カテゴリ:Bottega DAI( 1 )

 

Bottega DAI 〜ボッテガ ダイ〜 @イタリアンの新星!

2014年1月20日オープン☆
阪急・川西能勢口駅からすぐのロケーションにある
イタリアン「Bottega DAI」さんへ。
b0118001_7365413.jpg
白壁に映える、店名ロゴと間接照明によるコントラストがかっこいい。


b0118001_7365510.jpg
魅力は、駅チカだけでなく、
Luxeな空気感にも表れていて、ステキだ♡


オーナーシェフの藤井大輔さん。
b0118001_7371068.jpg
北新地のBシャンパーニュをはじめ、大阪市内のレストランで研鑽を積み、
本国・ボローニャのレストランでも修業をなさった方だ。


この日は、毎度な方々と一緒に、
エミリア=ロマーニャ州の味ほか、シェフおすすめの料理の数々と
センスが窺えるワインたちを頂くことに。


Franciacortaにて乾杯☆
b0118001_7372513.jpg



*自家製 干鱈ペースト
b0118001_737405.jpg
干鱈は臭みがなく、キレイな風味が鼻孔をくすぐる。
しかも深いうま味。泡が止まらない〜♡



*パルミジャーノのラビオリのイン ブロード
b0118001_7375684.jpg
丁寧な手仕事が窺えるブロード。じんわりと奥行きのあるうま味が広がる。
噛めばパルミジャーノの香りがふんわり。
18ヶ月熟成だそうで、香りもコクもインパクトあるわっ。


b0118001_738739.jpg
この後のワインは、エミリア=ロマーニャ州ものを中心に♬
小規模生産者のレアなワインが多いこと!


*魚介のマリネ パンツァネッラと共に
b0118001_7383511.jpg
足赤海老、ホタテ炙りにはエシャロットソースを、
そして水ダコ湯引きに、シードルビネガーでマリネしたヒラメ。
その下に、ビネガーや酢漬けケイパー、アンチョビで調味したパンツァネッラが。
海老やホタテのナチュラルな甘味に、
ぐっとシャープな酸味のパンツァネッラ、そのバランスがいい。


b0118001_7385643.jpg
自家製パン。カウンター前のスチコンで焼き上げてる。


*タリアテッレ パルミジャーノレッジャーノと黒コショウ
b0118001_7391088.jpg
噛むほどに、生地の甘味や粉の香りを感じ、
黒コショウの香りとパルミジャーノのコクがクロスする。



*カヴァテッリ ンドゥイヤと西洋わさびとペコリーノフレスコ
b0118001_7392298.jpg
ンドゥイヤとは、豚ひき肉に唐辛子やパプリカを混ぜ、熟成させた辛いサラミ。
カヴァテッリのプルンッとした食感楽しく、
西洋ワサビの香りがいぃアクセントとなってる。



*丹波篠山産 イノシシ肩ロースのロースト
b0118001_7395070.jpg
艶やかなイノシシ肉は、臭みが全くなく、噛むほどに旨味がじんわり広がる。
肉の下に敷いた、ゴボウ&丹波 原木椎茸のピューレと共に味わえば
イノシシが棲む丹波篠山の山のなかが脳裏によぎる。蕪も甘っ。



*イチゴのスープ バニラジェラート添え
b0118001_740586.jpg
ピュアな甘味と爽やかな酸味。
最後はホットティーで〆となりました☆


b0118001_7401495.jpg
この日頂いたワイン。



b0118001_741429.jpg
藤井シェフと総支配人☆
地元で独立オープンされた藤井シェフは30歳前半。
まさに、これからが楽しみな新進気鋭のシェフだ。
彼の修業地であるエミリア=ロマーニャ州の食カルチャーの話を楽しみながら
滋味豊かなお料理の数々を楽しませて頂きました。
ご馳走様でした☆


「Bottega DAI 〜ボッテガ ダイ〜 」
兵庫県川西市中央町7-14
☎072-756-2588
open : 17:00〜23:00(ランチはコースでのご予約のみ)
close: 月曜
前菜500円〜、手打ちパスタ1300円〜。コース6000円〜。


NICK LOWE - CRUEL TO BE KIND

by writer-kaorin | 2014-01-22 07:46 | Bottega DAI | Comments(0)