カテゴリ:老松 喜多川( 2 )

 

老松 喜多川

この日はロックナイツ定例会。
いつもの、KISSなSセンセと、
「パティシエ エス コヤマ」小山シェフ、
浪速のミックジャガーらが、
「喜多川」さんに集合。


*毛蟹 ウニ 新玉ネギ
b0118001_83465.jpg
毛蟹はフロム北海道。ウニは淡路・由良産。
ありそでない、今ならではの組合せ。
新玉ネギの綺麗な甘みも印象的だった。


椀物は
*アコウ 新蓮根の蓮根餅
b0118001_84841.jpg
澄みきった、まろやか、かつ深い味わいの吸い地。
蓮根餅は、ふわっシャクッと新食感。
アコウの脂がじわじわと広がり、深みを帯びる。


*モチガツオの藁焼き、水茄子
b0118001_84572.jpg
千葉産のモチガツオ。藁のスモーキーさがたまりません。
水茄子は、太白と塩の加減が素晴らしかった。


*金目鯛 握り
b0118001_85117.jpg
4日寝かしたという千葉産 金目鯛。
脂はサラリとしつつ、深い旨みがじわじわ押し寄せる。


*鮑とその肝ソース、芋茎
b0118001_852416.jpg
徳島の鮑は、すっとちぎれる柔らかさ。
ねっとりと絡む肝のコク、たいして芋茎はシャキッと元気。
そんなコントラストが面白かった。


b0118001_85393.jpg



*琵琶湖 天然鰻、賀茂茄子のあんかけ
b0118001_855354.jpg
肉厚な鰻!脂のノリ凄く、焼きの香ばしさもいい。
あんを介し、賀茂茄子のジューシーさと呼応する。


*鳥取 岩牡蠣、スダチのジュレ
b0118001_86870.jpg
ピュアでミルキーな岩牡蠣に、
スダチの爽やかさ。夏です。


*島根 高津川の鮎、トウモロコシ
b0118001_86222.jpg
日本一の清流とも呼ばれる、高津川より。
ほろりと苦みやさしく、咀嚼するほどに甘く、夏の香りも鮮烈。


*鱧 にゅうめん
b0118001_863640.jpg
アツッ、アツッと言いながらハフハフ頬張る。
鱧ふわっふわ、脂のノリすこぶる良く、
上品なおだしが絡む、にゅうめんもハフハフ、ツルリと。


*桜海老と三つ葉のご飯
b0118001_862760.jpg


b0118001_863764.jpg
桜海老は香ばしく、その薫り、清々しい。
おかわり、にたどり着かず、おにぎりお持ち帰り。翌朝のそれも美味でした。


*抹茶アイス、白桃、葡萄
b0118001_873361.jpg
これにて〆となりました。


創意工夫がなされた夏の美味、堪能。
いつも楽しいカウンターでは、
ご主人とのやりとりはもちろん、
ロックな話題で盛り上がる盛り上がる(笑)
皆さんありがとうございました!



「老松 喜多川」
大阪市北区西天満4-1-11
☎06-6361-6411
open : 12:00〜13:30入店、18::00〜21:00入店
close: 不定休


Tom Petty - Room At The Top (Video)

by writer-kaorin | 2013-07-05 08:07 | 老松 喜多川 | Comments(0)  

老松 喜多川

GWの中日、「老松 喜多川」さんへおじゃましました。
じつは初訪問!念願でした☆
b0118001_18524498.jpg




5月のおまかせ。

先付は
*宮城 閖上産の赤貝 うるい 山芋 黄身酢
b0118001_18524097.jpg
見事な赤貝だこと。肉厚で芳しい磯香。
まったりとコク深く、軽やかな酸の黄身酢が絡む。


b0118001_1852528.jpg
ビールを即、切り上げて船中八策を。


椀物
*胡麻豆腐 淡路島産 アブラメ
b0118001_1853737.jpg
脂がしっかりとのったアブラメゆえ、
澄んだおだしの味わいが徐々に変化していく。



*千葉産 モチガツオの藁炙り 石川 七尾産の活トリ貝
b0118001_18532012.jpg
トリ貝は、塩&山葵で。噛みしめるほどに甘みが口中に充満する。
モチガツオって、懐かしい。昔よく、産地取材したなぁ。
名前の通り、驚くほどもっちり、脂がのっていて
藁焼きの香り、鼻腔をくすぐる。
そしてポン酢のジュレがいい仕事してます。
気鋭の陶芸家・内田さんの器も、印象的でした。



*新玉ネギの茶碗蒸し うすいえんどう豆のすり流し
 剣イカ 大間のムラサキウニ
b0118001_18533361.jpg
新玉の澄んだな甘み、うすいえんどうのピュアな甘み
そこに濃厚なウニが絡み合い、剣イカのシャクッとした食感。
バランス、素晴らしいです。


b0118001_18534525.jpg



*鯛白子と穴子の握り 実山椒のソース 白髪ネギ
b0118001_18535984.jpg
これにも、ヤラれました!なんて罪なんだ(笑)
白子と脂ノリよい穴子という、濃厚な組み合せ。そこに、
実山椒のソースやネギが、軽やかさというアクセントを付ける。
器にも見とれてしまいます・・・。



*ホタルイカのビーフン 空豆 菜の花
b0118001_18542293.jpg
これも秀逸すぎる・・・。
ホタルイカのほろ苦さが、ビーフン1本1本に絡み、なんと芳しいこと。
空豆や菜の花の香りが重なり合う。



*木積筍 小柱とアスパラガスのかき揚げ
b0118001_18543534.jpg
木積筍はこの日が今年の最終日。その名残を楽しみました。



*ノドグロ 天然クレソン鍋
b0118001_18552621.jpg
これまた立派です・・。器もノドグロも。


b0118001_1856563.jpg
熱々のクレソン鍋のなかに


b0118001_18562042.jpg
ノドグロをしゃぶしゃぶ…。


b0118001_18563488.jpg
一心不乱。無言で喰らう(笑)。


季節の炊き込みご飯は・・・

*桜海老と三つ葉のご飯
b0118001_18565131.jpg


b0118001_1857619.jpg
珍しい「生」の桜海老を素揚げにし、
天日干し・福井産コシヒカリに混ぜているのだそう。
その芳しさといったら・・・。
私には珍しく、おかわり、となりました。



*パンナコッタ 抹茶アイス あまおう
b0118001_1857262.jpg
最後の最後まで、本当に美味しく頂きました。


主の喜多川 達さんは、「祇園 さヽ木」さんで研鑽を積み、
豊中「一汁二菜 うえの」さんでは料理長もつとめられたお方。
喜多川さんの発想に驚き、発見のある味わいには歓喜の連続。
そして、なんとも居心地のよいカウンターでした。
ご馳走様でした☆


「老松 喜多川」
大阪市北区西天満4-1-11
☎06-6361-6411
open : 12:00〜13:30入店、18::00〜21:00入店
close: 不定休


このライヴ、生で観たかった!夏の北米ライヴ、行けるか!?♬
The Rolling Stones duet w/ Tom Waits "Little Red Rooster"
Live at Oracle Arena Oakland, CA 5-5-2013

by writer-kaorin | 2013-05-08 19:01 | 老松 喜多川 | Comments(0)