カテゴリ:和幸寿司( 1 )

 

和幸寿司 @ロックナイツ

この日はちょいと遠征。
尼崎にある「和幸寿司」さんへ。
b0118001_2150256.jpg
こちらのお店の常連さんである
KISSなSセンセと、「エスコヤマ」小山シェフたちとのロックな定例会(笑)


おふたり曰く、
「とにかく凄い大将やねん!」
「今でこそよくある創作寿司を、20数年前からやってて!」
という、
“やっと時代がオレに追いついてきた”的(って、大将は言わないが)
創意工夫、遊び心に富んだ、大将のお寿司を楽しませて頂くことに。


じつに気楽な雰囲気の店内、
カウンター後ろにある壁には、
著名人やスポーツ選手たちのサインがビッシリ!(笑)


単品の注文が主ですが、この日はおまかせにて。


*ズワイガニ
b0118001_21525283.jpg
ズワイガニの濃い旨み、ミソのコク、凝縮。


*甘エビ トマトソース
b0118001_2153562.jpg
トマトの爽やかな風味、心地良い酸味が、
ねっとり、甘みを帯びた甘エビに絡む。


つまみは以上。
即、握りへ。


*おはぎ
b0118001_2153199.jpg
「はいっ、おはぎね」と供されたそれは、
叩いた中トロのなかに、細かく刻まれたタクアンを忍ばせていた。
トロの脂感に、タクアンの何ともいえぬ甘み。そこに山葵とゴマが薫る。
「こらな、上質なタクアンやないとアカン」と大将。


*アワビ 肝のピュレ
b0118001_21533366.jpg
鮑は歯ですっと解ける。
肝は、どことなくバターのコク。それもふうわり、柔らかく。


*タコ
b0118001_21534575.jpg
上にのっかったブツは・・・
リンゴ&酢味噌!
煮ダコ、こちらもすこぶる柔らかで、塩梅もよい。
そこに、酢味噌のまぁるい甘みと酸味に包まれた、
細切りリンゴがシャキシャキッと爽やかに主張するのだ。
これは新味。妙に、旨い(笑)


*ウニ
b0118001_2154530.jpg
アンデスとモンゴルのブレンド塩が振られている。
「大将、なんでアンデスとモンゴルなん?」とツッコミが入る。
一方はシャープな塩気で、もひとつは甘みがある、らしい。


*天然ヒラメ 昆布〆
b0118001_21541635.jpg
昆布の旨みが、ヒラメにねっとりと纏わりついている。


*キンキ 炙り
b0118001_2154297.jpg
「この魚、東京でもキンキ(近畿)なんですわ」と大将、一発(笑)
炙りの程よい香ばしさ、心地良く、深い脂のノリに驚く。


*ナガスクジラ
b0118001_21543981.jpg
鯨肉の中でも味は随一、と称されるクジラ。
脂と赤身のバランスよく、じつにキレイな風味。



b0118001_21545827.jpg
大将をコソ撮り☆


b0118001_2155362.jpg
Yちゃん、Sさん、大将に首ったけ(笑)


*鉄火巻
b0118001_21555449.jpg
なんだか凄い、鉄火巻なんです。。。



*炙りイカ
b0118001_2156827.jpg
なんと!金粉のせ!(笑)
シャリ、アサツキ、炙りイカはまったりと甘く、
イカと金粉の間には、なんとキャビアが。
「撮影用に、いつもより金粉、多め」とおちゃめな大将(笑)
豪華素材をのせただけ、ではない
味わいの膨らみ、これにも驚いた。


*フカヒレ
b0118001_21562433.jpg
煮込んだフカヒレの表面をさっと炙り、握りに。
この煮込み具合からタレに至るまで
一年以上、試行錯誤をされたらしい。

ここまでの素材がシャリにのっかると、
何というか、祇園・建仁寺の某カウンター割烹が脳裏によぎる(笑)
じつは大将、そのお店の常連さんでもある。


*究極のサケ
b0118001_21563879.jpg
口の中で消えた・・・!


*マグロ
b0118001_2156504.jpg
脂と香りのバランス、いいわ。


ここで、的矢かきの唐揚げ、登場。
b0118001_2157358.jpg
「天ぷらよりも何よりも、牡蠣は唐揚げがめちゃ旨いねん」
これが大将の持論。
うん、驚くほど軽やかで、カリリと小気味い食感、クセになるわ。



*穴子
b0118001_2157165.jpg
伝助穴子?と思ってしまうほどのサイズ。
満腹!


*茶碗蒸し
b0118001_21572654.jpg
with イクラ&ウニ!


ここで、「こんなに旨い、たまごがけごはんは食べたことがない」と
某氏が仰る、その裏メニューを。。。


b0118001_21573960.jpg
この日は直々に炊いたご飯とともに。昔ながらの濃さがある卵を、
大将自らが調味。とあるタレを混ぜ合わせ、ハイッと手渡される。
某氏の発言、納得・・・。
これはぜひ食べてみて、と言いたいところですが、
某氏専用メニューゆえ、あしからず。

この後、食す順がきっちり決まっている
苺、梨、リンゴ(これが上等な味わいなのです)を頂いたのでした。


いやぁ〜。大将の好奇心と創造意欲には脱帽、でした。
60ウン歳とは全く思えぬ、
常にオモロい旨い味を求め続けるその精神。
めちゃくちゃ勉強になりました。ご馳走様です。ありがとうございました!

この日はロックで大盛り上がり、というよりも
全員が食い気に走った夜(笑)。
次回は、京都・下鴨。楽しみだ。


「和幸寿司」
尼崎市西難波町2-18-8
☎06-6418-7093
open : 17:00〜翌2:00
close: 水曜


遂に! 11(月)大阪公演ですね〜 私も参戦☆大阪城ホール♬
Black Magic Woman by Santana

by writer-kaorin | 2013-03-09 22:01 | 和幸寿司 | Comments(1)