カテゴリ:ラ ピニャータ( 5 )

 

ラ ピニャータ

大阪・本町のプーリア
「ラ ピニャータ」でのおいしい夜。


お料理は、溝口シェフに全任せ。さらに。ワインは、この店の名サービス女子、
ピカちゃんことHikariちゃんが、プーリアのマニアックなワインをチョイス。
この黄金コンビのおかげで、心置きなく、お料理や会話を楽しむことができた。


*プーリア州郷土の味、前菜盛り合わせ
b0118001_23115857.jpg
パプリカの詰め物。中にはツナ、アンチョビ、卵黄からなるペースト。
海峡サーモンのマリネは、サーモン意外に筋肉質で、咀嚼しての旨さを感じる。
ウサギのテリーヌは、クリアな風味を放ち、
稚鮎のスカペーチェ(酢漬け)は、夏らしい爽快感。
パン粉と卵でミートボールに見立てた「ポルペッティ フリット」、
さらには、ジャガイモをピッツァに見立てた「ピッツァ ディ パターテ」
カリフラワーを練り込んだピットレは、生地のふわもち感たまんし、
揚げオリーブやタラッリ、懐かしい南イタリアの味。



*プーリア産 生クリームを包んだ
 モッツァレラチーズ “ブッラータ”と生ハム
b0118001_2313828.jpg
週に1度しかイタリアから入荷しないという超レア・ブッラータ。まずはそのままで。
クリーミー感この上なく、乳の濃厚かつ澄んだ味わいが押し寄せるのだ。
生ハムやルーコラとともに味わえば、、味わいの広がりがあって楽しい。
泡の後にプーリア州のロゼを。品種はネグロ・アマーロ。コクありほのかな渋みもいい。




*タコとジャガイモのピニャータ煮込み
b0118001_23132637.jpg
店名にもなっている、プーリア料理で使う鍋「ピニャータ」で赤ワイン煮込に。
タコはホロリとやわらかく、ジャガイモやトマトの旨み凝縮。
ワインを入れる量の見極めが難しいらしい。スープまで飲み干した。



*カッペリーニ 北海道の生ウニとイタリア産ボッタルガ
b0118001_23141613.jpg
禁断の味わい!
カッペリーニは極細のなかにしっかりとコシあり
咀嚼すればウニの旨み、たっぷりのったボッタルガのコクが押し寄せる。
皆、ズワイガニを食らうがごとく、無言で味わう。それくらいに印象的な味。
プーリアのソーヴィニヨン・ブラン、ぴたり。



*フェットゥチーネ ンドゥイヤと豚足ラグー カルドンチェッリ
b0118001_23144283.jpg
こちらは北プーリアのプリミティーヴォとともに。
カラブリアのンドゥイヤのぴりりとした辛味とラグーの深みと
ブロンズタイプのフェットゥチーネ、相性抜群でした。
ワインが進む。



*イタリア産 馬肉 肩ロースの炭火焼
b0118001_23151326.jpg
馬肉の火入れ、素晴らしい!


b0118001_23145838.jpg
歯ごたえあるのかと思いきや、やわらかでしっとりとした赤身。
香りも旨みもしっかりあるある。
まずはそのまま、馬肉の旨みを堪能し、
お次はタスマニア産マスタードの香りとともに、
さらには、モスタルダをちょんっと付けて、味わいの起伏を楽しんだ。


この日はイタリア談義で盛り上がり、
「ピニャータ」のプーリアな料理とワインに酔いしで、すっかり気分はイタリア!
そろそろ行かねば(笑)
溝口シェフ、ピカちゃん、ご一緒させていただいた皆さま感謝申し上げます!



「ラ ピニャータ」
大阪市中央区南久宝寺2-5-3 ときわビル1F
☎06-6226-8570
open : 11:30〜14:00LO、18:00〜22:00LO
close: 日曜
http://la-pignata.net/#id22


Sarah McLachlan - Blackbird

by writer-kaorin | 2016-07-11 23:16 | ラ ピニャータ | Comments(0)  

ラ ピニャータ @Rough Roadiesの集い。

大阪・本町のプーリア、「ラ ピニャータ」さんへ。
ロードバイク乗りによるチーム「Rough Roadies」の忘年会でした。
会長の川添さん(北新地 川添)を筆頭に、
集まったメンバーは20名越え。
私は「ワインショップフジマル」の福井さんに紹介され、
数ヶ月前に入部した、新人です(笑)

「ラ ピニャータ」さんの2Fを貸し切り、宴はスタート。


*前菜盛り合せ
b0118001_12271817.jpg
カリフラワーを練り込んだプーリア州の揚げパン「ピットレ」や、
プーリア版 ミートボールのフライ「ポルペッティ フリット」、
赤・黄ピーマンとタマネギの甘みが生きた「ペペロナータ」や、
福岡・シルヴィオさんの「フィアリエッリ」のストゥファート(蒸し煮)などなど。
プーリアの素朴なおいしさのおかげで、早速、泡飲むピッチが早くなる。



