カテゴリ:Triunfo( 1 )

 

La Cantina di Triunfo @NAPOLI

これがラストです(^^)イタリア日記。
ニッポンネタが溜まるいっぽう(汗)

b0118001_20113445.jpg
この2日後。。。
Munich空港にて、デジカメを落とす・・というオチが(~~;)


二度目のアマルフィ画像もありますが、
iPhone画像のみ(汗)
b0118001_20125714.jpg
「二度目のアマルフィは、
 手漉きアマルフィ紙職人を尋ねる旅となった。」
(どこかで聞いたことある!? スミマセン(^^;)



さてナポリ滞在中にぜひともおじゃましたかったお店
「La Cantina di Triunfo」さんへ。
b0118001_20132093.jpg
キアイアにあるトゥリウンフォさんは
素晴らしいワインを自家醸造されている。
そして、芦屋のナポリ料理の名店「オステリア・オ・ジラソーレ」
杉原シェフが、修業をなさっていたお店。(シェフ、色々ありがとうございます!)
シェフの修業時代から代替わりをされていて、
当時よりずいぶんオシャレになっていて、メニューも増えているそう。


店に入りワインカーヴのようなバースペースを抜けるとそこは
b0118001_20133613.jpg
ホワイト基調のテーブル席。
柔らかなタッチのライティングと、
雑貨屋にでもありそうな白テーブルや椅子が、いぃ感じです。
その奥の厨房、まる見えだからもう釘付けに(笑)
この後、地元客で満員御礼(^^)愛されているお店さんです。



メニューはなく、スキンヘッドの男性が、
口頭でオススメ料理やグランドメニューを
レクチャーしてくださいます。たぶん、先代の息子さんで現・オーナーでしょう。
b0118001_20135568.jpg
これも自家製かな?
歩き疲れたカラダに
スパークリングワイン、沁み入ります。


b0118001_2014940.jpg
このパンには唸った!
予約時間に合わせて、店内で焼き上げられたパーネ・カフォーネ。
粉の香りの凄さは言うまでもなく、コク深い味わいにつき
泡が即、なくなる。


b0118001_2014264.jpg
白をボトルで。この入れもんもオサレだ。
ファランギーナ100%。もちろんホームメイド。
やや緑がかった薄めの黄色。リンゴの芯のような香り、
酸味はすっきり、そこそこしっかりとした味わいだ。


前菜は、海老のお料理をオーダーです。
b0118001_20145629.jpg
芯まで温かいのだが、中はミキュイ。しかもビックリするくらいに甘い。
説明、聞きそびれたのだが、パン粉ともクスクスともとれる素材には
レモンの芳しさと程よい酸味。それがソースとなり
甘みの濃い海老と相性良しでした。



b0118001_2016239.jpg
パンおかわり!(汗)昼にようさんピッツァを食べてきたのに…。
オリーブの塩気と酸味が・・・また進ませるのだ。


*パッケリ リガーテ いろいろ魚介のラグー
b0118001_20165675.jpg
魚介ラグー、今回のイタリア滞在のなかのNo.1!
小海老やアサリから出た旨み、
そこにフレッシュトマトが絡み合い、その凝縮感といったら!(無言)
食べきった後、皿には透明感のある濃そうなソースがびっしりと付いてて、
それをパンで拭う幸せよ・・・。


こちらは
*フェットチーネ アーモンド、パルメザン、オリーブ、ケイパー
b0118001_20171336.jpg
フェットチーネは極太。
この極シンプルな素材の組み合せが、すこぶる旨いのだ。
アーモンドのナッティなニュアンスにパルメザンの塩気と風味、
オリーブやケイパーは控えめに、いい仕事をしている。
それらが融合したこのソースは、初めての味わい。
そら、ボトル2本目に突入するワケです。。。



b0118001_20172840.jpg
まだまだお料理を頂きたかったのですが、昼のハシゴ・ピッツェリアが胃にこたえており(><)
次のナポリ滞在時もぜひおじゃまさせて頂きたい、
おいしい魅力と居心地のよさに、満ちあふれてました(^^)
ご馳走さまでした!


「La Cantina di Triunfo」
Riviera di Chiaia, 64 Napoli
081 668101
http://www.lacantinaditriunfo.it/

by writer-kaorin | 2012-05-22 20:20 | Triunfo | Comments(0)