カテゴリ:祇園 楽味( 2 )

 

祇園 楽味

お誕生日のプレ祝いということで
遅がけに「祇園 楽味」さんで合流。
Tさん、Gさん、Kさんありがとうございます☆
Yちゃんおめでと♬


*佐賀のホワイトアスパラガス 黄身酢
 ホタルイカ、筍、うるい、飯蛸、紅芯大根 ふきのとうのソース
b0118001_11592277.jpg
どの素材も、イキイキ、素材感が強く、
ソースのほろ苦さ、黄身酢のコク、それらがピタリと合っている。



*河豚の白子、岩海苔あん、ウニ
b0118001_1204218.jpg
この中に、ぷっくりと肥えた白子が入る。そのクリーミーさと
岩海苔の薫り、ウニのキレイな甘みが口中を占拠。


b0118001_1211824.jpg
ネタ箱を目の前に。
お造り、何にしようか悩む悩む。



*マグロ
b0118001_122030.jpg
味が濃く、程よく脂がのっていて美味。



*くじらベーコン
b0118001_1221712.jpg
プルッ、シャクッとした食感が面白い。


b0118001_1232323.jpg
お次は、熾った備長炭の上で・・・


*鯛 炙り
b0118001_1224794.jpg
炙りは皮目のみ。その香ばしさに続き、身の甘みがじんわりと。



*マグロ 炙り
b0118001_1231928.jpg
生も美味だが、炙ることで
脂の甘みやマグロ本来の香りが、より鮮明に浮かび上がる。


b0118001_123454.jpg
ほうれん草の胡麻和え。いちいち旨い。



*脱皮直前のカニ 甘酢ジュレ
b0118001_1235721.jpg
兵庫・浜坂産。身の甘みが濃いわ。



再度、ネタ箱がズラリと並べられます。
b0118001_1241254.jpg


b0118001_1242445.jpg


b0118001_1243558.jpg
食いしん坊メンバーだけに、オーダーする品数、豪快!(笑)



*もろこ
b0118001_1255650.jpg
卵たっぷり。ホクホク、すこぶる甘い。


*大うなぎ
b0118001_126587.jpg
もろこと同様、こちらも琵琶湖から。
塩とタレの2種。どちらも圧倒的なおいしさ。
お口直しの、京芋のポテトサラダが、これまた旨かった。


*のどぐろ
b0118001_1261843.jpg
大ぶりサイズ。ギラリと光る脂にまみれる。日本酒ススムススム。


b0118001_1263428.jpg
日本酒から白へ切り替え、
空豆とヤングコーンの炭火焼きに続き


*かにコロッケ
b0118001_1264885.jpg


b0118001_1265922.jpg
かに「クリーム」コロッケではなく、中身はカニ身で埋め尽くされてる。
みんな、子どものように盛り上がる(笑)
そのおいしさは、言わずもがな。


*熟成肉(ウチモモ)
b0118001_1271457.jpg
麹と甘酒を塗り、寝かせているらしい。
噛みしめると、優しい甘みと深いコクとが押し寄せる。


そして締め。
b0118001_1272617.jpg
私は鯖ずしハーフを。
お隣では、梅と鮭のよくばり茶漬け(写真)。
お粥に削った唐墨どっさり、とか
富山の氷見うどん…etc。



好きな食材をネタ箱から選び、
お好きな調理法で、というスタイルは、ホントに愉しいわぁ。
この日もようさん頂きました。
ご馳走様でした!


「祇園 楽味」
京都市東山区祇園南側570-206
☎075-531-3733
open : 17:30〜22:30LO
close: 日曜、第2月曜
おきまり5250円、以降は単品を注文して(飲んで)1人1万5000円(税抜)が目安。


The Yardbirds - Heart Full Of Soul

by writer-kaorin | 2014-03-21 07:58 | 祇園 楽味 | Comments(3)  

祇園 楽味 @祇園さヽ木の兄弟店

b0118001_12243346.jpg
ある日の休日、ようやくおじゃますることができました。
「祇園 楽味」さん。

店主の木田康夫さんは、「祇園 さゝ木」の佐々木浩さんが
「先斗町 ふじ田」で修業されていた頃から、ついこの間まで、
大将の右腕として活躍されてきたお方だ。

2013年11月開店。


b0118001_12245577.jpg
ビールで喉を潤す。

おきまり、と呼ばれる最初のおまかせ4品・5000円(税別)を
まずは頂き・・・。
その後、カウンターにズラリ並べられたネタ箱のなかの素材を
あれこれ、やりとりしながら単品注文をするスタイル。


