カテゴリ:Nuda( 2 )

 

Nuda

神戸・元町にある「Nuda」さん。
久しぶりの訪問は、河内鴨の津村Kさんたちと一緒に☆


*キュウリのスープ
b0118001_85572.jpg
清々しい風味、冷たさもキモチイイ。


*自家製バター
b0118001_851915.jpg
煙の香りを楽しみながら、カナッペ風に頂きます。


b0118001_854369.jpg
いつもの如く、
ワインはソムリエ・西川さんに全ておまかせ。
チャコリ2種の飲み比べ、面白い!


*尾鷲 岩牡蠣
b0118001_85575.jpg
食た後・・・、の画像(笑)。

「シェフは、“人肌”の温度の薪焼きをようやく見つけたみたいで」と西川さんより。
この夏牡蠣、生なようでそうじゃない質感。
官能的でありながら、どこまでもピュアで甘い。
そんな両極端の性質をあわせ持つ、不思議。


b0118001_86175.jpg
パンも薪の香りがふうわりと。この質感がたまらなく、
結局、全員おかわり、となった(笑)


*GGファームの豆
b0118001_861758.jpg
ギャリさん、お帰りなさい!!待ちわびてました!(笑)
豆ってこんなに、甘い香りしてたんだ。


*淡路 釣り鯖 泉州水茄子
b0118001_863131.jpg
一本釣りの鯖、こちらも「人肌」の火入れ。
存在感のある身質は、程よい弾力感に続き、
口中でじわじわと蕩けゆく。水茄子はピュアな甘み。


*蛸
b0118001_864595.jpg
火入れはもちろんのこと塩梅も素晴らしく、
噛むほどに、甘みと旨み、しっかり。



*河内鴨のチストーラ
b0118001_865837.jpg
この皿にも唸った。ねっとりと妖艶な質感でありながら、
ピリッと舌を刺激する辛みや薫るスパイス感。
そして河内鴨ロース肉の、甘みの余韻が素晴らしかった。
敷かれたアマドコロ(野菜)の粘りと甘みもクセになるおいしさ。

b0118001_871780.jpg




*賀茂茄子
b0118001_873546.jpg
芋のような深い甘みと、スモーキーさが主張する。
まろやかジューシー。


b0118001_875373.jpg



*アコウ 万願寺唐辛子
b0118001_883237.jpg


b0118001_884225.jpg
表面は黄金色。肉眼ではもっと。
流石の火入れです。
アコウのピルピル、タラのそれとはまた違う、優しい旨みが寄り添う。


*岩手 乳飲み仔牛
b0118001_884620.jpg
どこまでもミルキーで、ずっと続くピュア感。
こちらの火入れにも唸りました。
別添えで頂いた、ギャリさんのラディッシュ、この存在感も鮮烈!


そしてデザートへと

*マンゴーのシャーベット
b0118001_892087.jpg
完熟感、凄いです。


*燻製アイスクリーム
b0118001_892032.jpg
びしっと、スモーキーでありながら、滑らかミルキー。
思い出しただけでニンマリしてしまう。今すぐにでも食べたい(笑)

BGMは、Bob Marley。良い意味でまったりとしたトーンが、
ホロりと酔ったカラダに心地良く響く。

熾火を巧みに操る、坂井シェフのテクニックに、感動しっぱなしの夜でした。


「薪焼きレストラン Nuda」
神戸市中央区元町通3-14-5
☎078-335-1077(要予約)
open : 12:00〜13:00LO、18:00〜20:30LO
close: 水曜
※昼夜ともにメニュ−デギュスタシオン(10〜12品)¥8660
http://parrillanuda.com/


Traveling Wilburys - Handle With Care

by writer-kaorin | 2013-07-03 08:13 | Nuda | Comments(0)  

Nudaとロックな夜

恒例となりつつある洋楽ロックナイツ♬
この日、まずは神戸・元町にある
薪焼きレストラン「Nuda」さんへ。

こちらのお店の最多来店者である
「eS KOYAMA」の小山シェフをはじめ、
ロックなメンバー4人☆

こちら、「Nuda」さんは
ランチ・ディナーともに、おまかせ1本。
10皿近くが供され、そのほとんどが薪の熾火を駆使した料理だ。
じつは、じっくりおじゃまは初訪問。念願でした。