*洋梨と生ハム
b0118001_12273395.jpg
トロリなめらかで深い甘みの洋梨に、生ハムの塩気。テッパン。



*ウサギ肉のテリーヌ
b0118001_12274676.jpg
ウサギ肉とは思えない、澄んだ風味。噛みしめるほど深い旨みが広がる。
赤タマネギのアグロドルチェの甘酸っぱさが、いいアクセント。



*サバのマリネ バーニャフレッダ
b0118001_12275553.jpg
軽く皮目を炙ったサバは、えぇ感じに脂がのっている。
モリモリの野菜とサバの上には、バーニャフレッダが。
このバーニャフレッダは、バーニャカウダの冷たい版。
サバと組合せれば、どんだけ飲ませるんですか!な相性。



*ムール貝の蒸し煮 “ペパータ エ コッツェ”黒コショウ風味
b0118001_12274250.jpg
特大ムール貝!写真ではそれが分からないんだが
とにかくサイズが大きく、分厚い。
貝でスープをすくい、レモンをギュッと絞り、ムール貝とともに口に入れれば、
プーリアの海原が脳裏をよぎる。って、行ったことないけど(笑)。
お皿もムール貝の形をしていて、かわいかった。



*ブカティーニ トマトソース
b0118001_1227547.jpg
じっくり煮込まれたトマトソースは、えもいわれぬ深い旨み。
穴の開いた太麺、ブカティーニにその旨みが絡む絡む。



*焦がし小麦を練り込んだオレキエッテ
 坂越(さごし)の牡蠣とブロッコリーのソース
b0118001_12283640.jpg
牡蠣は小粒で味濃い。塩漬け発酵させたリコッタフォルテの風味も重なり、
それらの旨みが滲み出たソース、ワイン泥棒ー!(笑)



そしてインパクト大のメイン料理が登場。


*宮崎産おいも豚のローストポークのポルケッタ
b0118001_12282391.jpg
サツマイモを食べて育った豚に、
パン粉やニンニク、パセリを詰め、グルグル巻いてローストに。
脂がなんて甘いの!赤身もしっかり味があるのだ。
詰め物の何ともそそられる風味が名脇役となり、
ひつこさ皆無、いくらでも食べたくなるおいしさ。



*骨付き仔羊キャレ肉"スティンコ"のロースト
b0118001_12285048.jpg
仔羊肉はホロリ骨離れいい。
特有のクセをあまり感じない、でも味わい深い肉だから、思わず食べ進む。
みんな、ギャートルズの真似してたし!(笑)



プーリア土着の味から、肉・肉・肉!のメイン料理まで
「ラ ピニャータ」溝口シェフが織り成すお料理の数々を
ガッツリ、堪能させて頂きました。
この店の、名スタッフ・Hikariちゃん、
大所帯のなか、スムーズで楽しいサービスをありがとう!



さて、「Rough Roadies」
2014の栄光のMVPに輝いたメンバーは!
b0118001_1229761.jpg
ワインストア「ワッシーズ」の、ワッシーこと鷲谷さん!
おめでとうございます〜!
プレゼンターである会長・川添さんのほうが嬉しそう(爆)


この日のメンバー☆
b0118001_12291319.jpg
皆さん、ありがとうございました♪
来年はガッツリ、ご一緒させて頂けることを楽しみしてます!


「ラ ピニャータ」
大阪市中央区南久宝寺町2-5-3 ときわビル1F
☎06-6226-8570
open : 11:30〜14:00LO、18:00〜23:00
close: 月曜
http://la-pignata.net/#id22


The Things We Do For Love / 10cc - Live

by writer-kaorin | 2014-12-21 08:27 | ラ ピニャータ | Comments(0)  

ラ ピニャータ @婦人会

この日の婦人会は、堺筋本町のプーリア
「ラ ピニャータ」さん。
女子会ってのもビミョーだし、オッサン会もちゃうし、
じゃぁ「婦人会」てことで今回、第三回目の集い。


*プーリア州郷土の味、前菜盛り合わせ
b0118001_9493657.jpg
右からいきます。
「ピッツァ ディ パターテ」は、ジャガイモをピッツァに見立て、
トマトソース、モルタデッラ、オリーブ、ケイパーを挟んだ一品。
その昔、貴重な小麦粉の入手が難しく、ジャガイモを代用したとか。
うん、味わいはピッツァ。ジャガイモの滑らかな質感が印象的。

