カテゴリ:TRATTORIA LAMPIA( 2 )

 

トラットリア ランピア @肥後橋

「トラットリア ランピア」さんで、おいしい夜。
オーナー武田さんセレクトのイタリアワインと、
シェフ三好さんのお料理を、ガッツリ楽しませて頂くことに☆


*前菜 おまかせ盛り
b0118001_920512.jpg
沼島産ハモの炙り バニェットソース、
ブロッコリーとトマトのマリネ、
海老と野菜のクスクスサラダ、
地鶏 白肝のクロスティーニ、
群馬 赤城山ポークを使った田舎風お肉のパテ、
軽く燻製した河内鴨の自家製生ハム、
サザエのブルギニョン・バター

丁寧につくられた、前菜の数々、
ひゃぁ〜っ、ワイン泥棒やわ。


b0118001_921679.jpg
鱧はその香ばしさとともに広がる、脂の旨みが心地よく、
河内鴨の生ハムの仄かな燻香もすばらしい。
そして大好物のクスクスやパテやクロスティーニ…と、
ニンマリ、が止まらない。



ビールを飲み終え、
b0118001_922486.jpg
Langhe Favorita 2012
ジューシーな果実味、余韻にリンゴ的、爽やかさ。



*フランス産サマートリュフのタヤリン
 発酵バターとセージのソース
b0118001_9221842.jpg
トリュフがふんわりと香り、
セージの存在感ある香りやバターの風味、そのバランスがいぃ。
それらが、ツルンッ&程よいコシのタヤリンに絡む絡む。


このあたりで、ピエモンテのシャルドネを☆
Piemonte Chardonnay 2012 Enzo Boglietti



*秋刀魚とオリーブ、ケッパーのプッタネスカ風トマトソース
b0118001_9223327.jpg
このプッタネスカの旨み、ナポリを思い出すわぁ〜。
そこに、秋刀魚。秋の香り。





そして、待ってました!の肉料理

*ビゴール・ド・ノワール 肩ロース
b0118001_922501.jpg
南部鉄にホーロー加工を施している鍋で、
肉を焼いた後、蒸し煮にしているそうで。


b0118001_923432.jpg
保湿力が強い鍋のチカラにより、
豚肩ロースの身質は驚くほどしっとり、
脂の透き通った甘みも、これ堪らんわー。
ポテトやトマトほか野菜の素材感も、インパクト大。
武田さんにふと差し出された、赤の
凝縮感ある果実味と土っぽさがドンピシャ。



その後は、ゲストも交え、
武田さんや三好シェフと、あれこれ盛り上がった夜☆
ホントにありがとうございました!!!


「トラットリア ランピア」
大阪市西区江戸堀1-19-3 江戸堀ビル 2F
☎06-7501-4951
open : 11:30〜14:00LO、18:00〜22:00LO
close: 水曜
ランチ情報や営業時間の詳細は↓↓↓
http://Lampia.exblog.jp/


Jose Feliciano - Light my fire

by writer-kaorin | 2013-09-07 09:24 | TRATTORIA LAMPIA | Comments(0)  

LAMPIA @5/22open!肥後橋のピエモンテ

先週5/22オープン
「TRATTORIA LAMPIA(トラットリア ランピア)」さんにおじゃましました。
http://lampia.exblog.jp/
openおめでとうございます(^-^)



店主は「マーブル・トレ」の気鋭マネージャーだった、武田尚士さん。
シェフの梅尾和彦さんとタッグを組んだ、
ピエモンテの郷土料理を中心としたイタリア料理店だ。
77会の屋台村の2日後に自店openとは!ホントにお疲れさまでした。
b0118001_17292963.jpg
場所は肥後橋。とあるビルの2F。
ほぼ全面ガラス張りだから、道を歩いててふと見上げればすぐに分かる。
階段をのぼると、入口すぐ横には魅惑的なセラーが!


といいつつも、ビールで喉を潤す
b0118001_17294385.jpg
メニュ−はアラカルトオンリー。
大阪産の食材を駆使されたものから、タヤリンなどピエモンテものまで
目移りしてしまう(笑)



*平野農園の赤空豆を使ったスフォルマート
b0118001_17295769.jpg

b0118001_1732339.jpg
赤空豆の風味と、気持ちざらりとした舌触りが心地よい。
ペコリーノ・ロマーノでしょうか、チーズがベースのソースは甘い香り。



早速、ピエモンテの赤
オススメ3種から選ばせていただくことに。
b0118001_17324886.jpg



*LUIGI PIRA BARBERA D'ALBA 2008
b0118001_17325856.jpg
ピュアでジューシーな果実味。程よいタンニンも好き。
この日の気分にピタリと合った!



*リコッタチーズのニョッキ 香草風味のバターソース
b0118001_17332915.jpg
口当たりが軽やか。優しい香草の風味がじわ〜りと口中に広がる。



*タヤリン 和牛ホホ肉のラグー 
b0118001_17334836.jpg
角切の和牛ホホ肉がゴロゴロ。そんなラグーの凝縮感のある旨みが
ヤタリンに絡みまくるのです。おかわりしたかった!(笑)



*キントア豚 Tボーン@300g
b0118001_1734517.jpg
ピエール オテイザさんのキントア豚。豪快!
脂は甘みがあって上品。香りがよくって、しかもサラリとしている。
500gくらいはいけたかも(汗)



*パンナコッタ
b0118001_17342013.jpg

b0118001_17343013.jpg
滑らかかつ、甘ったるさがないから別腹 w


b0118001_1734441.jpg
武田さん☆梅尾シェフ、ホントにおめでとうございます(^^)
近々、残業アフターで、フラリとおじゃまさせてくださいっ!



b0118001_17351150.jpg
「TRATTORIA LAMPIA(トラットリア ランピア)」
大阪市西区江戸堀1-19-3 江戸堀ビル 2F
06-7501-4951
open :[平日] 11:30~14:00LO、18:00~22:00LO
    [日・祝]12:00~15:00LO、17:00~21:00LO
close:水曜
http://lampia.exblog.jp/



Jimmy Page/Jeff Beck/Eric Clapton-Stairway to Heaven

by writer-kaorin | 2012-05-29 07:28 | TRATTORIA LAMPIA | Comments(0)