*alubia(黒豆)のスープ
b0118001_13583326.jpg
まさに素材の味。豆の質朴かつ濃い風味、強烈。


*チストーラ(アグー豚の生チョリソー)
b0118001_13584563.jpg
ふうわり、ほのかな燻香。
生チョリソーはホロホロ柔らかく、
咀嚼するたびに、肉の旨みがじわりじわりと。
ピリリと舌を刺激する辛味や、薫るスパイス感も。


b0118001_1359473.jpg
思わず、おかわりしそうになる。厚みのあるクラストはどこまでも芳ばしく、
水分を程よく蓄えたクラムは、ねっちりしっとり。


*ビーツと燻製ボンボンバター
b0118001_13591993.jpg
ビーツの大地の香りに、バターのスモーキーさがなんと合うこと。
このバター、サラリとしていて清澄なテイスト。新感覚だ。


*牡蠣
b0118001_13593477.jpg
北海道産のシングルシード。
磯の香り、泡にもエキスが凝縮。


*鯖
b0118001_13594525.jpg
今まで経験したことのない鯖だ。
限りなく生に近い身は、生暖かくしなやかで、
香り、蕩ける舌ざわりともに、なんというか
鯖が生き返ったかのような感覚をうける。


b0118001_13595915.jpg
ワインはソムリエ・西川さんにおまかせです。
ナイスなテイストの数々に案の定、
飲みすぎとなり・・・(笑)


*明石 蛸
b0118001_1401971.jpg
香ばしい面は、噛みしめて増す味わい深さがあり、
限りなく生に近いところは、優しい甘味に満ちている。
蛸ってこんなにいろんな表情があったんだ。そんな驚き。


b0118001_1403195.jpg
「Itsas Mendi 7 2010」
この希少なチャコリ。
意外にやわらかな酸と、わずかに感じるほろ苦さのバランス、素晴らしい。
1本はいけそうなくらい、タイプです。


*サザエ 天然クレソン
b0118001_1404572.jpg
ハッとさせられるほど、なんて味が濃いんだ。
アワビかと勘違いしてしまうほどの存在感。
そんなサザエに負けじと、クレソンの苦味とミネラル感が主張する。


*季節野菜の薪焼き
b0118001_1405985.jpg
ほうれん草をはじめとする葉野菜や、
金時人参、蓮根ほか根菜類たち。
野菜そのものの味が濃くって、甘さ、瑞々しさ、ホクホク感、苦味…
それぞれの野菜の特性がシンプルに、見事に引き出されている。


ひと皿ひと皿に酔いしれ、ロックなトークに盛り上がり
写真、撮り忘れで失念ですが。
魚の薪焼きにも陶酔。マナガツオだったか。
もう、笑みしかこぼれないというか、
皮はカリリッと小気味よく、妖艶な身質。


b0118001_1411311.jpg



b0118001_1412334.jpg
このトリュフを使った「とっておきパスタ」が登場。
これがまた素晴らしいのです・・・。
ちなみにパスタは、小山シェフ限定のメニュ−なので
お写真は割愛させていただきます。
西川さん、手タレありがとうございます(-_^)


*岐阜 真鴨
b0118001_145223100.jpg
繊維が肉汁を抱き、迸る旨み。野生味がまた素晴らしいのだ。


*新潟 ル・レクチェ エリアサバル
b0118001_14521035.jpg
羊のチーズはコク深く、蕩けゆくレクチェは濃密な甘みと香り。


*燻製アイスクリーム
b0118001_14524845.jpg
これが噂の・・・!ミルキーだけれど、どこまでもスモーキー。
シンプルなのに深すぎる、薪焼きの醍醐味、凝縮。


熾火を巧みに操ることで、素材の奥底に眠るエネルギーを、
最大限、というかそれ以上に引き出す坂井シェフ。
BGMにはbob marley。
懐かしい。19の頃、足しげく通ってたNYにあるクラブで流れていた。
あの当時、胸をアツくさせてた
感動、自由、挑戦、夢、刺激、貫、愛…そんな感覚、今も変わらんなぁって。しみじみ。


ちょっと前に、坂井シェフと小山シェフの対談記事を
エスコヤマさんのセルフメディア誌「FUKAN」で拝読していた。
ここで詳しくは書きませんが、おふたりの我流、ホントに刺激を受けます。
小山シェフのお店で入手できるので、ぜひ手にとって頂きたいです。


その後は
b0118001_14525044.jpg
こちらで夜な夜な、洋楽カラオケ♬ with 角水割り。
Deep PurpleやQueenから日本語verの王様まで。
火花がパチパチ♬みんな、スパークしすぎ。
盛り上がりまくりの、サイコウに楽しい夜となりました。



「薪焼きレストラン Nuda」
神戸市中央区元町通3-14-5
☎078-335-1077(要予約)
open : 12:00〜13:00LO、18:00〜20:30LO
close: 水曜
※昼夜ともにメニュ−デギュスタシオン(10〜12品)¥8660
http://parrillanuda.com/


Velvet Underground - Heroin (live in Paris)

by writer-kaorin | 2012-12-19 20:44 | Nuda | Comments(0)