カテゴリ:にしぶち飯店( 2 )

 

にしぶち飯店 @祇園の夜。

「にしぶち飯店」貸切りの夜。
小山シェフ、お誘い頂きありがとうございます!

店主・西渕健太郎さんとは、お仕事で毎月のようにお会いしていたのだが、
実際、お店へおじゃまするのは、約2年ぶり。


*茶碗蒸し 雲丹、トマトのジュレ
b0118001_13393922.jpg
中華スープを用いた茶碗蒸しは、やさしい旨み。
雲丹、トマトのジュレ、そしてサクサクとした食感の長芋…と
冷製のなかに、さまざまな味の要素が詰まっていて楽しい。


b0118001_13395278.jpg



スタッフのお兄さんが、北京ダックを手に登場!
b0118001_1345738.jpg

ということでお次の皿は

*北京ダック
b0118001_1340441.jpg
薄餅に、パリパリの皮、揚げネギとキュウリ、
さらにはマンゴー(!)、という組合せ。
香ばしさとマンゴーのトロピカルな甘み
甜麺醤のコクが渾然一体に。


b0118001_13401942.jpg
嗚呼、そそられるビジュアル・・・。


*ワタリガニの紹興酒漬け
b0118001_13403111.jpg
身は甘くミソは濃い。
無言で、、、しゃぶりつく(笑)


*フカヒレ煮込み
b0118001_13404599.jpg
ソテーしたフカヒレの香ばしさと、上湯スープのこっくりとした旨みとが同居。
しみ滋味、こちらもため息が出るくらいに美味。


b0118001_13405731.jpg
肉厚のアワビが目の前にドンッと。
佐々木劇場ならぬ、西渕劇場!
この演出も楽しいんだ。


*アワビとその肝のさっと炒め
b0118001_13411657.jpg
プリンッと心地よい弾力のアワビに、肝の深いコク。
ニラが香り、
火入れドンピシャなホワイト&グリーンアスパラガスの瑞々しい甘みも広がる。


*ゴールドラッシュの冷製スープ
b0118001_13413064.jpg
ゴールドラッシュ(トウモロコシ)のピュアな甘み、凝縮。
中に入った枝豆とともに味わえば、口中には夏の香り。


*青椒肉絲
b0118001_13414710.jpg
別で火入れした近江牛のヒウチは、ロゼ色&潤々とした質感素晴らしく、
青椒肉絲という概念を覆す、新感覚の味わい。
オイスターや醤油のコクを感じながらもすっきりとした味わいで、
香ばしいパン粉のカリサクッとした食感が、見事に合う。
まさにいい意味で我流を貫く「にしぶち流・青椒肉絲」だ。


*ノドグロの酸辣湯(サンラータン)
b0118001_1342130.jpg


b0118001_13421287.jpg
酸辣湯の酸味と香味に、
脂がようのったノドグロ、ベストマッチ。
ほろ苦いクレソンほか、各野菜も個性を主張する。


〆はこちら。

*ごま冷麺
b0118001_13422424.jpg


b0118001_13423637.jpg
ごまの香ばしさとコク、炸裂。
コシのある麺に、濃厚かつ清々しい旨みのスープがよく絡んでる。


「冷たい麺だけやなく、温かい麺でも食べてみたいくらいに旨いスープ!」と一同。
すると西渕さんは、即座に
b0118001_13424955.jpg
湯がきたての替え玉を供してくださった。
冷と温の温度差により、先とは異なる表情をみせる、ごま冷麺となりました。


*杏仁豆腐、アメリカンチェリーのコンポート(白ワイン)
b0118001_1343393.jpg
杏仁の香り、澄んだ甘みに
アメリカンチェリーのキュッと感じる酸味がよう合うてる。


和と中国料理の世界で会得した、技が散りばめられたお料理の数々に、
常に進化し続ける、西渕ワールドを、心ゆくまで愉しませて頂いた。
西渕さん、そしてご一緒させて頂いた皆さま、ありがとうございました☆



