カテゴリ:アウデ・カース( 1 )

 

アウデ・カース @オランダ、家庭の味

西天満、堂島川沿いにあるオランダ家庭料理の店
「アウデ・カース」さんへ。
b0118001_925868.jpg



オランダ料理専門店って、すごく珍しい。
2000年9月に、京都・西院から大阪へ移転され、13年目を迎えるこちら。
オランダに13年半、住んでいたオーナーシェフによる、
お料理の数々を楽しませて頂くことに。


b0118001_93661.jpg
可愛い子ぶって、フルーツビールなんぞ頼んでみた。
やや甘め、ピーチの香り、心地よい。
でも2杯目は、オランダの生ビール。うん、やっぱ落ち着く(笑)


b0118001_932230.jpg
この日のメンバーのひとり、連シェフも、
フルーツビール@バナナ系を。
そしてやっぱり、2杯目はシブ系ビールとなる(笑)


*オランダコロッケ
b0118001_942284.jpg


b0118001_935158.jpg
ポテトとベシャメルと牛ひき肉&パセリ。
クリームコロッケともまた違う、ふわっふわ、とろけゆく食感に、皆驚く。


*オランダの激辛ミニ春巻き
b0118001_941914.jpg
中は、豆板醤系、アジアな辛味。
辛いだけでなく味わい深い。ビールがーーーーー。


*チーズオムレツ
b0118001_943797.jpg
中には、トロリとゴーダチーズ。もちろん上にもどっさり。
カロリーなんて気にしない。このとろける食感がたまんない。


*フライドポテト・スペシャルソース
b0118001_952769.jpg
オランダらしい〜!
カリリ、程よい塩気のポテトに、
マヨと、甘めのソース、新玉ネギの甘み&シャキシャキ感が絡む絡む。


*サバの蒸し煮 マスタードソース
b0118001_95964.jpg
サバはふっくら、程よく脂もあり、
マスタードの風味と、パプリカやセロリ、タマネギなど野菜の甘みとが融合。


*パンネンクーヘン(ベーコン+熟成ゴーダチーズ)
b0118001_951093.jpg
オランダ版、食事系パンケーキといったところか?
生地はクレープよりも若干厚め。そして、ゆうに直径30cmはあっただろうか。
ほの甘い生地に、熟成ゴーダの深いコクや塩気がピタリと合ってました。
ついつい、もうひと口・・・とクセになるおいしさ。

「アウデ・カース」さんには、トッピング違いで、
食事系からスイーツ系まで、何十種類ものパンネンクーヘンがあり。



*牛肉とパプリカの煮込み
b0118001_953990.jpg
牛肉は、赤身の旨みを感じさせつつ、程よく柔らかい。
パプリカ、タマネギ、いろんな料理に活躍してました。


b0118001_955050.jpg
オランダコロッケ、おかわり!
メンバー皆がハマりました、このコロッケの食感と味わいに。


*オランダ風 インドネシア焼き飯春巻き
b0118001_962348.jpg
オランダ?インドネシア? どっちやねん!と、
突っ込みたくなる(笑)焼き飯入り春巻き。
オランダによる植民地化の時代を経た、インドネシア。
その昔、両地域の交流による食文化の発展が、このような料理を生み出すのでしょう。
実際、オランダへ行くと、インドネシア系の料理が多いし。


b0118001_964172.jpg
焼き飯の味わいや、米を纏う油分と、カラリ揚げられた春巻き。
それらはじつに新しい出合いでした。


b0118001_97467.jpg
どこまでも現地流。
窓の外には、悠々と流れる堂島川と、中之島公会堂のライトアップ。



どのお料理も素朴で、何というか飽きのこない、また食べたくなる味。
オランダの家庭料理は、日本人の舌にすごく合うんだなぁ。
そんなことを実感した夜でした☆



「アウデ・カース」
大阪市北区西天満2-5-6 2F
☎06-6361-3292
open : 11:30~14:00(13:45LO)、17:30~22:00(21:30LO)
    土曜は夜のみ営業
close: 第3土曜、日曜、祝日
http://www.restaurant.gr.jp/oudekaas/


今から、公園1時間ジョギングってことで♬
chicago - saturday in the park LIVE

by writer-kaorin | 2013-06-29 09:08 | アウデ・カース | Comments(2)