カテゴリ:まさる( 1 )

 

すし処 まさる @まさるの会vol.1

この日記」から派生した、
食いしん坊7人による集い「まさるの会」。

要するに、姫の日記に感化されたメンバーにより
彼女のFBは炎上(笑)。
そして「まさる」の集いが催されたのです。
b0118001_1212267.jpg
場所は、四天王寺前夕陽丘近く。
ご主人は長年、この地で店を営んでおられます。

「まさるの会」メンバーは、
栗センセ、姫、D通Yちゃん、
ロック大好きO川センセ、U音楽事務所のY氏、Kaorin、
そして、この日参加できへんかったG官房長官。


*お付き出し
b0118001_12192331.jpg
ヨコワ炙り、クレソン、赤玉葱、葱。
野菜の香り、ヨコワはいぃ感じのヅケ具合、少し炙りの香ばしさ。



*いわし一夜干し
b0118001_12193433.jpg
みりん、酒、醤油の漬け地が、これまた、いい塩梅なのです。

b0118001_1219477.jpg
即、酔鯨を頂くことに。



*白子茶碗蒸し
b0118001_1220394.jpg
中から、ぽってり重みのあるクリーミーな白子が顔を覗かせる。
ほどよい柑橘感のあるポン酢、いい仕事してました。



*アオリイカ造り
b0118001_12201552.jpg
シャクッと噛めば、じわりじわりと甘みの旨み。
日本酒おかわり(笑)


*平目昆布〆
b0118001_12202672.jpg
平目は、脂の甘みとグルタミン酸の嵐。


*きずし
b0118001_12203875.jpg
サッとな〆加減。私のタイプ♡


そろそろ握っていただくことに。

*きす昆布〆
b0118001_12212794.jpg
この初々しさ♡
仄かにピンクのもち肌は、昆布の旨みがさりげなく主張し
忍ばせた大葉が、ふうわりと爽やかな風を運ぶ。
小さめのシャリ、すごく嬉しく
酢は、千鳥酢だろうか、そんなまぁるい酸味。



*かわはぎ
b0118001_12214067.jpg
身はあっさり淡泊。コク深き肝とともに、
ボルト&ナットな力強いタッグ。
ハラリとほどけるシャリがいい具合に融合。


*づけ
b0118001_12215246.jpg
ひと口サイズのドーム型。
潤々、艶やか。香りもすごく良かった。


*鯖づけ
b0118001_1222570.jpg
サッとなヅケ加減。芥子とともに。これが意外に合う。


*太刀魚炙り
b0118001_12221760.jpg
炙りの香ばしさと、脂のノリ素晴らしく、
シャリのまぁるい酸で、口中さっぱりと。


*きんき、その肝
b0118001_12222933.jpg
ほのかにピンクがかった身、瞬時に炙った皮目の香ばしさ
そこにキレイな風味の肝、支えるシャリ。



*あわび
b0118001_12224129.jpg
歯ですっとちぎれるくらい柔らかなあわび。
鮑の美しい風味が、鼻孔を突き抜けていく。


*車海老
b0118001_12225478.jpg
甘みがしっかりと主張する。


*うに
b0118001_1223622.jpg
濃い。
コロンと崩れるようで崩れない。
他のお寿司もそうだが、ご主人の独特の握りの形に、興味津々。


*とり貝
b0118001_12231823.jpg
プルルンと心地良い弾力です。


*あじ なめろう
b0118001_12232966.jpg
ネギ、生姜ほか薬味がいい感じに利いてます。


*穴子
b0118001_12234141.jpg
海苔が巻かれた穴子。海苔の香りがふうわり漂い、
口中でスッととろけます。


*炙りとろ
b0118001_1223539.jpg
こちらも、瞬時に口のなかで溶けた。
シャリコマ、かつ創意工夫に富んだ一貫一貫ゆえ、
いくらでも食べられそうな勢いだ。並行して美酒、進みます。


b0118001_12281575.jpg
メンバーをパチリ☆


*富久紗
b0118001_12241986.jpg
具入り出汁巻きといったところか。シャリとのバランスもよく、
摺り胡麻の仄かな香ばしさがいいアクセント。


*煮あさり
b0118001_12243250.jpg
さっと煮。だから、あさり本来の香りも際立ってました。


*とろ沢庵巻
b0118001_12244323.jpg
気品のあるトロと、質朴な甘みの沢庵。
キャラが全く違うふたりだからこそ、味わい深さが生まれる。


ご主人が織りなす、美味なる創意工夫。
それは江戸前とか関西風という言葉ではくくり切れない
ご主人独自のスタイル、といっても過言ではない。
しかも、目にも舌にも麗しく楽しいんだ。
この日のメンバーの数人は、「まさる」の常連さん?(笑)
この街で長年愛され続けている、素敵なお寿司屋さんでした。
ありがとうございました!その後は、北新地の夜へと・・・。
そして「まさるの会」改め「まさかのTP会」。
vol.2が楽しみです☆



「すし処 まさる」
大阪市浪速区下寺2-3-10 梅吉マンション1F
☎06-6649-7227
open : 17:00〜23:00入店(日曜、祝日〜22:00)
close: 水曜


Jefferson Airplane - Somebody To Love

by writer-kaorin | 2013-03-05 08:43 | まさる | Comments(1)