「にしぶち飯店」
京都市東山区上弁天町444-2
☎075-561-1650
open : 18:00~21:00(入店)
close: 日曜、祝日


Jeff Beck - Led Boots

by writer-kaorin | 2015-07-04 13:46 | にしぶち飯店 | Comments(0)  

にしぶち飯店 @4/25open

b0118001_1758719.jpg
5月のある週末に、おじゃました「にしぶち飯店」さん。


b0118001_17583242.jpg
場所は東山区上弁天町。
路地裏、路地奥…なんて言葉がピタリとはまりそうな場所に佇む中国料理店。

主の西渕健太郎さんは、
京都ブライトンホテルの中国料理「花閒」さんで6年、
「祇園さヽ木」さんで5年修業を積んだ後、
2013年4月25日に独立されました。
西淵さん、おめでとうございます!

現在は、カウンター全7席。
おまかせコース1万500円のみで展開されています。

看板や暖簾にある店名の文字は、「祇園さヽ木」の大将作。



*朝締めの鶏 無花果 バンバンジー
b0118001_17584995.jpg
なんて味が濃い鶏なんだ!
タレのナッティ感と香ばしさ、
無花果のやさしい甘みが、よう合うてます。


*琵琶湖 稚鮎 塩
b0118001_1758249.jpg
いぃ香り。ナチュラルな甘みと初々しい苦みが広がる。


お次は花山椒を絡めて
b0118001_17592193.jpg
花山椒の香りのみが際立ち、一気に中国料理のニュアンスに。


b0118001_17585639.jpg
古伊万里の器で供されるは


*干貝柱 三河の浅蜊 トマト 蒸しスープ
b0118001_17594666.jpg
3時間煮込んだというスープ。
それぞれの旨味成分が共鳴し合い、
優しさのなかに、じんわりと滋味深さを感じさせる。


b0118001_1804746.jpg
西渕さん。カウンター前で、炙り、切り、盛りつけ…と、
こちらの目が釘付けに。


*山口 イサキの炙り 中華風カルパッチョ
b0118001_180418.jpg
造り醤油とネギ油からなるタレが絡みます。
脂のりのよいイサキの甘み、皮目の香ばしさに続き、
甘酢でマリネした玉ねぎはすこぶる甘い。


ビールのお次にグラスで白→白→赤を。


*新潟 あん肝のソテー 甘唐 中華粥 黒酢のソース
b0118001_181145.jpg
まぁるい酸味の黒酢ソースにより、
あん肝の濃厚さと、粥の透き通った甘みが、キリッと際立つ。


*長崎対馬 甘鯛
b0118001_1811819.jpg
1週間寝かせた甘鯛に、ネギ油をジュワリとかけた一品。
生のようで生やない甘鯛の、しっとりとした身質、素晴らしい。


*九条ネギとヒウチの炒め物
b0118001_1813455.jpg
牛・ヒウチの火入れ、美しく
少しのオイスターと上湯からなるソースは上等な旨み。
九条ネギやナス、本シメジの素材感も力強い。


*フカヒレの姿煮
b0118001_181485.jpg
上湯の味、風味を生かしきった、上品で洗練された品。
フカヒレのぷりっ、プチッ、ツルッとした歯触りと舌触りも醍醐味。


*桜海老とレタスの炒飯
b0118001_182649.jpg
生の桜海老を素揚げにしたものが入っているため、香りがすごい。


b0118001_1824916.jpg
杏仁豆腐 マンゴー キウイで〆となりました。



設えから、上等素材、調理まで、和のいいところと
丁寧にとったスープや蒸しの技など、中国料理の技。
それらが見事に融合したお料理の数々は、
西渕さんならではの京都ヌーベルシノワであり、
じんわりと心に沁み入る優しさも。
b0118001_1822389.jpg


この日、ご一緒させて頂いた皆さま☆いつもありがとうございます☆
西渕さん、ご開店、本当におめでとうございます!


「にしぶち飯店」
京都市東山区上弁天町444-2
☎075-561-1650
open : 18:00〜21:00
close: 不定休



I Don't Like Mondays - Bob Geldof

by writer-kaorin | 2013-06-09 18:05 | にしぶち飯店 | Comments(1)