カテゴリ:クラッティーニ( 2 )

 

クラッティーニ @北新地

北新地「クラッティーニ」さんでのオッサン会。
炭火料理とトスカーナワインのお店だ。

オッサン会も定例となりました☆メンバーは、
飲みトモ 「チチェルキア」のムラジーこと連シェフ、
文楽三味線の龍爾アニキと、U音楽事務所のYちゃん。

b0118001_1744132.jpg
まずはビールで喉を潤す。


メニュー表はなし。おまかせ5000円〜で、
小さな前菜や、目の前で藁焼にする旬魚、揚げ物など
ワインに合う小鉢が6〜7種。
その間に、肉の炭火焼があったり、〆にパスタを頂けたり。
客とやりとりする中で内容を決めていく場合もあるという。



*バッカラ、マスカルポーネ、キャビア
b0118001_17441852.jpg
塩ダラの旨みに、チーズの柔らかな酸味やキャビアの質感がマッチ。


*ヨコワ、熟成アボカドのタルタル サルディーニャ産ボッタルガ
b0118001_17443683.jpg
ヨコワは赤ワインをベースとした液で一晩マリネし、スモークしている。
そこに熟成感すばらしいアボカド。
このアボカド、木の上で熟成しきったものが飛行機にのってやってくるそう(笑)


ちょこちょこ小ポーションで供されるのが、酒飲みのツボ(笑)


b0118001_1745469.jpg
パンデュースさんのパンたち。オリーブのチャバタをはじめ
どれも、めちゃくちゃ食べすすむ。そんなおいしさ♡


*Vernaccia di San Gimignano 2012
b0118001_17452441.jpg
塔の町「サンジミニャーノ」 のDOCG。
繊細で複雑な香り、酸もいいかんじ。



*寒ブリの藁焼き トマトのピューレ
b0118001_17453943.jpg
ブリは脂を蓄えていて、仄かにスモーキー。
フルーツトマトのピュアな甘みが、ピタリと寄り添う。



*なにわ黒牛 牛スジのイタリア風どて焼き
b0118001_17455573.jpg
しっかり味のある牛スジだ。オリーブのペーストのコクにより
ワイン(飲)が加速。



*根菜のミネストローネ
b0118001_174695.jpg
ホッと心があたたまる、質朴な味わい。



*SANGERVASIO A SIRIO 2007
b0118001_17462558.jpg
すごく厚みがあり、凝縮感のあるベリー系の香りがぶわっと。



*フォアグラの炭焼き 安納芋のガレット
b0118001_1746399.jpg
フォアグラのコク深さ、ガレットの蜜のような甘み、
クリーミーなソースが渾然一体に。



*下仁田ネギで巻いたサルシッチャ、堀川牛蒡のベシャメルソース、トリュフ
b0118001_17465475.jpg
サルシッチャは肉々しく、
堀川牛蒡は土っぽい香りを放ち、ネギは甘く、トリュフが薫ります。


b0118001_1747870.jpg



炭床で焼き上げられた肉、まず1品目は

*蝦夷鹿(ウチモモ)
b0118001_17472748.jpg
しっとりきめ細かな身質。柔らかく、
肉自体にすごく甘みがある。



*イチボ
b0118001_17471554.jpg
ふわっと口中で解ける。そしてキレイな香りが鼻孔を突き抜ける。
カンボジアの生ペッパーが、いいアクセントだ。



*タリアテッレ ホッケのラグー
b0118001_17472967.jpg
うん、たしかにホッケ(笑)バッカラのような質感も。
その旨みと野菜の甘みが凝縮したラグーは深い旨み、



*スパゲッティ-ボッタルガ
b0118001_17474432.jpg
ローマで出会いそうなスパゲッティだ。
これ、あきません…ワインが進みすぎてしゃーない(旨)
おかわりしたかった〜。が、お腹もいい感じに満腹!