お隣は、フリセッレというカンパンのようなパンの上に、
リコッタチーズでマリネした、フルーツトマト、甘エビとその卵が。
甘エビのまったりとした甘み、トマトの酸味とピュアな甘みがいいわ。

「プーリア産 生クリームを包んだモッツァレラチーズ “ブッラータ”と生ハム」
モッツァレラは、滑らかでクリーミー & プルンとした食感、
この2層のバランス、クセになる。

さらには、「カリフラワーを練り込んだピットレ」。
生地のふわモチッとした食感、こらなんぼでもいけそ(笑)


b0118001_9501370.jpg
1〜2杯目は、ヴェネト州の泡
「LESSINI DURELLO 36 MESI」
酸も泡立ちもしっかり。



冷製の前菜は
*鳥取産 水ダコ サラダ仕立て
b0118001_9512766.jpg
水ダコは、炙り焼きで中はレア。
水ナスほか初夏のお野菜、イキイキ。
オレンジやトマトの酸味が、お次の白とピタリと合うた。


b0118001_9511881.jpg
「TORMARESCA CHARDONNAY 2012」
フィレンツェの名ドメーヌによる、プーリア産の白。
グレープフルーツ系、柑橘香が広がる。



*富山 ホタルイカ、そら豆、ラルド、アスパラソバージュ
b0118001_9521537.jpg
牡蠣とラルドは定番。それを、溝口シェフは自身の料理へと昇華させる。
ラルドの塩気とホタルイカのみその旨みが重なり合う。
ポレンタが敷かれてる??と思いきや、


b0118001_9524928.jpg
この店の名サービス女子・Hikariちゃんが右手に持ってる
土鍋「ピニャータ」で、乾燥そら豆を煮込んだものだそう。
そら豆の初々しい香りが、ラルドの塩気やホタルイカのみその旨みと共鳴し合う。



この日はお料理1品に、ワイン1杯+α換算。
b0118001_106303.jpg
「Luna Conti Zecca 2012」
こちらはプーリア。
ボリューム感あり、ミネラル感しっかり。
柑橘系の酸味がじわっと広がる。



*手打ち 焦がし小麦を練り込んだオレキエッテ
ホタテ貝柱、ブロッコリーのスキャッチャート
b0118001_107857.jpg
プルッモチッとしたオレキエッテには焦がし小麦の香ばしさが。
潰したブロッコリー、そして貝柱の旨み、パン粉の食感が渾然一体に。



*ブカティーニ トマトソースとリコッタフォルテ
b0118001_1081475.jpg
2時間煮込んだというトマトソースの深い旨みが
穴の開いた太麺、ブカティーニに絡む絡む。
塩漬け発酵させたリコッタフォルテの風味、クセになりそ。


b0118001_108426.jpg


b0118001_109241.jpg
Hikariちゃんの手には、メイン料理!



*信州産黒豚骨付きロース肉の炭火焼
b0118001_109881.jpg
ピンク色した身は、脂が甘い。
肉のジュを纏ったジャガイモが、これまた名脇役なのです。



ドルチェは、ジャンドゥイヤ
b0118001_1094814.jpg
ヘーゼルナッツは香ばしく、チョコはガツンと濃厚。
ミルクのアイスと苺のさっぱりとした酸味。そのコントラストがいい。


b0118001_10103530.jpg
6人で飲んだワインたち。(グラッパ含む)


プーリア偏愛、溝口シェフ節、炸裂!
いつおじゃましても聞き慣れない食材名が出てきたり
新しい味に出会えたり。勉強になります。
婦人会のメンバーは、よく喋りよく食べよく飲む!(笑)
次回も楽しみでーす☆皆さんお疲れさんでした。
ご馳走様でした!



「ラ ピニャータ」
大阪市中央区南久宝寺町2-5-3 ときわビル1F
☎06-6226-8570
open : 11:30〜14:00LO、18:00〜23:00
close: 不定休


Johnny Depp cameo in Happily Ever After (Creep)

by writer-kaorin | 2014-05-22 10:11 | ラ ピニャータ | Comments(0)  

ラ・ピニャータ

ご近所「ラ・ピニャータ」さんでのおいしい夜。

*プーリアの前菜盛り合せ
b0118001_833665.jpg
左から、ポルペッティ フリット(ミートボールのフライ)。
ピットレ(プーリアの揚げパン)、
赤パプリカのリピエーノ(ツナとリコッタチーズの詰め物)とマスの卵、
フルーツトマトとスモークチーズ、
ピッツァ ディ パターテ(ジャガイモのタルト)。
ピットレなど、プーリアならではのテイストがありつつ、洗練された品もあり
そのバランス感覚、素晴らし!