この日のおきまり、1品目は

*春野菜、ホワイトアスパラ、すだれ貝、タイラギ貝
 ヘシコと蕗の薹のソース、黄味酢、スダチ風味のジュレ
b0118001_12251153.jpg
春野菜の甘みや苦味、瑞々しさ…ほかその息吹を堪能。
2種の貝は、異なる食感が楽しく、
蕗の薹のほろ苦さと鯖ヘシコの風味の見事な融合をまったりと感じつつ
後味にジュレの爽やかさが広がる。


b0118001_12253410.jpg
即、日本酒の口に。
会津産 亀の尾 特別純米 火入
キリリとシャープ。しっかり米の旨みも。


*揚げたて海老芋、松葉ガニのあん
b0118001_12254860.jpg
ハフハフ頬張ると、海老芋の粘りと緻密な身質が顔をのぞかせる。
そしてかにあんの深い旨味が押し寄せる。



*対馬の鯖、クジラ頬肉
b0118001_1226187.jpg
ハリがあり、脂ののりがよい鯖。
クジラは噛みしめるほどに溢れ出る旨みが印象的。


続いて、カウンター上にネタ箱がズラリと。

待ってました!

b0118001_12261372.jpg


b0118001_12262674.jpg
ハタハタやフグ、ノドグロをはじめとする生魚や、自家製の干し物。
さらには、唐墨や雲子ほか珍味ばかりが入ったネタ箱ほか、熟成肉のお姿も。


b0118001_1226354.jpg
品書きもあるのだが、
「今日の琵琶湖の鰻はほんまに大きいですわ。白焼きとタレ、両方お出ししましょうか」
などなど、目の前にズラリ並べられた食材の説明を聞きながら、
「ほな大鰻を!ワカサギは天ぷらでお願いします」なんて
やりとりしながらメニューを決めていくのが、じつに楽しいデス。


おきまり4品目は、各種魚介の炙り。

b0118001_1226489.jpg
木田さん、熾った備長炭の上にタコをのせ

b0118001_1227252.jpg
ジュワッと音をたて、ものの数秒で皿の上へ


*岡山 下津井のタコ 炙り
b0118001_1227163.jpg
久々に食べた下津井のタコは、しっかりと味がのってる。



*マツブ貝 炙り
b0118001_12282891.jpg
こちらは歯応え独特で、甘みが強い。



*ホッキ貝
b0118001_1228165.jpg
フロム網走。肉厚でやわらかく、まったりとした甘み。
この後、キス昆布〆の炙りも供された。



*マグロのお椀
b0118001_1228164.jpg
奄美大島のマグロも、備長炭の上にのせ、
レア状態のものを瞬時に、お椀へ。そこに昆布だしが注がれた。
マグロの風味と昆布の旨みが見事に融合。こりゃ鰹節は不要だわ。



*惣誉 特別純米 辛口
b0118001_12283138.jpg
辛口ながらも飲むほどに奥行きのある味わい。
ほうれん草の胡麻よごしと共に、チビリチビリと。



ネタ箱から悩みに悩んだあげく、選んだ一品は

*余呉湖のワカサギ 天ぷら
b0118001_12284295.jpg
デカい。子でパンパン。
岩塩と、山椒塩で頂きます。


*揚げと菜っ葉の炊いたん
b0118001_1229385.jpg
この揚げ、旨いわ。だしの旨みも上等。



*琵琶湖 大鰻、白焼き タレ焼き
b0118001_123014.jpg
ごっつい肉厚。炭火で焼き上げられたそれは
皮目パリリと香ばしく、歯ごたえ凄い。


b0118001_12291963.jpg
東洋美人 原点 奇跡の新酒
深いエピソードを持つお酒だ。
笹ガレイの焼き物とともに、しみじみ、味わう。



*唐墨
b0118001_12295749.jpg
一升空けたくなるほどの(笑)このボリューム・・・!
お隣では炊きたてご飯とともに贅沢な定食状態。
私は東洋美人を飲りつつ、至福時間。


自家製の熟成肉も頂きたいところだったが、
タイムアップのため、次のお楽しみということで。

おきまりをはじめ、ネタ箱を覗き込みつつ主とやりとりするなかで
メニューを決めていくそのスタイル、すごく楽しい。
さらには、食材にかける情熱と、木田さんの技に魅了されたひとときでした。
ご馳走様でした。


「祇園 楽味」
京都市東山区祇園南側570-206
☎075-531-3733
open : 17:30〜22:30LO
close: 日曜、第2月曜
おきまり5250円、以降は単品を注文して(飲んで)1人1万5750円が目安。


Jeff Beck - People Get Ready

by writer-kaorin | 2014-02-22 12:33 | 祇園 楽味 | Comments(0)