倉谷さんの、テキパキ&心地良いサービスに、
そして、和素材&伊の食材をシンクロさせた
炭焼きほかお料理の数々に、
ワインが止まらなくなるひとときでした。
ご馳走様でした〜♬


そして、オッサン会の皆さん
次の会合も楽しみにしてまぁす!


「クラッティーニ」
大阪市北区堂島1-5-35 堂島レジャービル6F
06-6344-6500
open : 18:00〜翌2:00
close: 日曜、祝日


ZZ TOP LIVE gimme all your lovin

by writer-kaorin | 2014-02-11 17:51 | クラッティーニ | Comments(2)  

クラッティーニ @10/23open☆

この日はラマダン&シュガールとの不意打ちナイツ☆
念願の「クラッティーニ」さんへ。
b0118001_16462610.jpg
倉谷さん、ご開店おめでとうございます〜!
ここ、「クラッティーニ」さんは、炭火料理とトスカーナワインのお店。

メニュー(お品書き)はなし。
お客さんとやりとりするなかで内容を決めていくという、おまかせ¥5000〜。
話を聞けば、小さな前菜や、目の前で藁焼にする旬魚、揚げ物など
ワインに合う小鉢が6〜7種続き、
その間に、お好みの肉を炭火焼で。
パスタも、季節食材を用いつつ、客の気分に合わせたオーダーメイド感。


私とシュガールは「肉、食べた〜い!」の肉食女子。
ラマダンは「パスタ、喰わせて」のカーボローディング(ではない? W)
この日のカウンターはWッシーさんやTッシーなど、知った顔ばかり(^^)


*ナポリ直送 塩漬けオリーブ
b0118001_16464192.jpg
香りがすごくいい。これと泡をチビリチビリ。


*ボッタルガ炙り
b0118001_16465321.jpg
この按配。中はしっとり、ねっちり、その食感も好き。


*モッツァレラ
b0118001_1647513.jpg
水牛。どこまでもミルキーです。


*栗
b0118001_16471638.jpg
素揚げにした栗は香りも甘みも濃いわ。渋皮もいいアテ。

b0118001_16472826.jpg



b0118001_16473762.jpg
炭焼きだけでなく、藁焼きも!


*藁焼きカツオ 赤タマネギのソース
b0118001_16475346.jpg
カツオは鉄っぽさを全く感じさせないほど、キレイな脂がのってる。
仄かなスモーキーさがたまらん。


b0118001_1648991.jpg
上等な肉が登場です。

b0118001_16482128.jpg
近江牛リブロースの炭焼きです。完成写真、なんでか削除されててなし(><)
ですが、ひと口サイズに切られたリブロースは、脂が澄みきっていて
身質もほんとに上質。生コショウがいいアクセントでした。


*南の島豚ロース&肩ロースの炭焼き
b0118001_1648329.jpg
お隣、Wッシーさんのお皿をパチリ。
別皿で、一切れいただきましたが、カットされた断面はウルウルしていて艶っぽい。
その素晴らしい火入れにウットリしつつ、
南の島豚の、脂の美しさには驚いた。おいしくってホントにキレイな脂。


あー。エチケットやセラーは撮影し忘れですが、トスカーナワイン、のなかでも
サンジョヴェーゼの品揃えのマニアックさといったら。凄いです。
90年代中心のスーパートスカーナをはじめ、
バックビンテージの充実っぷりといったら、素晴らしいのひと言。


この日は、「肉食べたい」わがままスタイルでしたが(笑)
またじっくり、腰を据えて楽しませていただきたいです。
ご馳走様でした☆


「クラッティーニ」
大阪市北区堂島1-5-35 堂島レジャービル6F
06-6344-6500
open : 18:00〜翌2:00
close: 日曜、祝日


Jeff Beck Group (Rod Stewart) - Plynth-water down the drain

by writer-kaorin | 2012-11-17 16:51 | クラッティーニ | Comments(0)