



さて、シャノワールさん飲み日記に話を戻そう。
こちらへおじゃますると、ほぼ100%の確率で、
ボタニカルなお酒をオーダーさせて頂く。


b0118001_22543382.jpg
なかでも私にとっての、暴飲暴食後の太田胃散的お酒が、
「パスティス」だ。
酒は百薬の長。胃がす〜っと軽やかに、清々しくなる瞬間(笑)。



*パルマ産生ハム
b0118001_22544748.jpg
塩味よりも、熟成感ある旨みと甘みがじわじわと響く。
パスティスおかわり!


b0118001_22554921.jpg
お好みで水を加えて、マドラーでクルクル。



ここ「シャノワール」さんは、フレンチバー。
b0118001_22551010.jpg
日替わりで、小皿料理のほか、パテ・ド・カンパーニュなど前菜系をはじめ、
ステークフリットなどしっかりメイン、さらには
T&Cカレーやら、クレープシュゼットなどデセールまで。

お酒とともに、ちびりちびりと愉しみたい
気の利いたフレンチ惣菜ほかお料理が、手書きの黒板メニューに並ぶ、
酒飲みの楽園。
アンティーク調のセンスを感じさせる店内も妙に落ち着くんだなぁ。

結局この日は、パスティス3杯、となりました。
岡城くん、可奈ちゃん、いつもありがとうございます♬



「フレンチバー シャノワール」
大阪市中央区東心斎橋1-19-8 日宝プロムナードビル4F
☎06-6226-7622
open : 15:00〜18:00、20:00〜翌1:30LO
close: 水曜
http://www.le-chatnoir.jp/



Leonard Cohen Hallelujah Live

by writer-kaorin | 2014-04-03 23:01 | Le Chat Noir | Comments(0)  

Le Chat Noir @お気に入りのBar

最近よく、フラリとおじゃまする「Le Chat Noir」。
お気に入りのフレンチバーです☆

アンティーク調の店内。センスを感じさせる空気感が心地よく、
オーナーソムリエの岡城さんの世界観がダイスキで。
そして、料理担当の可奈ちゃんが作る
とっておきの一皿をもとめ、
この日は1軒目におじゃまです。
いつもはハシゴの途中が多いのですが(^^;)

b0118001_16462272.jpg
今日もお疲れさん♪の麦酒。


*鴨の生ハム
b0118001_16463499.jpg
いい香りだ。噛むほどに広がる、澄んだ甘み。ワインを欲する。


*オムレツ ラタトゥイユ
b0118001_16465058.jpg
中はトロリと半熟。
まず、シンプルな味わい深さを愉しみ、
2口目にラタトゥイユとともに。
程よくくったくたの、煮込み野菜はやさしい味わい。


*ポテサラ
b0118001_1647372.jpg
いつもオーダーする1品。細かく刻んだベーコンのカリカリ感、
フレッシュなタマネギの程よい辛みがアクセントに。マヨも旨し。


b0118001_16471922.jpg
胃が疲れきってたWeekだったので、
リカールをキュ〜ッと。やっぱり酒は百薬の長!(^-^)


b0118001_16473350.jpg
2〜3杯、クィ〜ッと。


*アッシュパルマンティエ
b0118001_1647505.jpg
アッツアツをハフハフと頬張る。
赤ワインで煮込んだ牛ほほ肉だったか、肉はほろりと崩れ、かつコク深く、
マッシュポテトのなめらかさと合うわぁ。
これで3杯は飲めそう(笑)だがこの日はリカールでストップ(~~;)
おかげで翌日、胃はすっきり。疲れも吹っ飛んでました☆




別日は2軒目におじゃまです。
b0118001_1648921.jpg
Amphibolite Nature 2010。
ミュスカデ。以前よりシャープな感じで好きだ。上品かつ果実味豊か。


b0118001_16482387.jpg
またもやポテサラ。ミュスカデの爽やかさに合う。


*オムレツ キノコとベーコンのクリームソース
b0118001_16483849.jpg
これもシンプルかつ美味しいなぁ。まずはオムレツのまま、
そしてソース&オムレツで。
さらに自家製パン(バジルトマト)をソースにつけて。


*鶏モモ肉のコンフィ
b0118001_16485075.jpg
この鶏肉もいい味出してる。やらこい繊維質が心地よく、
マリネされているんだろうか、風味もいい。
タケノコや小芋、ズリもいい仕事してます。


ずっとミュスカデで通し、
お隣の、このジュースをひとくち。果実味凄い。
b0118001_1649442.jpg



b0118001_16492241.jpg
〆に、おいしいエスプレッソをいただけたりするのも、
シャノワールさんならでは。


b0118001_16493872.jpg
こちらのお店、昼酒タイムの数時間も営業されているので、
次こそ週末の昼酒を愉しみに(^^)
とかいいながら、近日中の夜にまた、おじゃましてそうですが(笑)


「Le Chat Noir」
大阪市中央区東心斎橋1-19-8
06-6226-7622
open : 15:00〜18:00、20:00〜翌1:30LO
close: 水曜
http://chatnoir07.exblog.jp/



Robert Plant & Alison Krauss - Please Read The Letter (Live)

by writer-kaorin | 2012-04-02 17:12 | Le Chat Noir | Comments(8)