カテゴリ:子孫( 1 )

 

子孫

甲陽園の静かな住宅街に佇む料亭「子孫」さんへ。
b0118001_14455599.jpg
数寄屋造りの一軒。座敷へ案内されるとまずこの庭が目にとびこみ、
掛け軸、生け花…。心地よい緊張感に包み込まれる。

とはいうものの、常連さんにご一緒させて頂いたので、
そんな凛と張りつめる空気はどこへやら(笑)


先付
「鮟鱇肝豆腐 大根おろし 割醤油」
b0118001_1446758.jpg

b0118001_14461642.jpg
蕩けゆきそうな質感の豆腐には、
アンキモの深いコク、凝縮。


煮物椀
「車麩 雲子 吹雪仕立て 芹 柚」
b0118001_14462921.jpg
ほのかなだしの味わいに続き、ぽってりとした白子のコクが溶け出し
少しずつ旨みが増してゆく。


造り
「平目 烏賊 鮪  梅肉 醤油」
b0118001_14464366.jpg
平目はねっとり、旨みがまとわりつく。鮪の肌理と清澄な脂に、陶酔。


寿司
「蒸寿司 穴子 海老 干瓢 椎茸 錦糸玉子 三つ葉」
b0118001_14465735.jpg
熱々。米は粒が立っていてふくよかな甘み。
穴子や海老ほか、各素材の旨みや風味が複雑に絡み合う。


b0118001_14471243.jpg
小さなビールの後は、飛露喜 特別純米を。


八寸
一、 柿 蕪 黄身酢がけ
一、 こんにゃくそば なめ茸 雲丹
一、 水菜芥子和え 鴨ロース 綱傘柚
b0118001_14472490.jpg
柿のまったりとした風合いに蕪のやさしい甘み。このほか、
この時季ならではの組合せには、
味覚はもちろんのこと、視覚をも刺激する。


焼物
「鰆味噌漬 べったら漬大徳寺納豆射込み」
b0118001_14473861.jpg
器に見とれてしまいます・・・。素晴らしい。
味噌のふくよかな旨みを蓄えた鰆の存在感はもちろん、
大徳寺納豆を射込んだべったら漬、これにはまいりました。名脇役。


強肴
「ほうれん草 車海老 大黒しめじ とろろ加減酢」
b0118001_14475187.jpg
ミキュイな車海老。その張りとツヤ、じんわりと響く甘みの余韻に目を細めた。
加減酢、仄かなダシの風合いとまろやかな爽やかさが心地よい。



鉢物
「鰤大根 白髪葱 粉山椒」
b0118001_1448343.jpg
澄みきっただしのなかに心地よさそうに浸かる鰤。
身質はどこまでもしっとり、清澄な…って意味合いを超越している風味。
これにはやられました。
想像をはるかに超える鰤大根だった。


御飯
「セコガニご飯 浅月」
b0118001_14481763.jpg


b0118001_14482750.jpg
内子、外子がこれでもかってほど入り、身はセコだけでなくズワイガニも。
ズワイの身のおおらかな甘み、セコの凝縮感のある甘みが米ひと粒ひと粒に絡み
そして外子のプチプチ小気味良い食感と、内子のコク、
セコガニラヴァーにはたまらない御飯でした。
ここに、岩茸と柚のお吸物、香物三種。


水物
「苺 洋梨 グレープフルーツ 柚フローズン」
b0118001_14484211.jpg
洋なしはまったりとした甘み、苺やグレープの酸味に、柚子の清々しい香り。


菓子
「そば重ね」胡桃・干柿・柚
b0118001_14485569.jpg



薄茶
銘 又玄
b0118001_14502273.jpg



お料理の素晴らしさはもちろんですが、
料亭であるがゆえの世界観。主・藤原さん自らが見立てる軸、生ける花、
そして、おもてなしの心。
料亭でしか体感することができない何もかもに心酔いしれた夜でした。
ご馳走様でした。


「子孫」
西宮市甲陽園本庄町5-21
☎0798-72-1116
open : 12:00〜13:00LO、17:00〜20:00LO
close: 木曜
昼/ミニ懐石5250円〜、夜/懐石1万500円〜(サ別)



Ben Folds Five - Philosophy (Live on Jools Holland)

by writer-kaorin | 2012-12-15 14:53 | 子孫 | Comments(0)