*プーリア産 生クリームを包んだ
 モッツァレラチーズ “ブッラータ”と生ハム
b0118001_835046.jpg
中は驚くほどクリーミーでとろ〜り濃厚。外は、モッツァレラのミルキー感。
そのコントラストが堪らん。


b0118001_84538.jpg
こちらは素朴な風味で、いい香り。
先の料理とともに、パクパク。。。


お次はユニークな手打ちパスタを。

*トゥリエ サルシッチャと豚足、ひよこ豆の煮込み 揚げパスタ
b0118001_841816.jpg
揚げたトゥリエ、茹でてもっちりさせたトゥリエが、
くたくたに煮込まれたソースのなかに!
その食感の差異が面白く、サルシッチャやひよこ豆の旨みが、じわりと響く。
じつに滋味豊か。


ビールに続き、ワインはファランギーナを。
(お隣のお客様、ありがとうございました♬)


イタリア郷土の味は、本当に奥が深くって面白いし、もっと勉強したいな。
プーリアにも、まだまだ未知の食体験が多く存在するんだろうなぁ。
溝口シェフ、Hikariちゃん☆ありがとうございました!


「ラ ピニャータ」
大阪市中央区南久宝寺2-5-3 ときわビル1F
☎06-6226-8570
open : 11:30〜14:00LO、18:00〜22:00LO
(日曜、祝日は12:00〜14:00LO、17:00〜21:00LO)
close: 月曜


Old Fashioned Love Song - Three Dog Night

by writer-kaorin | 2014-03-24 08:04 | ラ ピニャータ | Comments(0)  

ラ ピニャータ @南伊、土着の味

2013年4月1日open☆
「ラ ピニャータ」さんへ。
b0118001_10141383.jpg
オーナーシェフの溝口淑之さんは、
言うまでもないですが、「サグラ・マーブルトレ」でシェフをつとめたお方。
甲陽園のリストランテを経て、自店をオープンされました。
メニューは、プーリア州の郷土料理をはじめ、
南イタリア、土着の味がわんさか。


ご近所ながらやっとこさ、おじゃまです。
b0118001_10142727.jpg
ロゼ泡にて喉を潤す。



*アーティチョークのオイル漬け
b0118001_10143926.jpg
キレのある酸の利かせかたがいいです☆
ロゼ泡、2杯目。


*ピットレ
b0118001_10145466.jpg
「ピットレ」とは、プーリア州の揚げパン。
ピザ生地を揚げているそうで、
外はカリカリッと小気味よい食感、
中はモッチリ、生地に混ぜ込んだ海苔の磯香、フワリと。



*讃岐産 真ダコとじゃがいもの温かいマリネ レモン風味
b0118001_1015588.jpg
ねっとり、ぷっくり、そして味は濃く、
真ダコの熱の入れ具合、秀逸です。
ビネガーの酸味、やわらかで
そこに、じゃがいものの甘みと、トマトの酸味が重なり合う。


b0118001_10161063.jpg
3杯目。バジリカータ州の土着品種。フィアーノだったか。



*熊本産 馬肉とパプリカのタリアリーナ ビンコットのソース
b0118001_10162488.jpg


b0118001_10163313.jpg
馬肉は、どこまでもしっとり。旨みがじわりと。
そこにパプリカとタマネギの甘みが寄り添う。
ビンコットのソースは、バルサミコから酸味を取ったような深いコク。
濃縮したブドウ的、ニュアンス。



*スパゲッティ 北海道産 生ウニとプチトマト
b0118001_1016471.jpg
ウニが香り、トマトのまろやかな酸味が主張する。
ソースの絡み具合、素晴らしいです。



*手打ちラグーネ ピニャータで煮込んだ仔羊、野菜のラグー
b0118001_10175289.jpg
ラグーネとは、ラザーニャの原型とも言われているそうで。


店名にもなっている「ピニャータ」とは
b0118001_10172239.jpg
プーリア州あたりで使われている。深い土鍋のこと。
この鍋で煮込んだ仔羊は、肉の質感残しつつもトロリ蕩ける舌触りで、
野菜の甘みとともに、ラグーネに絡み合う。

この他、パスタには、サーニャやオレキエッテなど手打ちのほか、
タコツェッティとか、メッツォパッケリ(パッケリの半分サイズ)などもあり、
どれにしようか悩むラインナップです。


まだまだ知らない、南イタリア土着の味。
これからもいろいろ、教えて頂きたいです。
溝口シェフ、ありがとうございました☆


「ラ ピニャータ」
大阪市中央区南久宝寺町2-5-3 ときわビル1F
☎06-6226-8570
open : 11:30〜14:00LO、18:00〜23:00
close: 不定休


Boston - More Than A Feeling

by writer-kaorin | 2013-05-05 07:45 | ラ ピニャータ | Comments(0)