カテゴリ:il Chiaro( 1 )

 

il Chiaro @高槻・イタリアンの新鋭

こちらのお店のオープン前後に、
某ワインショップのNさんや、京都でお会いした女史から
ぜひ行ってみて〜、とお聞きしてた、
高槻のイタリアン「il Chiaro」さんへ。
4/17open。


b0118001_2084638.jpg
JR高槻駅からすぐ。
マンション1Fの奥に立地。久々に感じるこの隠れ家感。


b0118001_209316.jpg
テーブル8席のみの店内。
小川大喜シェフは、元 ラ・ムレーナ(現 ラ・ルーナ)
小塚博之シェフの元で、料理人人生をスタート。
その後、ポンテベッキオや靱本町のオピュームで研鑽を積まれたお方。


お料理は昼¥2500、夜¥5500のコース1本。
私は夜におじゃましました。


前菜は
*フルーツトマトと水なす、モッツァレラ・ディ・ブッファラの
 カプレーゼ仕立て
b0118001_209554.jpg
アメーラトマトは、酸味と甘みのバランスが素晴らしく、チーズはコク深い。
しかもそのトマトのエスプーマを忍ばせていて、
温度差で風味が変化する感覚が面白かった。


b0118001_2092079.jpg




*和歌山県産 ケンケン鰹のアロスティート
 ホワイトアスパラガスと温度卵のサラダ
b0118001_2095724.jpg


b0118001_2010815.jpg
炙った鰹の皮目は香ばしく、アンチョビやニンニクの風味がじわり。
エチュベしたアスパラには、ヴィネグレットソースの爽やかさ。
トロリと濃厚な半熟卵が、全体をやさしく包み込む。



*キタッラ 初鮎のコンフィ 胡瓜とういきょうの軽いトマトソース
b0118001_20101391.jpg
ウイキョウの香り、好きだ。胡瓜と初鮎の組み合わせ、
お口のなかがぐっと、清々しい初夏に。
隠し味にペルノーを入れられるそうで、そのさじ加減にセンスを感じる。



*本日の鮮魚とアサリのブロデッド サフラン風味
b0118001_20104452.jpg
この日は金目鯛。スープの凝縮感がこれ凄い。
身質のしっとり感、大麦のツブツブ感など、
ひと口ごとに、楽しませてくださいます。



*岩手短角牛のビステッカ
 わさびの香るサルサヴェルデ
b0118001_2011136.jpg
短角牛はサーロイン。噛みしめるほどに味わい深い。
そして、サルサヴェルデからは仄かに本ワサビの香り。
こちらも、強すぎず弱すぎずの「利かせ方」が秀逸です。



ドルチェは
*焼きパイナップル ココナッツのソルベ添え
b0118001_20111768.jpg
パイナップルが、まるでひまわりのような花の形に!
このビジュアルに、「うわぁ〜凄いなこれ!」と最後までテンション↑↑(^^)
(女子の場合「うわぁ〜かわいぃ〜」ですが、はいオッサン女子;)
ココナッツの風味と、バリッと齧って感じるフルーティーな酸味、
そのバランス、素晴らしかった。
ドルチェにまでサプライズって、すごく嬉しいですね。



以上、5500円の満足度はすばらしく高かった。
小川シェフのお料理は、素材力がしっかりしていて、
何を食べているかをはっきりと感じさせていただきつつ、
でもすごく、しなやかで繊細。そのバランス感覚、
努力もおありだと思いますが、センスも素晴らしい。
ご馳走さまでした。

PS:個性派店、続々の高槻〜摂津富田周辺、
ますます面白いエリアになりますね!


「il Chiaro」
高槻市芥川町1-14-9 西形ビル1F
072-682-6888
open : 11:30~14:00LO、18:00〜21:00LO
close: 水曜
http://il-chiaro.com/


Alice Cooper - No More Mr Nice Guy

by writer-kaorin | 2012-05-23 20:12 | il Chiaro | Comments(2)